スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 阪神11R ジャパンカップダート◎エスポワールシチー

やはり注目はエスポワールシチーvsトランセンド。
南部杯ではキッチリ取捨選択できたので、今回もしっかり的中させたいですね。


続きはこちら→



阪神11R ジャパンカップダート
◎エスポワールシチー
○トランセンド
▲バーディバーディ
△テスタマッタ
△ワンダーアキュート
×ミラクルレジェンド



南部杯でも触れましたが、エスポワールシチーとトランセンドはタイプが異なります。
簡単に表現すると、こうなります。
スピードにスタミナが付いて強くなったトランセンド
スタミナにスピードが付いて強くなったエスポワールシチー


南部杯では、開催傾向がアメリカン血統向きのスピード馬場だったこともあり
トランセンドを本命にしました。レースもアメリカン血統の上位独占となりました。

しかし、ここで注目したいのはエスポワールシチーの踏ん張り。
休み明けで調教も軽く、本質的には得意でない条件で、しかもハイペースの逃げ
という幾重ものビハインドに対し、見せ場十分の0.3秒差4着。

JCDはどちらかといえば、スタミナ血統に向くレース。
過去の好走馬を見ると、スタミナ血統や芝中距離を走っていそうな血統の好走が目立ち
アメリカン血統はやや苦戦しています。
土曜のレースを見ても、この傾向が現れています。
まさに、エスポワールシチーには持って来いのトラックバイアスと言えそうです。
今回はこちらを上位にとりました。


トランセンドを2番手評価にしたのは、この馬にしては調教の時計が物足りないこと。
52.6-12.5というのは、普段の時計から比べると1秒以上落ちます。
フェブラリーSの際は重馬場で52.8-13.0という時計で勝っていますが
中間にポリトラックを一杯で73.1-11.7という猛時計がありました。
しかし、今回はポリトラックでは馬なりのみで、75.0-11.5。
この馬のいつもの調教過程からいくと、万全の状態とは言えない気がします。


▲バーディバーディと△テスタマッタ、実はこの2頭に非常に期待しています。
まず、バーディバーディは去年◎を打ちましたが、この条件がドンピシャと考えています。
父ブライアンズタイムのスタミナ血統ですが、基本的にこの馬は向かない条件ばっか走らされています(笑)
それでも、3着するように能力はあると思うんですよね。
レコード決着だったり、ミスプロ系を持つ馬に先着されたりしてますが
スタミナ血統が台頭するレースでは見せ場を作っています。
去年も見せ場十分の4着で、急坂2回のこのコースは平坦コースより絶対に向きます。

テスタマッタは速い流れのほうが持ち味が活きるはずで、速い上がりの脚もあります。
流れが向きそうで、一発に注意が必要。フェブラリーSは強い競馬でした。

去年のフェブラリーSとJCDの◎馬2頭を押さえることになったのは、たぶん偶然ですw


△ワンダーアキュートは勝ちきるまではイメージが沸かないです。
×ミラクルレジェンドは1800でやたらと強く、本格化の兆しが見えて。


ダノンカモンはガチガチのアメリカン血統。
スタミナ血統が台頭するトラックバイアスでは甘いです。
距離が延びてパフォーマンスが向上するとは思えません。

ヤマニンキングリーは過剰人気。
前走は非常に楽なペースで、今回はよっぽどのことがないと。



馬券はエスポワールシチーの1着固定がメイン。
馬単◎→○▲△、三連単◎→○→印、◎→▲△→○
トランセンドを疑って、◎→○▲△→印。
一応、押さえで○→◎→印、○→▲△→◎
スポンサーサイト
[ 2011/12/04 00:40 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)
エスポ残念です


今週は日曜中山美浦ステークスのプレイが面白そうです!
[ 2011/12/06 14:51 ] [ 編集 ]
No title
ここは走ってくれないと困りますね、プレイは。
東京なんて走るはずないと思ってて
そこそこ走ってるので、中山は楽しみです。
時計がかかってほしいですが。
[ 2011/12/08 20:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL