スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

正月競馬予想 中山金杯◎エクスペディション 京都金杯◎オセアニアボス

中山金杯
◎エクスペディション
○アドマイヤコスモス
▲コスモファントム



京都金杯
◎オセアニアボス
○マイネルラクリマ
▲サダムパテック
△ダノンシャーク
△シルポート








あけましておめでとうございます。年の初めの金杯です。
が、あんまり得意なイメージが無いし
今年は競馬はほどほどに・・・笑


中山金杯
前半スロー→中盤からラップが加速→ラスト1Fで12秒台に
というのがお決まりの流れ。
出走馬の中で「11秒台→12秒台」など
ラスト1Fでラップが落ちるようなレースで好走経験のない
人気馬を軽視すると、わりと上手くいきます。

今年でいくとフェデラリストがそのタイプなんですよね。
たしかに前走は強い競馬だったけど、JCウィークとなったこの週は
スローだと内しか伸びない馬場。それを内ピッタリで直線抜け出しているんですよね。

あとは前々走の鎌ヶ谷特別は、前半1000mが62.1でラスト4Fが11.9-11.5-11.4-11.7と
あまりこのレースにリンクしなさそうな結果。
ついでに、中山では500万も勝ってるけど、こちらも前半62.2でラスト4Fが12.2-11.6-11.3-11.5
中山らしいレースになりそうなこのレースでは軽視します。


逃げるのはエーシンジーラインで、この馬は溜め逃げタイプ。
ラスト3Fの競馬に持ち込むと粘り腰を発揮します。
ただ、今回は(瞬発力勝負は避けたい)と思っている陣営が多そうで
早めに動ける馬もいます。とてもラスト3Fの競馬にはなりそうにありません。


本命はエクスペディションですが、事実上はアドマイヤコスモスとの馬連1点でいい気も。
エクスペディションもアドマイヤコスモスも、中盤が流れて
後半4~5Fから11秒台が出るようなレースは経験あるし、完勝してます。
一応、休み明けを叩いて55kgの前者のほうを上にとりました。
まぁまぁ、2頭とも血統も如何にもって感じで。


▲コスモファントムは去年の覇者ってのはもちろんですが、コーナー4回コースの適性は高いものがあります。
前半スローで徐々に加速、というラップは得意なので押さえが必要です。
問題は乗り替わり。全く意味がわからんw


ダイワファルコンは中盤で溜めが効かないとコケる馬で、前走はそのパターン。
凡走→凡走→放牧明け1着→復活、ってパターンを2度経験しているので
もしかしたら、リフレッシュが必要かも・・・。
4番手評価だったけど、結局消しました。


馬券は◎○▲の馬連BOXと、オッズ次第で◎○のワイド



京都金杯
去年はシルポートが巧いペースに持ち込んだけど、今年はオースミスパークの存在が。
問題は2頭ともテンがそれほど速くないこと。
気配的に外のシルポートは何が何でもハナって感じだし
オースミスパークもハナにこだわりそうだし
ハイペース想定でいいんじゃ・・・。

さて、シルポートが速いペースで逃げるとグレイソヴリン系やロベルト系
あるいは欧州中距離血統を母父に持つ馬、特に差し馬が好走する
ってのを天皇賞秋のあたりで言ってたんですが、今回もそれを狙ってみます。
(シルポートに限らず、ハイペース逃げ馬に当てはまるんだけどね)


今回の該当馬は
オセアニアボス 父Red Ransom(ロベルト系)
マヤノライジン 父マヤノトップガン(ロベルト系)
ガンダーラ 母父ナリタブライアン(ロベルト系)

ダノンシャーク 母父Caerleon
ブリッツェン 母父Caerleon

この中でいったら、やっぱり父にロベルトを持つオセアニアボスかなぁと。
前走は前が詰まって全然だったんですが、今回は誰かさんの呪縛から解かれるしね・・・(ニッコリ

で、2番手評価はマイネルラクリマなんですが
前々でうまいこと捌けそうなのはこの馬かなぁと。
本命を差し馬から選んでるので、相手は先行馬を選びたくてですね・・・。

サダムパテックは三番手ですが、この馬はいかにもマイル良さそうなんだけど
中盤緩んで上がり3Fの競馬、ってタイプなんじゃないかなぁ。
今回のようにマイルで中盤緩まない流れよりかは、やたらと1800で走りそうな気が。
でも、あの菊花賞で5着するくらいだから、この距離に短縮することがプラスなのは間違いなし。

ダノンシャークも中盤緩まないとちょっと不安があります。
シルポートは、もし万が一なんかで前が残ることになったらこっちかなぁって思って。
オースミよりは買えるかな。


馬券は◎の複勝を本線に、◎から馬連、ワイド◎○、三連複1頭軸◎から印、◎○から印
スポンサーサイト
[ 2012/01/05 00:03 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(3)
明けましておめでとうございます!

中山金杯はネオヴァンドームから。
洋芝のトニービン、溜めて斬れる馬ではなく手替わりも魅力。
相手は2,5,6,8,11

京都金杯はブリッツェンから。
前々走は不得手の道悪、前走はG1と内伸び馬場の外枠と不利な材料。
今回は先行力が活きる京都、ハンデ減、当レースで相性の良いマイルCS組と好転。
相手は2,4,7,9,10

フェデラリストは地雷と見ます(笑)。

今年も拝見させて頂きますので宜しくお願いいたします。
[ 2012/01/05 01:27 ] [ 編集 ]
No title
今年もよろしくお願いします。

どー考えてもフェデラリストは地雷と思ったんですが
中山であのペースでラストも垂れないってのは・・・う~む。

ブリッツェンは前半スローでいければ、今後も面白い存在と思ってます。
今回はハイペースに飲まれましたが、巻き返しの機会アリでしょう!
[ 2012/01/06 00:49 ] [ 編集 ]
フェデラリストは前半緩かったのもあったんでしょうが意外でした。

ブリッツェンは前がきつい中よく頑張ってくれたと思います。
[ 2012/01/06 15:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL