スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【安田記念】オススメ穴馬

今週末は安田記念ですね。
ウオッカ、ディープスカイの2頭が人気を分け合うかたちになるかと思いますが
もちろん、中穴党のしーざりこさんが注目するのは別の馬ですw

今日はタマモサポートを取り上げます。
以下の表をご覧ください、マイル戦の全成績です。

レース名 競馬場 人気 着差 斤量 走破時計 位置取り 前後3F 前後4F 馬場
2
0
0
8
東京新聞杯 東京 12 +0.0 56kg 1:32.8 4-3 35.0-35.1 46.5-46.3
東風S 中山 +1.0 56kg 1:34.6 4-2-2 35.3-35.0 46.8-46.8
関屋記念 新潟 +0.4 56kg 1:33.2 1-1 36.0-32.9 48.3-44.5
ポートアイランドS 阪神 12 +1.3 56kg 1:36.0 10-11 36.5-34.1 48.7-46.0 やや重
キャピタルS 東京 -0.4 56kg 1:33.0 4-5 33.8-35.1 45.6-47.4
2
0
0
9
京都金杯 京都 -0.3 57kg 1:32.9 3-3 34.5-35.0 46.3-46.6
東京新聞杯 東京 +0.8 57kg 1:37.7 5-4 35.0-37.5 47.2-49.7 不良
マイラーズC 阪神 +0.6 57kg 1:34.5 1-2 36.2-33.7 48.3-45.6
都大路S 京都 +0.8 58kg 1:33.8 11-8 35.0-34.8 46.8-46.2

特徴として
1.早い時計勝負に強い
2.前傾ラップを先行で押し切れる
3.軽い馬場が得意



1について。
見てわかるように1分32秒後半から33秒前半で決着したレースで上位に食い込んでいます。
しかも、いずれも先行して粘るかたち。後方から進めた前走・都大路ステークスは度外視でいいと思います。


次に、2について。
勝ったキャピタルS、京都金杯はいずれも前傾のレースになりました。
一般的に、前傾ラップ=差し馬有利、とされますが
この馬には当てはまりません。前述したように、前傾ラップを先行して粘りこめる馬です。


最後に、3について
簡単にまとめると、「軽い馬場」と言われるのが、新潟・東京・京都
「重い馬場」と言われるのが、中山・阪神です。
そのくくりで見ると、軽い馬場では2-0-2-2となります。
ただし、着外の2回は不良馬場の東京新聞杯と後方から進めた都大路ステークス。
軽い馬場でパンパンの良馬場ならば、好走確率は高まります。

もちろん、過去の成績ではこのくくりに捉われないかたちで結果もだしています。
ただ、古馬の一線級と戦うようになってからは、この馬はマイルでしか結果を出していません。


まとめます。軽い馬場で、先行し、前傾ラップで早い時計で決着するようなレースでは
タマモサポートの信頼度は一気に増します。
これは安田記念に限らず、今後覚えておいていいかもしれないですね。



気になる過去の安田記念の傾向は以下のとおりです。

勝ち時計 前後3F 前後4F 馬場
99 1:33.3 35.2-35.4 46.5-46.8
00 1:33.9 34.9-35.3 46.8-47.1
01 1:33.0 34.5-35.9 45.8-47.2
02 1:33.3 34.4-35.7 45.9-47.4
03 1:32.1 34.5-34.4 46.0-46.1
04 1:32.6 33.7-35.1 45.6-47.0 やや重
05 1:32.3 33.9-34.9 45.6-46.7
06 1:32.6 34.8-34.5 46.4-46.2
07 1:32.3 34.1-34.8 45.9-46.4
08 1:32.7 34.6-34.8 46.2-46.5



今年も良馬場でやれると思いますが、先週の開催でだいぶ傷んだと思うので・・・。
もし、あの雨がなければ、自信を持ってタマモサポートを推せたんですけどねぇ苦笑
レースの性質的に、激走があってもおかしくないと思います。東京マイルでも好走ありますしね。
外差し馬場にシフトしつつあるので、ここもまた難しいところですが・・・。
ということで、タマモサポートでした。

スポンサーサイト
[ 2009/06/03 20:27 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL