スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【レース回顧】流れの読み間違い、即ちハズレ

展望エントリはこちら
 【日曜競馬】阪神11R ジャパンカップダートの展望

予想エントリはこちら
 【日曜競馬予想】阪神11R ジャパンカップダート ◎ワンダーアキュート


さて、今回の予想の軸は「タフなレースへの適性」「早めの動き出し」
だったわけですが、結果はというと・・・

1着**ニホンピロアワーズ
2着◎ワンダーアキュート
3着**ホッコータルマエ
4着○ローマンレジェンド


となりました。


まず、今回の誤算の1つめはハナに立つ馬を間違えたことです。
トランセンドのテンの遅さは百も承知でしたが
それでも強引にいくだろうと考えていました。
中盤はゆったり流れ、3~4コーナーから後ろがプレッシャーをかけにいく
というのが想定した中でベストの流れ。

しかし、ハナを奪ったのはエスポワールシチー。
人気を背負っている上であえて目標になりにいくか、トランセンドをマークするか・・・
と考えたとき、後者で予想してしまいました。
マイル戦を逃げ切ったエスポのほうが楽にテンにいけますし
ここは冷静に考えなきゃいけなかったですね。


さらに、2つめの誤算に逃げ馬が予想以上のペースで進めたことが挙げられます。

2番人気のエスポワールシチーが1000m 59.8で逃げたので後続は動くに動けず
特に展開を作る可能性に注目していたシビルウォーは全くついていけず。
それに加えてラスト4Fのラップは12.6-12.6-11.6-12.2
3~4コーナーで前との差を詰められず
ラスト400で12.6→11.6と加速されたら後ろの馬は苦しいです。
結果的には3~4コーナーで中途半端に動いていった馬は伸びあぐね
内で我慢していた先行馬が上位に。

逃げ馬は勝手に垂れてくる。
12.6-12.6と溜めが作れた上に、後続がなかなか追い上げてこない。
ラスト400で11.6-12.2と加速する流れ。
まさに先行勢にとっては願ってもない展開だったでしょう。


◎ワンダーアキュートはまたしても2着。
馬体重+21kgではありますが、順調だったとしてもこの流れで勝てていたでしょうか。
今回も上手く乗っていると思いますが・・・。

○ローマンレジェンドはもう少し前めで流れに乗れていれば面白かったと思います。
後続グループの中では1番強い競馬をしていると思うので、引き続き注目です。
古馬ダートG1初挑戦で勝つ馬はなかなかいませんし。

▲トランセンドはいけなきゃ意味がないので、これはもう仕方がないです。
長いところがベストとも思えないので
中距離でテンにいけなくなると・・・ちょっと厳しいような。

△エスポワールシチーはマイルで軽快に逃げた前走もあって
出していったら勢いがついてしまった、といったところでしょうか。
逃げて圧勝の09年、2番手から3着の11年に比べ、今年の1000m通過は1秒近く早く
10年のトランセンドがやや重で60.0ですから、結果的に59.8は早すぎです。
逃げるアイディアは大アリですが・・・。

△シビルウォーはこの流れでは動けませんでした。

ニホンピロアワーズ、ホッコータルマエ共に
G1では一押し足りないだろうと読んでいましたが
この流れでかなり恩恵を受けた感じもあります。
ただ、2頭とも今後のダート重賞を賑わす存在であることは間違いありません。


今回は展開の読みがズレた上、「早めの動き出し」とは正反対の
ラスト4F推移12.6→12.6→11.6→12.2という流れになっては
予想は当たりません(_ _|||)
ただ、阪神ダート1800のG1でこのようなラストの流れは特異ともいえ
その時点でちょっと難しかったですね。


酒井学騎手 初G1制覇おめでとう!というレースにもなりました。
スポンサーサイト
[ 2012/12/03 22:00 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL