スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【レース回顧】2週続けて難しい流れ

展望エントリはこちら
【競馬】阪神ジュベナイルフィリーズの簡単な展望
【競馬】阪神ジュベナイルフィリーズの簡単な展望 その2
【競馬】阪神ジュベナイルフィリーズの簡単な展望 その3

予想エントリはこちら
【日曜競馬予想】阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ ◎コレクターアイテム



今回の予想で重視したのは「2歳冬時点での総合力の高さ」「上がりの脚」
例年通り、スローペースの上がり勝負を想定したものでした。しかし結果は・・・

1着△ローブティサージュ
2着**クロフネサプライズ
3着**レッドセシリア
4着◎コレクターアイテム


となりました。


まず誤算となったのは「ペースの読み間違い」ですね。
(あれ、これ先週も言ったような・・・)
積極的にハナを主張する馬はいないが、前で競馬したい馬は複数いる状況。
何かが押し出されるか、思い切ってハナに行って、流れは落ち着くと見ていましたが
結果的にはテン3F34.1、前半4F45.9というハイペース。

こうなってしまうと、予想の前提が大崩壊してしまっているわけで・・・。
それでもコレクターアイテムは差し込んでくると思ったんですがねぇ。
敗因はペースと馬群にありそうです。


あのペースで前に行った馬が3~4コーナーからずっと横に広がっており
直線向く頃には脚のない馬もいたりして、馬群が凝縮。
その結果、直線入り口で大渋滞が起きています。

後続が追い上げるには外をまわすしかなく、加速に時間がかかりました。
ただでさえ、このペースなら前は垂れるだろう、って意識があるでしょうし
内があれだけ密集すると思うようには動けませんよね。

そして最悪なのは、外を回そうとした馬でも渋滞が発生。
複数の馬に接触や不利があり、なかなかスピードに乗ることができません。

2着のクロフネサプライズは抜群の手応えを持ったまま。
逃げたタガノミューチャンが垂れてくるまで追い出しを我慢して、という競馬。
後続もなかなか追い上げてこないので、余裕がありました。
まるで先週のJCDとニホンピロアワーズの競馬です。

このレースでもまた、直線向くまでに中途半端に動いた馬は伸び悩み
直線、内で我慢して脚を爆発させた馬が、結果的には上位に来ました。
ローブティサージュやレッドセシリアは直線までほとんど追ってないですし。


◎コレクターアイテムは難しい競馬になってしまいました。
最後までしっかり伸びてきてはいますが、やはり直線向くまでが厳しかった。

○サンブルエミューズは上手く溜めが作れなかったかもしれません。
懸念していた馬混みでの競馬も、結果的には
100%のパフォーマンスを発揮する環境では無かった。
もし極端な競馬しか出来ないとなると、ちょっと買いづらくなってしまいますね。

他に注目したいのは5着の×カラフルブラッサム
マイルではやや短いと思っていたので、もう少し長い距離ならどうでしょう。
長く脚を使うレースになれば面白いと思います。
(ただ、なかなかそういうレースは3歳戦では見られないので・・・w)

勝った△ローブティサージュは加速ラップで勝った経験もありましたし
直線長いコースでは引き続き注目です。
こういった渋太く伸びる脚が求められると、強さを発揮するのではないでしょうか。

クロフネサプライズは全く考えていなかったです。
距離が伸びてどうかと思っていたのと、前にいく馬は軽視だったので・・・。
ただ、りんどう賞の映像を見た感じだと
テン35.4で逃げてラスト3Fが11.8-11.1-11.6という加速。
これが今回のラスト3F12.2-11.5-12.7で活きたのかもしれません。
結果的に、ギリギリまで追い出しを我慢して、弾ける競馬が合っていたのでしょうか。

レッドセシリアも過去に似たような戦績で阪神JF3着のミクロコスモスと比べると
数字が劣っていたので・・・だったら他の差し馬が来るやろー、となってしまいました。


先週に続き、展開が正反対になるってのは厳しいですねぇ・・・。
単勝1万円他がどこかへ飛んでいきました(笑)
スポンサーサイト
[ 2012/12/10 21:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL