スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【競馬】サトノギャラントはディープスカイ級か、それとも・・・

昨秋から今春にかけての2~3歳戦、東京芝マイルで特徴的なレースがありました。
ベゴニア賞と、クイーンCです。

テン36秒台-中盤36秒前後-上がり34秒前後で、ラスト3Fに非常に速いラップが計時されたレースです。
ベゴニア賞での上がり最速はサトノギャラントの33.2、クイーンCではミッドサマーフェアの33.4でした。
今回はこの2頭のお話。

4259883ae4685dc02424cf3298389eee.png
※画像は全てクリックで拡大できます



過去に遡ってみると、このレースとラップバランスや流れが似ているレースがありました。
2008年2月の3歳500万下です。
その500万下で上がり最速を記録したのがディープスカイで33.4だったんですね。
797ce701ea5c2ea40ab2ff0d65aa3b23.png

500万下は開催6日目、ベゴニア賞はコース替わり2週目の開催8日目、クイーンCは開催5日目です。
この中ではベゴニア賞が最も時計は出やすい状況だと思います。
クイーンCはテンも中盤も緩いので、上がりが33秒台に突入するのは特筆すべきことではありません。

次にこの3頭の個別ラップを比較してみます。

db196eaae8654d9cc80040a6ee4fbe61.png

テン38秒前半-中盤25秒前後-上がり33秒前半、という"おおまかな構図"は同じです。
「似たような条件」「似たような流れ」の下で「似たようなラップバランスで好走」しているこの3頭に
能力の近似を見ることはできないでしょうか。
もちろん、単純に比較しちゃいけないんでしょうけどね。


この3頭の比較で言えば、ミッドサマーフェアに関しては
他2頭のレースよりさらに緩いレースで、自身は0.6秒差の6着に負けています。

最大の違いは、僅差の中での上がり1位であること。
ミッドサマーフェアは33.4で上がり1位ですが、2位は33.5、3位は33.6で5頭が記録しています。
つまり、出走馬のほとんどが速い上がりが出せる状況下にあったんですね。
レース全体の上がりも33.9です。

ところが、ディープスカイとサトノギャラントは違います。
前者は33.4で上がり1位、2位は33.8、3位は33.9と大きな開きが見られます。
レース全体の上がりは34.5ですので、1頭だけ1秒以上速い上がりを使ったわけですね。

後者は33.2で上がり1位、2位は33.8で3頭が記録しています。
レース全体の上がりは34.3ですので、同じく1頭だけ1秒以上速い上がりです。


というわけで、ミッドサマーフェアはディープスカイほどではないとは考えていますが
ある程度の能力は認められると思います。
ディープスカイのように外回りコースや距離が延びて好走を見せています。
おそらくオークスでも好走するでしょう。


サトノギャラントのほうは馬場差を考えても、ディープスカイと見劣りしない内容であると考えます。
馬場が悪く小回りコースのスプリングS、皐月賞を使われて結果が出ていませんが
広い東京コースに替わる青葉賞なら大丈夫でしょう。

それと、この馬を猛プッシュする要因はもう一つ。
98e9f373c994f555d9f0f9144b063924.png
これはサトノギャラントの皐月賞の直前追い切りの数字を
過去の藤沢厩舎の有力馬の調教と比べたものです。
ダンスインザムード、ゼンノロブロイ、ペルーサ共に古馬G1戦線で好走している当時の数字です。
3歳春の時点でこれらの馬と見劣りしない立派な数字を記録していることがまた
「サトノギャラントはディープスカイ級?それとも、それ以上?」と思わせる要因の一つでもあります。



まぁ、あんまり期待をかけすぎてガッカリするのも嫌なんですがw
ディープスカイは父アグネスタキオンで、距離延長も問題なしでしたが
父シンボリクリスエスは基本的に芝G1では用無しですからね。
あとはねぇ、やっぱり厩舎ですよ・・・。何度でも言ってやりますよ。


「シンボリクリスエス、サトノの勝負服、藤沢厩舎と横山典弘。
春のクラシックに縁遠い合言葉がそろいました。
サトノギャラントです・・・。」
スポンサーサイト
[ 2012/04/26 22:00 ] 競馬 | TB(0) | CM(4)
No title
ミッドサマーフェアが圧勝したのでとても興味深い内容です。

サトノギャラントはラップタイムで見れば確かにディープスカイ、ミッドサマーフェアを上回っています。でも実はレースを見ると個人的にはちょっと疑問が残ります

あんまりコメントに長く書いても申し訳ないんでブログに書きました。
たぶん見解まったく違うので、機嫌のいいときにのぞいてみてください。

http://ranobia.blog129.fc2.com/blog-entry-242.html

[ 2012/04/27 00:59 ] [ 編集 ]
No title
そちらに返信しました~。
ベゴニア賞だけでなく、調教も良いんですよ、この馬は。
[ 2012/04/27 10:47 ] [ 編集 ]
No title
この血統、この厩舎で人気しづらいってとこもあるでしょうね。青写真が青葉賞勝ってダービー2着って感じがしますw
今回の想定3番人気は妙味なのかな...


僕は調教とレース結果や馬の能力との関係がよくわからないので、いつも参考にさせてもらっています。
しーざりこさんがここまで押す馬ってそんないないですもんね。
どんな内容のレースするか楽しみにしています^^

[ 2012/04/27 12:31 ] [ 編集 ]
No title
調教は基本的には調教本とかの基準を目安にしてますが
あとは感覚で「あれ、これ良いんじゃない?」って感じですよw
ラップと同じでトラックコースの調教も結構数字はあいまいなんですけどね。
でも、こちらとしては出てくる数字を信用するしかないですからね・・・w
[ 2012/04/27 18:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL