スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 京都11Rエリザベス女王杯 ◎フミノイマージン 他、武蔵野ステークス等

京都11R エリザベス女王杯
◎フミノイマージン

昨日のニコ生と印変えましたm(_ _)m


東京11R 武蔵野ステークス
◎ダノンカモン




詳細はこちら→



エリザベス女王杯
◎フミノイマージン
○スノーフェアリー
▲アヴェンチュラ
△イタリアンレッド
△ホエールキャプチャ
△アニメイトバイオ



まず、エリザベス女王杯に限らず、京都外回りコースの長距離はロングスパートになることが多いです。
残り5F→4Fでペースが上がるので、上がり3Fだけのレースが得意な馬に隙が生まれます。
クラシックで届かなかった馬がこのレースで戴冠、というシーンもかつてありました。

今年でいくとホエールキャプチャが該当します。
しかし、この馬は中盤緩んで上がり3Fで急加速、というレースが得意な馬。
たしかに外回り向きだけども、長く良い脚を使えるタイプとは思えません。

逆にアヴェンチュラは道中あまりラップの緩急がないレースが得意。
内回りコースの馬に思えます。過去、急流の秋華賞を前々でさばいた馬は
距離が延びると甘くなる馬が多かったですし。
ただ、レースぶりを見ると距離延長はプラスに思えるんだよなぁ・・・w
案外、ロングスパートはハマるかもしれません。


で、最初に古馬で注目したのはイタリアンレッド。
ただ、案外重賞では楽なレースをしてたりして。
グレードが上がって強敵と当たると、結構あっさり負けたりしてるし
牡馬相手に好走しているとはいえ、勝ちきるまでは?という評価に落ち着きました。今日。

アニメイトバイオも前述の、クラシックでもう一歩だったホース。
でも、この馬もやっぱり中盤緩んで、上がり3Fの加速がベストってタイプに見えます。
淡々と流れたクイーンSで3着しているように、力をつけてきてはいますが
ロングスパートでは末が甘くなりそう。


フミノイマージンに本命を打った理由は、まず中山牝馬Sの走り。
前が速くなって、1000m通過が57.9でラスト3Fは11.2-12.1-12.4
この流れを最後方から追い上げて2着。
これは距離が延びて魅力のある走りだと考えます。

元々、この馬は重い芝が得意で軽い芝、速い上がりが苦手だった馬。
それが充実著しく、新潟開幕週の福島牝馬Sを勝利しました。
自身も速い上がりを使えるようになっているし
このタイミングで2200mを使うことには魅力を感じます。

このレースにはまだ実績がありませんが、京都芝2200はマンハッタンカフェ産駒が活躍する舞台。
ハマれば面白いと思います。


まぁ・・・ラスト5F→4Fでペースアップしたレースで好走している馬がほとんどいなくて
だったらこの馬でいいや、みたいなね?
福島牝馬Sは一応、該当するんですが、新潟の中距離重賞ではよくあるラップなので。
ただ、牝馬限定ってのは今までにないレースだったので
これがエリ女につながったりしないかなぁ、なんて。


馬券は◎の馬連・ワイドと単勝を。



武蔵野S
◎ダノンカモン
○テスタマッタ
△ダイショウジェット
△コンティネント
△シルクフォーチュン



ここはスタミナ血統で攻略しようと思ったんですが、軽いダートに降雨で今日もやや重馬場。
そうなると、アメリカン血統のスピードが活きる馬場になりそうで
そこまで重視していません。

◎ダノンカモンはここは崩れないでしょう。
1400~1600のパフォーマンスが高いので、やや重馬場になったのは歓迎。

○テスタマッタはこんな人気でいいんですか?
たしかに、JCDへの叩きの意味合いが強いかもしれないけど
去年のフェブラリーS2着馬ですよ。
JRAの競馬場で東京にしかないダート1600に、1年半以上ぶりに出走するんですから
押さえにゃいかんでしょ。元々、軽いダート巧者で距離もマイルは合うし。

△ダイショウジェットはスタミナ血統で、この条件は激走ある馬。
アメリカンで決まった前走で、地味~に5着しているし
スタミナ血統に有利なレースになったら、また穴あけそう。

△コンティネントは距離延長に魅力。

2番人気△シルクフォーチュンは、まだ展開の助けが必要な馬に思います。
前が速くなれば突っ込んでくるだろうけど、このメンバーでは落ち着きそう。
そうなると、アタマまではないかなぁ。

3番人気アドマイヤロイヤルは時計が物足りないし、重賞ではまだ様子見したいところ。


馬券は馬連◎-印、ワイド◎-○、三連複◎○から手広く。
スポンサーサイト
[ 2011/11/13 12:23 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL