スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【競馬】朝日杯フューチュリティステークスの展望

こちらもご参照ください
【競馬】朝日杯フューチュリティステークスの予習
【競馬】朝日杯フューチュリティステークスの予習 その2




枠順決まりまして、2週続けて想定と正反対の流れになっているので
今週はうまいことハマってほしいところです・・・w

ネオウィズダム、エーシントップあたりはハナでも競馬ができますが
他にも先行したい馬が何頭かいます。
ネオウィズダムは「ハミをかんで行きたがるところがある」とのコメント。
エーシントップは初めてのマイルですし積極的にハナを主張するでしょうか?
2頭ともテンの3Fはそれほど速くありません。

それと、きっちり折り合って、というよりもグイグイいきたがる面があるので
距離延長がプラスかどうか。これは流れ次第にもなります。
なんとか抑えて折り合いをつかせることになるんじゃないでしょうか。

一方、速いテンを経験しているのは、やはり1200重賞組。
クラウンレガーロやマイネルエテルネルになります。
ただ、前者は好位からの競馬を示唆しています。

テイエムイナズマはテンが非常に遅いです。
陣営からも「出負けするかもしれないが、その後は馬の行く気に任せて」
とのコメントですので、この馬が押して押してハナへ、とは考えにくいです。

そして、やや懸念(?)するのは、この馬のここ2戦の競馬。
いずれも中盤に脚を溜めずに馬が動いてしまっています。
内を引いたので影響力は少ないかもしれませんが
この馬が中盤に動いてレースを動かすようになると
ちょっと流れが読みづらくなります。


以上のことから考えるとこんな感じのパターンは想定できます。

1.内を引いたネオウィズダムが主張してエーシントップは内の様子を見ながら番手
2.先週、中途半端な競馬で悔しい想いをした浜中ジョッキーがここは堂々とハナへ
3.速いテンがあり、大外枠を嫌ったマイネルエテルネルの
3.柴田大ジョッキーが強引にでもハナを主張


いずれにせよ、前にいく馬はやや行きたがるタイプが多いので
テンはやや速く、なんとか中盤で折り合いをつけて脚を溜め、ラストの上がり勝負へ
となると、ここ数年の「バランスパターン」に該当でしょうか。


この「バランスパターン」は速い上がりを持つ馬が有利。
となると、やはりコディーノは好走が期待できそう。
3勝したそれぞれのラスト4ハロン推移は
12.7-11.9-11.3-11.1
12.6-12.0-11.6-11.3
13.1-12.2-10.9-11.4
こんなレースを先行・好位からされたら、後ろの馬は厳しいです。
マイルの流れに対応できれば大丈夫でしょう。

このコースですし、内でじっと脚を溜めて直線でスパートするタイプにも一応注意。
ザラストロを狙おうと思いましたが、どうも器用なタイプではなさそうで
スッと動けるタイプではないかもしれないです。
ノウレッジもちょっと加速に時間がかかりそう。それと大外が・・・。
新潟2歳S組を狙ってたんですが、ちょっと厳しいかな?


予想エントリは例によって、明日の昼あたりに更新します。
スポンサーサイト
[ 2012/12/15 22:00 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL