スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 阪神11R桜花賞 ◎ジョワドヴィーヴル

◎ジョワドヴィーヴル
○ジェンティルドンナ


日曜日は朝から夕方まで拘束なので
馬場状態とかレースとか見られません・・・(´・ω・`)
そこがかなり不安ですが、仕方ないですね。



去年のエントリはこちら

各エントリへのリンクはこちら
その1 阪神JF組
その2 チューリップ賞組(ハナズゴール)
その3 チューリップ賞組(エピセアローム・ジョワドヴィーヴル)
その4 クイーンカップ組
その5 フィリーズレビュー組
その6 その他のレース組
その7 全体的なまとめ




7回に渡って更新してきた桜花賞予想の集大成です
(そこまで大したもんじゃありませんが・・・)


◎ジョワドヴィーヴルの実力はレーヴディソールと差があるとは思います。
ただ、この馬を上回るほどの、例えば、レーヴディソールと僅差だった
ホエールキャプチャに先着したマルセリーナほどの実力を見せている馬は
今年は(個人的には)ほとんど見当たりませんでした。

過去の世代との"縦の比較"では差がありそうなジョワドヴィーヴルですが
同世代との"横の比較"では世代上位の実力があります。
ここは素直に、阪神JF最先着馬を桜花賞でも狙うことにします。


対抗は1頭のみ。ジェンティルドンナです。
シンザン記念の内容は、自信を持って「好レース」とは言えませんが
3歳の牡馬混合中距離重賞で勝ち負けできる牝馬は
同世代の牝馬の中では実力上位でしょう。
事実、シンザン記念で好走したダイワスカーレット、マルセリーナは桜花賞を勝っています。
既存の2歳勢力に対抗できる実力があるのは、この馬であると考えます。


気になるのはやはり、チューリップ賞での敗戦。
しかし、この2頭に共通するのは「長く良い脚を使えるタイプ」ということ。
スッと反応できて、瞬発力に特化したハナズゴールが鮮やかに勝ちましたが
実質、ラスト2Fの競馬となっては、前述した2頭の持ち味は活きません。

しかし、桜花賞では阪神JFやチューリップ賞よりも、ペースが流れることが考えられます。
いくら逃げ馬不在でも、これらのレースよりスローで、ラスト2Fまでレースが動かない
というパターンは考えにくいです。もちろん、無いとは言えませんが。
少なくとも、直線"だけ"で全てが始まって終わるレースにはならないでしょう。


ペースが上がることによって、各馬の動き出しも早くなりますし
上がりがかかると、エンジンのかかりが遅いタイプにとっては、加速する区間を設けられます。
スピードに乗ると、最後まで脚を使えるジョワドヴィーヴルやジェンティルドンナにとっては
阪神JFやチューリップ賞以上の競馬ができる可能性は高まります。

逆にスローの展開利だけで好走していた逃げ・先行馬はキツくなります。
多少のハイペースでも撥ね返すことのできる馬がいれば、注目しましたが
今年は前哨戦のほとんどがスローや、重馬場での競馬となり
桜花賞につながりそうなレースはあまりありません。


と、いうことで、結局は2歳女王と新興勢力の1番手という
去年の再現のような予想となりました。
買い目は馬連・ワイドの1点で。


当たってほしいなぁ・・・w
スポンサーサイト
[ 2012/04/08 10:00 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL