スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【競馬】阪神ジュベナイルフィリーズの簡単な展望 その2

こちらもご参照ください
【競馬】阪神ジュベナイルフィリーズの簡単な展望


さて、前回の展望では「総合力の高さ」を重視ということでした。
性質の異なるレースで安定して結果を出していることが
2歳冬の時点では、絶対的な能力の違いに対抗できる手段であると考えます。
言い換えれば「完成度の違い」にもつながりますね。

また、外回りで行われるようになってから、このレースで最も求められるのが
急坂に屈しない確実な末脚ではないでしょうか
その点にも注意が必要ですね。


今年の出走馬で人気馬を中心に当てはめてみたいと思います。

コレクターアイテム
新馬 阪神芝1600 (50.5-46.7) 1着 上がり33.4
デイリー杯 京都芝1600外 (47.6-46.8) 4着 上がり33.2
アルテミスS 東京芝1600 (46.6-47.2) 1着 上がり33.9

後傾のデイリー杯、前傾のアルテミスS共に上がり33秒台の末脚で好走しています。
中盤が緩んだ流れで速い脚を使えても、ペースが上がって弾けない馬もいますが
この馬の場合は問題ないでしょう。

前残りの流れだったデイリー杯では後方から追い上げ
牡馬に混じりながらも上がり1位の33.2で、2位は33.8ですから際立っています。


サウンドリアーナ
新馬中京芝1400(36.2-35.4)1着上がり34.7
新潟2歳S新潟芝1600(46.9-46.6)3着上がり34.2
デイリー杯京都芝1600外(47.6-46.8)7着上がり33.9
ファンタジーS京都芝1400外(34.7-34.9)1着上がり34.5

新潟2歳Sでは他馬がヘバる中、前にいった馬では最先着の3着。
また、ファンタジーSでは12.7-10.9-11.1-11.2と息の入らない流れを2番手追走し
垂れてくる逃げ馬を交わして直線で抜け出すだけの競馬。

上がりの脚の鋭さより、前へいっての渋太さで勝負するタイプに思えます。
デイリー杯は差しに構えて、上がり33.9は3位の数字ですが
コレクターアイテムにあっさり交わされています。
そのコレクターアイテムが出走する以上、この馬は前目で粘りこむ競馬でしょう。
ただし、今日の阪神芝はややラスト1Fを要す状態。
前にいった馬が粘りこむにはややビハインドとなります。


サンブルエミューズ
新馬福島芝1200(35.1-36.5)4着上がり36.8
未勝利新潟芝1400(33.8-35.5)1着上がり35.5
芙蓉S中山芝1600(47.6-46.9)1着上がり33.9

新馬は度外視して、未勝利と芙蓉Sの内容に注目してください。
未勝利は12.3-10.5-11.0と決して楽ではないテンで逃げ、12.0-12.1で溜めを作り
ラスト2Fは11.6-11.8で突き放す競馬。
残り100mで後ろを見る余裕があり、追っていません。
直線だけで後続を着差の5馬身以上に突き放した計算になります。

また、芙蓉Sでは一転して最後方からの競馬になりました。
12.8-11.3-11.8-11.7-12.3-12.0-11.4-11.2 というレースでしたが
ラップが緩んだラスト4F辺りからマクり気味に進出し
中山の急坂をもろともせずラストのラップが11.4→11.2の加速。

極端なスタイルでの2勝ですので、型にハマらなかった時の脆さはありますが
「テンの速いレースで逃げ切る」「前が止まらない展開で後方から差しきる」
というビハインドを克服しての2勝です。
「完成度の高さ」はこの馬が上かもしれません。


アユサン
新馬東京芝1400(37.3-34.2)1着上がり33.6
アルテミスS東京芝1600(46.6-47.2)2着上がり33.5

新馬は極端なスローを最後まで追い出しを我慢し
ラスト300辺りでスパートする競馬。かなり余裕のある勝ち方でした。
一方、レコードの流れになったアルテミスSでは最後方から直線一気の競馬。
急加速する能力には非常に長けている一方
良い脚を使える距離はそこまで長くないかもしれません。
アルテミスSでは最後やや脚が上がったように見えます。
追い出しをどこまで我慢できるかがカギでしょうから
直線で馬群が固まるようだと外から抜け出せるかもしれません。


文中でも触れましたが、今日の阪神芝はややラスト1Fを要す馬場でした。
元々、差し馬が多く好走するレースですので
前目で競馬をしたい馬にはネックになります。
また、京都開催ではとにかく前に行った者勝ちといった馬場も見られました。
そのような馬場で好走した馬は阪神コースに替わると
前走のように楽にはいかないのではないでしょうか。


予想は明日の午後にでも更新したいと思います。
スポンサーサイト
[ 2012/12/08 21:00 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL