スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【日曜競馬予想】阪神11R ジャパンカップダート ◎ワンダーアキュート

◎ワンダーアキュート
○ローマンレジェンド
▲トランセンド
△エスポワールシチー
△シビルウォー
×ナムラタイタン


予想の前提は「タフなレースへの適性」「早めの動き出し」です。

展望はこちら
【日曜競馬】阪神11R ジャパンカップダートの展望

展望のエントリで触れましたが
今回のJCDは早めの動き出しを想定しています。
そのキーとなる第一候補はシビルウォー@内田
やや不利な1800の距離ですが、3~4コーナーから動いていける阪神コースであり
岩田・内田に乗り替わって以降は、積極的に動く競馬で好成績を残しています。

今回は前めのポジションを取りにいくとのことですが
それが成功したとしても、失敗したとしても
この馬が勝負になるには、早めに動いていくしかないですし・・・。

また、ハナに立つトランセンドと番手に嵌るであろうエスポワールシチーを
直線まで楽にいかせてはいけないということは、去年のレースを見ての通り。
今年は前で競馬をしたい有力馬が増えましたし
シビルウォーのように動いていく(であろう)馬もいます。
レース後半、先団へのマークは厳しくなると想定しています。



そういった関係もあって、今回は
4ハロンのロングスパート+ラスト1ハロンの急坂でラップが落ちる展開
でもしっかり脚を使える馬を重視。

トランセンド、エスポワールシチーをマークできる立場となると
ローマンレジェンドワンダーアキュートかなと思うわけです。
そこで◎ワンダーアキュート ○ローマンレジェンドとしたのは
実績の違いといいますか、いきなりローマンレジェンドが
一線級相手にアタマまでくるかなと。

たしかにエスポワールシチーに先着し、ダートでは6連勝中ですが
当時は「重賞初挑戦の56kg」 vs 「秋のG1への叩きとして走る59kg」でクビ差ですから
これを以って能力関係を決め付けてしまうのは、ちょっと危ない気はします。


一方、ワンダーアキュートは既に古馬G1戦線で結果を出している馬で
去年のJCDで1番強い競馬をしたのはこの馬だと考えています。
トランセンドやエスポワールシチーが全く歯が立たなかったスマートファルコンを
後の東京大賞典でハナ差に追い詰めたのも納得。


とりあえずは今回のレースをローマンレジェンドの試金石とするとして
予想の段階ではワンダーアキュートを上位にとることにしました。
(これが人気が逆なら、未知の能力に期待してローマン上位ですが・・・)



また、▲トランセンド △エスポワールシチーとしました。

たしかにエスポワールシチーの今年の戦績は充実していますが
この2頭の直接対決はトランセンドの2勝1分
トランセンドはJBCクラシックの内容で評価を落としているかもしれませんが
休み明けでダート2100というのは、この馬のベストの競馬ではありません。
今回は叩き2戦目で得意のダート1800に戻ります。

やはり展開面ではこの2頭はやや不利になりますので、ここまでの評価。
ただ、トランセンドの粘り腰には要注意と思いますので、こちらを上位に。



この展開だと、たとえばメイショウトウコンのような馬がいてほしいのですが
今年はどうでしょう・・・ちょっと物足りないかなぁと思います。


ハタノヴァンクールはマクる競馬もできますが
あれは中盤にスローに落ちた展開をマクっているので
クラスが上がっても動けるかどうか、という問題があります。
前走で動けなければ、今回も動けないんじゃないでしょうか。
上がりの脚ももう一押し、ってとこ。


10年みたいに澱みなく流れればマイルで強い馬が突っ込んできますが
そこまで流れるかなぁ、という気も。

イジゲンはスピードタイプに見えるので、フェブラリーSでお待ちしております。
万が一タフな流れでこの馬が勝ったとしたら
全盛期のエスポワールシチーやトランセンドなどの
強豪馬と同程度の評価をして良いと考えます。


穴で×ナムラタイタンを選んだのは
マーチSトップハンデの58kgで0.4秒差があったりして
歳を重ねた今だと案外、この条件が合ったりしないかと。紛れて3着とか。



買い目は◎1着固定を中心に、◎と○▲の組み合わせで三連系ですかね。
考え中です。
スポンサーサイト
[ 2012/12/02 13:30 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL