スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 京都11R菊花賞◎ショウナンマイティ

◎ショウナンマイティ
○オルフェーヴル
▲ウインバリアシオン
△トーセンラー
△ゴットマスタング
△ロッカヴェラーノ
△ハーバーコマンド
△サンビーム
△ダノンマックイン


馬券は◎複勝、馬連◎-印、ワイド◎-印


つづきはこちら→
焦点はもちろん「オルフェーヴルの三冠成るか?」
結論から言うと、可能性は高いと考えます。

オルフェーヴルはレースの質が重くなるほど好走
というのはダービーの予想エントリで触れました。
3000mにやや水分の残った馬場となれば、さらにレースの質は重くなり
中距離馬が能力だけで勝ち負けするのは厳しそう。

今年も強力な逃げ馬がいません。ある程度、前に意識が強ければ
前が崩れたところを瞬発力で差しきることが可能かもしれません。
ただ、特に強い逃げ馬がおらず、有力馬が差し脚質の場合は
スローに流れて、ロングスパートをキメる馬が好走したりします。
去年がそのパターンで、上がり3Fだけの競馬が得意なローズキングダムが
ロングスパートを仕掛けたビッグウィークを捕らえ切れませんでした。


オルフェーヴルの負けパターンを考えると
①スタミナ切れて失速
②ロングスパートした馬を捕らえきれない
③オルフェーヴル以上の脚で差される

1番考えられるのは②です。これが厄介。
オルフェーヴルは直線の切れ味に賭けるタイプ、というのが適当。
ただ、去年のローズキングダムほどの不安感はありません。
オルフェーヴルはロングスパートの資質も秘めていそうに思います。


オルフェーヴルをロングスパートで打ち負かせそうな馬に本命を打ちます。
◎ショウナンマイティの春のレース振りは浜中きゅんファンの自分からしてみても
非常に歯がゆいものでした。と言うより、持ち味を引き出しきれていない印象です。

この馬は良い脚を使うのですが、エンジンのかかりが遅い。
若駒Sや弥生賞のラスト1Fを思い浮かべてみてください。
ゴールするホントの直前に突っ込んできてるような感じですよね?w
逆に青葉賞はロングスパートしたけど、結局最後は溜めてた馬に差される結果。
はじめはスローの瞬発力勝負に寄ったタイプかと思っていたのですが
ポプラSの走りっぷりを見ると、これはロングスパート向きの馬なのかな?と思った次第。

前走を見ても、実は地味~に最後まで良い脚使ってるんです。
カメラから見切れそうで見切れないw
上位3頭に比べ全く派手さは無かったのですが、これは逆に
京都の下り坂を利用して、ロングスパートかければ面白いなと。


一番の問題は、鞍上です。これは期待もしてますし、不安にも感じています。
ショウナンマイティ=溜めて良い馬、という印象は多くの人が持っていると思います。
調教師も「前走は思ったほどはじけなかった」とコメントしてるほどですし・・・。
これで豊が一発勝負を賭けて、溜めに溜める後方待機策を取ったらアウト。
溜めての切れ味でオルフェーヴルを負かせるとは思えません。

逆に、出し抜こうとロングスパートをかければ、期待大。
「溜め殺し」となるか、「豊マジック」が炸裂するか・・・。
そこが1番の勝負ですねw


残りはロングスパートに強そうな馬をピックアップ。
△ゴットマスタングは500万を勝った直後だが、それがロングスパートでの勝利。
△ハーバーコマンドも速めに進出すると怖い存在。
△ダノンマックインは母系にノーザンテーストとリアルシャダイを持つ。
長い距離は適性が高いように感じる。


フレールジャックの菊花賞挑戦はやや無謀な気もするが
どこまでやれるか見もの。溜めての瞬発力はかなりのもの。
トーセンラーは中距離で適性が高そう。今回最内枠で
きさらぎ賞を勝っているのは怖いが・・・。
フェイトフルウォーはタフな展開が得意。
京成杯もセントライト記念もタフで、この馬に向く展開だった。
期待していたが、調教が坂路で馬なり4本。タイムも53秒台止まりだった、
3000mをしのぎきるにはやや不安・・・。


菊花賞に必要なのは「勇気を持って人気薄でもレース適性が高そうな馬を狙う」こと。
今年は長距離に適性向きそうな伏兵が多い印象で、狙う価値はありそうに思うが・・・。


馬券は基本は◎からだけど、オルフェーヴルから穴馬への馬単も?
スポンサーサイト
[ 2011/10/22 23:30 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL