スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 阪神11R 阪神ジュベナイルフィリーズ

すみませんが、まだ決まってません(;´Д`)
なので、とりあえず見解だけでも。
長くなったので省略してます。


続きはこちら→



個人的には阪神JFのポイントは次のように考えています。
○牡馬混合重賞で僅差好走の馬
○総合力に長けている馬


ここ数年は(結果的には)実力が抜けていた馬が1着。
2着に総合力に長けている馬が食い込むパターンで決着しています。

レーヴディソール→ホエールキャプチャ
アパパネ→アニメイトバイオ
ブエナビスタ→ダノンベルベール

これらの2着馬に共通する点は、まず上級条件での牡馬混合戦で結果を出している点です。
ダノンベルベールは芙蓉Sで2着。
アニメイトバイオは京王杯2歳Sで2着。
ホエールキャプチャは芙蓉Sで1着。


そして、ここが重要です。異なる内容のレースで好走している点。
ダノンベルベールは中山16002着→東京16001着という戦績ですが、内容は
47.1-48.2の流れを通過順9-5-4の早め進出→48.4-47.7の流れを通過順8-8で差しきり。

アニメイトバイオは中山16001着→東京芝14001着→東京芝14002着。内容は
46.4-48.0の流れを通過順2-3-4で押し切り→34.7-34.8の流れを通過順7-7で差してレコード勝利
→34.6-35.4の流れを通過順17-17で最後方から追い込んで2着。

ホエールキャプチャは中山16001着→京都芝14003着。内容は
48.4-46.9の流れを通過順1-1-1で逃げ切り→34.8-35.7の流れを通過順17-15で追い込み3着。


例えば、急坂あって直線が短い中山と直線長い東京。ハイペースとスローペース。先行策と後方待機。
このように性質が異なるレースで好走している点を、総合力に長けていると表現しています。
言い方を替えると、2歳馬の中では完成度が高いとも言えるかもしれません。


前述のように、ここ数年は実力の抜けていた馬が1着にきていますが
軸としては、この総合力に長けている馬は最適と思います。
欠点としては、1戦1勝などレースキャリアが浅い馬は判断が難しい点ですかね・・・。


気になる馬はいるんですけど、色々と過程がねぇ・・・もうちっと時間をくださいw
スポンサーサイト
[ 2011/12/11 12:11 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL