スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 新潟2R◎フォーマリスト 他

菊花賞の予想はこちらから


(01:25)新潟2R ◎フォーマリスト
(13:55)東京10R ◎マコトギャラクシー
(14:15)京都9R ◎カルドブレッサ

詳細はこちら→

新潟2R
◎フォーマリスト
○テンジンローレン
▲プレシャスペスカ
△カルナヴァレ
△ミスネバー
×エキゾチックバニラ


個人的な新潟芝1000の狙い方は、馬なりで好時計の馬。
加えて2歳戦ということで、調教の動きが一変している馬を狙いたい。


◎フォーマリストは美浦坂路を馬なりで51.5-37.7-25.1-12.6
ラップに直しても13.8-12.6-12.5-12.6で、2歳としては上出来の動き。
これまでの自己ベスト53.7(一杯)を大きく更新する動きで、今回の走りに期待したい。
3戦全てが新潟芝1000だが、走破時計は57秒台前半で安定。
もう少し時計を詰めたいが、この動きで変わってくれば。

○テンジンローレンは同じく馬なりで52.0-12.7、52.3-12.5を記録。
これも自己ベスト53.0(強め)を更新する動き。
前走は中山芝1200で3着なので、コース替わりで最後の粘りが効けば。



東京10R 甲斐路S
◎マコトギャラクシー
○エーブチェアマン
▲レインボーダリア
△リルダヴァル
△モンテエン
×マイネルギブソン


昨日はジャングルポケット産駒が激走。
今日の時点で明確な判断はできないが、やはりスタミナ血統がカギになりそう。
というのも、今日の東京芝ではダイワメジャー産駒が1-2-0-1と走っている。

後ほどまとめようと思っていたのだけれど、ダイワメジャー産駒は直線長いコースより
内回りコースや急坂のあるコースで好調、という傾向が出つつある。
そんな特徴のあるダイワメジャー産駒が好走できる馬場・・・と考えると
普段の東京よりタフさが求められる馬場であるというのは大体、想像が付く。
昨日から、ラスト1Fでガクンと12秒台にラップが落ちる傾向にある。


このレースの見立ては「リルダヴァルの1着はあるか?」という点。
結論から言うと、ちょっと怪しい。
アグネスタキオン×Thunder Gulchはスピード寄り。
外回りコースに替わるのは歓迎だが、ラスト1Fまで伸びきって1着でゴール
というイメージがない。最後の最後で差されて2着止まりでは・・・。


1着を期待するのがマコトギャラクシー。
中山巧者で、急坂を最後までしっかり伸びてくる馬。
荒削りなレースをしているので、広い東京コースに替わるのはプラスと思う。

○エーブチェアマンも1着が期待できるタイプだが、調教の動きが物足りない。
良い頃に比べるともう一息の仕上がりで、本命には推さなかった。

▲レインボーダリアはこの馬場向きだが、東京コースとなると
決め手のある馬に先着を許してしまいそう。

△モンテエンは母父トニービン。それと、2200mでも実績があるので押さえた。

×マイネルギブソンは大穴中の大穴。血統的には父タニノギムレットに母母父トニービンで
グレイソヴリン色は強い。これまで直線長いコースの経験は少なく
コース替わりで激走があれば・・・ただ、常識的に考えると厳しい。


馬券は馬単マルチ◎⇔○▲△、三連単◎→○▲→印、◎→○▲△→○▲の予定。



京都9R 三年坂特別
◎カルドブレッサ
○デンコウジュピター
▲エーシンハーバー
△エーシンミズーリ
△ビーチパレード
△タムロスカイ
△ペルレンケッテ


京都芝は相変わらずグレイソヴリン馬場。当然、ここも傾向に当てはまる馬から。
カルドブレッサは父ジャングルポケット。
過去にグレイソヴリン系によるワンツースリーを2度も達成している、脅威の馬。
(12人気→1人気→2人気と2人気→7人気→5人気)
ここは当然、狙わなくてはいけない。

ちなみに、前にエントリで書いた栗東坂路終い最速ラップにも該当するので心強い。


馬券は馬単◎⇔印、三連複1頭軸ながし◎-印、三連複フォーメーション◎○▲-◎○▲-印
スポンサーサイト
[ 2011/10/23 01:20 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL