スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【競馬】須貝厩舎の調教攻略・続報

「最終追い切り前日の火曜日にも栗東坂路で時計を出している須貝厩舎所属馬を芝で狙う」

上記のエントリを公開して一ヶ月くらい経ったので、データ更新します。



先週までの開催を含め、該当馬は
8-5-2-17 勝率25.0% 連対率40.6% 複勝率46.9%
単回収146/複回収97

と、前回の更新時よりやや数字を落としています。


しかし、この手法を用いるようになって感じるのは
穴狙いの予想法ではない、ということ。
既に同級実績がある馬に、この調教パターンを用いて、必勝体勢で臨む
というスタンスのように見えるので、それに合わせて予想しないとダメですね。
さすがにこの調教パターンだけで、G1で激走とかは難しいようで。
下級条件のほうが断然良いです。

それと、これは栗東坂路で多く調教しているから、という理由もありますが
適距離は短距離~中距離のように思います。
対象馬の成績を見ても、マイル以下は非常に安定していますが
1800ではちょっと怪しくなり、2000以上では軽視でOK


これらを勘案するとですね・・・前回更新以降に走ったのが9レースあるんですが
内6レースが1800以上で、これとは別に3レースがG1なんですよね。
それ抜きで考えると
新潟1600 石打特別(古馬500万下) ショウナンマハ 3人気1着
京都1200 葵S(3歳OP) ゴールデンムーン 6人気2着
となるので、まぁ全然走ってないってわけじゃないんですよw

これからはG1もしばらくお休みなのと、夏のローカル開催前に降級もありますし
この方法でもっともっと好走馬が出てきてくれるんじゃないかなぁ、と思います。
須貝厩舎の場合は勝負気配を見抜き易そうなので
降級馬にこのパターンは鉄板にならないかな?

もちろん、最近発売された調教Gメン井内氏の勝負調教も活用できますよ!w

それでは、最後にねらい目の更新&確認。



大前提
○前走から間隔が空いている場合は軽視(目安は中8週以内)
→1-1-0-8(間隔が中9週以上の該当馬)

○距離2000m以上は軽視
→1-0-0-10

○上級条件では過信しない
→2-1-1-8(オープンクラス成績)
※特にG1


この条件をクリアする馬が6-4-2-0 単回収299/複回収193になります。
(該当馬のうち、中8週以内で距離1800m以下のG1以外に出走している馬)

特に狙い目の条件
※集計対象は前提条件をクリアしている馬

○500万下クラス(3歳・古馬問わず)
→5-3-1-0 単回収353/複回収180

○前走0.5秒差以内
→4-1-1-0 単回収393/複回収186
スポンサーサイト
[ 2012/05/29 21:00 ] 競馬 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

まとめtyaiました【【競馬】須貝厩舎の調教攻略・続報】
「最終追い切り前日の火曜日にも栗東坂路で時計を出している須貝厩舎所属馬を芝で狙う」上記のエントリを公開して一ヶ月くらい経ったので、データ更新します。先週までの開催を含め、該当馬は8-5-2-17 勝率25.0% 連対率40.6% 複勝率46.9%単回収146/複回収97と、前?...
[2012/05/30 05:49] まとめwoネタ速neo