スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レース回顧 AJCC

AJCC 36.6-61.4-35.9
1着△ネヴァブション
2着△エアシェイディ
3着△トウショウシロッコ
------------
5着◎キングストレイル
6着△アルナスライン
10着×ドットコム
12着△サンツェッペリン


総評
1000mを切ってからペースアップ。この展開についていけない馬もいたほど。
スピード・スタミナの両方が求められ、結果的には勝ち馬にベストな流れ。
逆に言うと、2000mではスピードが足りず、2500mでも一歩足りない、という解釈も?
上位に来られたメンツを見ても、中長距離重賞で実績のある馬ばかり。
重賞勝ちのないトウショウシロッコやマイネルキッツも、今後は中長距離重賞で上位入線を果たせるだろう。
逆に大きく順位を落としてしまったドットコムやメイショウレガーロは、重賞では厳しいかもしれない。
ただ、馬場が悪かったこともあるので、良馬場で巻き返したいドリームジャーニーなどは今後も注意。

予想は、前崩れの展開だった中山金杯組において先行して0.4秒差、-0.5kgのキングストレイルに◎
差して上位の中では、斤量増のマイネルキッツを切り、斤量減のネヴァブションに△
有馬記念組からは、適性距離を超えて好走したドリームジャーニーを切り。
ようやく57.0kgで出られるアルナスラインと去年の覇者エアシェイディに△
あとは中山好走実績があり、力をつけてきたトウショウシロッコと
近走不満でも、時計のかかる展開が向きそうなサンツェッペリンに△
三連系のヒモとして、時計のかかる馬場しかも中山で好走あるドットコムに×
馬券は馬連◎-△、ワイド◎-△×


1着△ネヴァブション
極端に切れる脚は無いが、いい脚を長く使えるこの馬にとって、ベストな流れ。
前目に位置取りし、道中のペースアップも問題なし。中山に限っては2200m~2500mで買いたい馬。
長距離馬とみる人が多いかもしれないが、中距離のほうが向いているように思える。天皇賞(春)では敬遠したい。
また、57.5kg以上では0-1-0-5(内1~3番人気が4回)と脆い面もあるので、日経賞に出てきた場合は斤量に注意。
横山典騎手によると、右回りは内にモタれる癖がある。この点も一応、注意しておきたい。


2着△エアシェイディ
有馬記念最先着馬の成績がいま一つで、8歳馬ということもあって軸には据えず。
4コーナーで大外を回されたことを考えても、この結果は及第点。
かつては東京での33秒台の末脚が印象的だったが、今では中山のほうが向いていそう。
良馬場で見直したいが、東京での極端な瞬発力勝負ではもう分が悪いかもしれない。
また、遠征してきた場合は軽視(関西実績:0-0-2-2)


3着△トウショウシロッコ
勝ち馬を前に見るかたちで、直線は内を突いてきて3着。伸びそうで伸びきれない。
だが、昨年下半期から力をつけてきていて、今後も中距離重賞で好走できるだろう。
アドマイヤベガ産駒はある程度のところまでいくと、勝ちきれないが安定する傾向がある。重賞に手が届くかどうか。
また、吉田豊騎手によれば、馬体がもう少し絞れれば。次走は体が絞れて中距離のレースなら中心視したい。


5着◎キングストレイル
オールカマーのように逃げ、直線半ばまで頑張るが、フラフラしたり頭が高くなったりして甘くなる。
重賞ではいつも僅差で頑張っているが、あと一押しが足りない。
天皇賞(秋)も中山金杯も前には厳しい展開で先行して0.5秒差以内。
もう少し短い距離(マイルから2000m)なら・・・と思うが、さすがにもう上がり目は期待できないだろう。
G3レベル。


6着△アルナスライン
直線の伸び脚は他馬に見劣った。まだ本来の調子ではない印象。体も太い。
57kgで出られるのは楽で、賞金を稼ぐためにも上位入線したいレースだったはず。
だが、そもそも有馬記念が急仕上げでそこから中3週は、立て直すには不十分だったのかもしれない。
アドマイヤベガ産駒らしく、安定した走りを見せるが、結局昨年は1勝どまり。
人気で疑い穴で狙うのがベスト。個人的には、今後いっさい軸馬にしないつもり。
力はある馬なので、一応の警戒は必要。


10着×ドットコム
美浦Sや山藤賞など、パワーのいる馬場や中山が向く馬。
3着までなら、と思っていたが、やはり力が足りなかった。
ペースが上がるとついていけず、あとはそのまま。重賞ではまだ足りないかもしれない。
ただ、渋った馬場・力のいる馬場・中山は向くので、今後も注意は必要。
OP程度なら突っ込んできそう。


12着△サンツェッペリン
逃げ宣言をしていたが、逃げられず。3コーナーでついていけず。
馬に走る気がないのかもしれないし、もう上積みは無いだろう。
今後もレースでは狙いにくい。先行しての一発も、ここ数戦の止まり方を見ると期待薄。
スポンサーサイト
[ 2009/01/27 22:44 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL