スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有馬記念考察その2

その1はこちら


昨日は09年と10年の有馬記念を振り返ってみましたが
今回は、去年有馬記念に出走していない馬を中心に考察してみました。






まずは・・・オルフェーヴルですかw

この馬はタフな条件になるほど能力を発揮、とダービーの頃からずっと言い続けています。
軽い芝で平坦の京都1800から、重い芝で急坂の阪神芝1800に替わることで0.2秒差3着から1着へ。
距離が200m延びることで、2着との差が0.1秒から0.5秒へ広がり
距離が400m延びて不良馬場になったダービーでは2着と0.3秒差、3着馬とは1.4秒差。
神戸新聞杯でも楽勝の0.4秒差で、菊花賞も同じく0.4秒差の楽勝。
これだけの着差がつくということは、実力でもぎとった三冠であると言えます。

重い芝で急坂の中山2500という舞台は、この馬にとって苦ではないですね。言うまでも無くw
上がり勝負一辺倒ではなく、ロングスパートでも実力を発揮していますし
馬券圏内は有力ですね、言うまでm(ry

もう一つプラス材料としては、距離が延びても位置取りが悪くならない点。
距離が延びて3・4角の位置取りが前目になる馬は、長い距離が向いている可能性が高いです。
マイネルキッツが良い例で、この馬が3000m以上のレースに出走した時の通過順は
09年天皇賞春 10-10-4-4
10年天皇賞春 2-2-2-1
11年天皇賞春 3-3-2-2
11年ステイヤーズS 9-10-2-1
この他のレースは、ほとんど3・4角の位置取りが6番手以下なんですね。

過去10回、4角の通過順が二桁だった馬は1-1-1-42ですので
オルフェーヴルが、後方からの差し一辺倒でない馬であることは、大きな強みでしょう。


続いては去年、残念ながら取り消しとなったローズキングダム。
この馬の出走レースから、ラスト2Fの上がりラップに注目すると

1着のパターン
11.311.311.211.811.711.610.611.611.311.911.411.3

2着のパターン
10.811.311.911.9

3着のパターン
11.512.011.611.811.412.3

着外のパターン
11.812.012.112.511.712.012.111.811.512.0

パッと見てわかるように、この馬の好走パターンはラスト2Fが11秒台に収まるようなレース。
逆に、ラスト1Fが12秒台に落ちたり、ラスト2Fが時計かかるようなレースでは凡走しています。

これは上がり3Fを見てもよくわかることで、1着時は34.2、34.4、35.6、33.8、34.4、33.8
2着時は33.4、35.6、3着時は35.6、34.5、34.5となっています。
一方、着外時は35.9、36.0、35.2、35.8、34.5です。

有馬記念のラスト2Fは平均して11.512.3
去年を除けば、過去10回は必ずラスト1Fが12秒台に落ちていますし
上がり3Fも平均は35.6秒ですので、ローズキングダムにとって苦しいレースになるのは間違いなし。


今年の宝塚記念馬、アーネストリーですが調教に注目。
本数が、明日1本坂路で追うとなると、中7週で中間5本になります。
これは中4週だった前走天皇賞(秋)の6本より少ない本数です。
それと、坂路単一調教はここ4年で馬券圏内なし。
一週前の時計52.3-13.4(一杯)はこの馬にしては物足りない動きに見えるので
直前追い切りでしっかり追われ、標準以上の時計が出ていることがまずはチェックポイントかなと思います。



続きはまた明日にでも!
スポンサーサイト
[ 2011/12/20 23:56 ] 競馬 | TB(0) | CM(2)
挽回があるとすれば、秋天で一番不利な立場だったアーネストリーでしょうが、引っ張ってくれる馬が見あたらないので後続の目標にされ、一気に来られてしまう可能性が非常に高くかなり割を食うのかなと。

やはり、ブエナビスタとオルフェーヴルを軸に馬券を組み立てるのがいいかなと考えます。

一角崩しは中山巧者から選びます。
事実、人気以上に複勝圏に来た馬はその年に中山重賞で連対実績があるか、中山芝での複勝率が高い馬です。

ただ今年は、アーネストリー、トーセンジョーダン、ヴィクトワールピサぐらいしかいません(笑)。
しかも有馬記念の出走年に勝ち鞍のない馬はほとんどといっていいほど複勝にすらきません。

この三頭を相手にブエナ、オルフェを1,2着、1,3着固定の三連単が一番よさそうな気がします。
万が一、今あげた馬以外に来るとしたら未知の魅力でレッドデイヴィスぐらいしかいないでしょう。
[ 2011/12/21 11:25 ] [ 編集 ]
No title
アーネストリー、この枠順だと内を見ながら様子を窺う感じでしょうね~。
今年は堅く収まる気がします。同じようなメンバーでずっときてるので
出し入れを慎重にしていきたいですね。
[ 2011/12/22 23:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL