スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 東京11R 安田記念◎ローズキングダム

安田記念
◎ローズキングダム
△ガルボ
△グランプリボス
△ストロングリターン
△コスモセンサー
△エイシンアポロン



あんまり買う気ないので、遊び程度に・・・。
ローズキングダムをG1で本命にするなんて
最初で最後ですよ、きっとw


今回はかなり消極的な選択です。


今年の安田記念も混戦。
ここ数年のマイル路線はかなり混沌としています。
というのも、スプリントで強い馬、中距離で強い馬があまりマイルに転戦してこなくなり
芝マイル重賞は同じようなメンバーでタイトルを持ちまわる、というような状況。
それでいて、G1ではそのマイル重賞常連メンバーが他路線の馬にあっさり先着されてしまいます。

例えば去年の例を出すとマイルCS勝ち馬のエイシンアポロンは中距離路線からのマイル転戦2戦目。
安田記念は3歳馬のリアルインパクトが1着、昇級2戦目のストロングリターンが2着。
他に遡っても、マイル重賞常連組の不甲斐なさは目立ちます。


今回も大まかに言えば、マイル重賞常連組(ガルボ、スマイルジャック、コスモセンサー、シルポートのような馬)と
4歳馬(グランプリボス、サダムパテック、リアルインパクトなど)と
完全な別路線組(ローズキングダム、ペルーサ)と
トップクラスの牝馬(アパパネ、マルセリーナ、ドナウブルー)と
海外組(ラッキーナイン、グロリアスデイズ)という構図。

去年凡走のシルポート、コスモセンサーがその後もマイル重賞で結果を出しているのを見ると
既存勢力のレベルにはちょっと疑問。
まして、去年の安田記念上位馬(というか全体的にもそうですが)が
その後、人気の割りに凡走続きなのも気になります。


ということで、既存勢力以外で白羽の矢を立てたのはローズキングダム
これまでの個人的なローズキングダム評は「スローの上がり勝負だけ買う」
基本的にはG1で用無しのG2大将です。古馬中長距離の王道路線では一銭も要らん存在です。

そもそもこの馬は中長距離を走るような馬なんでしょうか?
たしかにダービー2着や菊花賞2着、JC勝利などの実績はありますが
これらはいずれも3歳時の成績。同世代同士の争いとなるクラシックは
多少の距離適性のズレは実力でカバーできますよね。
JCも55kgで出走でき、上がりの脚が求められるようなレースになりました。

古馬になってからの成績はご存知の通り。
スローの上がり勝負なら好走するもG1では全く勝負にならず。
使われた距離はずっと2000m以上。平均して2470mです。

果たしてこれはローズキングダムにとっての適距離なのか。
ペースが緩ければ距離のごまかしは効きますが、古馬トップクラスとの闘いでは
簡単にはいかず、能力をフルに発揮できる可能性は低くなります。


「ローズキングダムはマイラーで、これまでは能力の高さで距離をカバーしていた」
という仮定の視点に立つと、今回の安田記念挑戦は願っても無い条件でしょう。
スローの上がり勝負で強いということは、脚を爆発させるスピード能力は高いということ。

近年のダービー・オークス好走馬が東京芝マイルでも好走するという傾向もあります。
以上のことから結局、最も魅力を感じたのがこの馬だったので、本命にします。


1番の問題は、もうこれ毎週のように挙げてる気もしますが、鞍上ですよ。
この枠だからってすぐ後方に控えたらおしまいです。
(大体こういうこと言うと、その通り忠実に再現してくれるんですよね!本当に!!)
この馬では後方待機にこだわってきた武豊が好位をキープしてくれるかどうか。
いい脚持ってるんだから、直線では勝負になるポジションにいてほしいものです。

たぶんシルポートはバカ逃げせず、抑え気味に先頭に立ってじわじわ差を広げると思うんですよね。
同厩のコスモセンサーが番手にいるし、たぶん競らないでしょう。
他の馬が競るとシルポートがかかっちゃうんで、結局共倒れの可能性が。
後方の馬が差しきれない流れになりそうな気がしてます。


4歳勢でサダムパテックとリアルインパクトを消して、グランプリボスを拾ったのは調教から。
サダムパテックはこれまで一週前も最終もビシッと追って仕上げてくるのがパターン。
ところが、時計の出る状態だった一週前の坂路で一杯に追われて53.7は物足りない数字。
直前は馬なりで仕上げる結果になりました。この調教パターンの変化は気になります。

リアルインパクトの堀厩舎は最終追いきりは単走が理想の厩舎。
前走・今回ともに中間に併せ馬をビッシリやっていて、本調子ではないのかな?という印象。
ちなみに、この馬の最終追いきりを単走と併せ馬に分けるとサンプルは少ないけどこうなります。
単走:1-3-2-2
併せ:1-0-0-2

一方のグランプリボスは坂路で50.4を叩き出して、自己ベストを更新。
内枠だし一応押さえました。一応、同じ舞台のG1勝ってますしね・・・。


馬券は◎の複勝と馬連・ワイドを△へ。少額ね、少額・・・。
スポンサーサイト
[ 2012/06/03 13:30 ] 競馬予想 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【日曜競馬予想 東京11R 安田記念◎ローズキングダム】
安田記念◎ローズキングダム△ガルボ△グランプリボス△ストロングリターン△コスモセンサー△エイシンアポロンあんまり買う気ないので、遊び程度に・・・。ローズキングダムをG1で本命にするなんて最初で最後ですよ、きっとw↓
[2012/06/07 10:58] まとめwoネタ速neo