スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

月曜競馬予想 東京3R◎タイセイグルーヴィ 他

◎タイセイグルーヴィ
○スプリングピース
▲ベルシエロ
△ジャストザハピネス
△フォントルロイ
×ディアコンコルド
×ミヤコデラックス



詳細と他のレースはこちら→
東京芝の中距離は開幕週らしく、ダート色の強い血統の好走が目立つ。
また、最近目をつけている「ラスト4F加速ラップ」を後方から
好走している馬を東京で狙う作戦も1日目3Rで結実。
(馬券は外したけどなー(´・ω:;.:...
2歳戦に関しては有効と見た。
以上を踏まえてこのレースを予想。



まず、この中で「ラスト4F加速ラップ」に該当するレースは2つ。
9/17,18の中山芝1800で、5頭が該当。
当初は、あまりに前半1000mが遅いのも考え物か・・・と思っていたが
この時期の2歳戦で東京芝中距離、しかも頭数が少ないとくれば
前半63秒~64秒もありえるので、あまり気にしないことに。


17日のレースで1着のサトノギャラントは芙蓉S2着
2着タニセンヴォイスが日曜未勝利で3着。
3着で上がり34.2のタイセイグルーヴィは当然、今回も有力。

ただスタートが悪く、後方一辺倒なのはちょっと怖い。
持ち時計が新潟芝1800で1.51.8(+0.3秒)→新潟芝1800で1:48.5(+0.6秒)
→中山芝1800で1:51.6(+0.1秒)という推移を見ると
実はもう1ハロン欲しいのでは?と思う。
アタマは他の馬にさらわれそうな気が・・・。


このレースで5着だったスプリングピースの動きが良い。
10/2 馬なりで美浦坂路50.7-12.7は優秀。開幕週の馬場なので
馬なりで好時計が出ている馬は狙えると思う。
血統もタイキシャトルにリアルシャダイでドンピシャ。
調教本数が増えて攻めを強化してきたのも怪しい。走りそう。


18日からはミヤコデラックス。最後方から追い上げ、最後まで伸びていた。
上がり35.0はややインパクトに欠けるし、2着で上がり34.9だったフレージャパンは
土曜日のレースで先行する馬を捕らえ切れなかった。押さえまで。


唯一、栗東から参戦のフォントルロイ。
村山明厩舎の東遠征は23-15-16-146で勝率が11.5%
(全体では63-60-67-627で勝率7.7%)
これをクラス別に分けると、未勝利では5-3-2-15で勝率20%、複勝率も40%ある。
この厩舎は単にレースに使うだけでなく、意図を持って
狙って出す厩舎だったと思うので、今回もある程度は勝負と思っているはず。
血統も今のトラックバイアスに適していそうで、押さえたい。


内枠からディアコンコルドにジャストザハピネス。
ベルシエロは距離が延びて面白そう。


馬券は馬単◎⇔○▲△、◎→×、三連複1頭軸でも配当つく?◎○▲-◎○▲-印も面白そう。




東京10R かがやき賞(♪かがやけーはばたけー野本圭特別)
◎スマートシルエット
○ビコーペグー
△クラックシード
△ネヴァーフェイド
△コスモバタフライ
△ペンテシレイア




東京芝1800は調教量豊富な馬がよく来ている。
多めとか併用とかは要チェック。


スマートシルエットの芝転向後の成績と栗東坂路で
最終追い切り時のラスト1Fとの関連性。
11秒台前半・・・1-0-0-0
12秒台前半・・・1-1-1-0
12秒台後半・・・0-0-0-3
(脚色・馬場状態問わず)

この馬の場合、最終追い切りが坂路で、しっかり末を伸ばせているかどうかが
レースでも末脚を発揮するカギとなりそう。
(まぁ、今回は12.5秒なんで微妙なラインなんですが・・・w)

それでいて大事なのは、加速ラップを踏んでいること。
坂路4Fのラップが加速し続けている、という条件は
傾斜が徐々にきつくなる栗東坂路において、しっかり最後まで脚を使えていることの
証明になるし、直線長いコースでは決め手として現れる。
ダービーはこのタイプの馬がよく好走する。

スマートシルエットの場合、これが成績に直結。
最終追いきりが栗東坂路で加速ラップの時(芝のレース)2-0-1-0
これは新潟で連勝し、府中牝馬Sで3着に食い込んだ3戦の数字。
今回は久しぶりに該当していて、復調気配?と思わせる。
奇しくも当時と同じく直線の長い東京芝1800というのも良い。

ラスト1F12.6は重馬場ということを考えれば、実際は12秒台前半の評価・・・
と妥協すれば、加速ラップの条件を満たしているし、心強い仕上がりと言えそう。
標準多め坂路で、前走休み明けで標準少め併用と比べて調教強化。


対抗馬の筆頭はビコーペグー。カギとなるのは3/27の阪神芝1800
テン3Fが34.3ながら、前半1000mは59.3で、直線入り口では馬群が密集するレース。
2日目の芝ということもあって、完全に前有利の流れを差して0.6秒差。

このレースが前有利だったことは後の戦績から明らかで
通過順9-9で0.2秒差2着アスカトップレディ(次走勝利→連勝)
12-9で0.5秒差5着ハッピーパレード(次々走2着)
10-9で0.6秒差8着プラージュ(9/25 3着)
12-13で0.7秒差9着レジェンドブルー(同級で複数回からみ、おおぞら特別勝利)

通過順7-8で0.6秒差のビコーペグーも次々走で2着しており、胸を張れるはず。
まして、9頭立てで内枠。同級実績馬も手薄なので、チャンスがある。
前走は500万下ながら、なかなかの好内容。総合力はこのクラスでももちろん通用する。


ここは混戦と見て、人気どころは押さえる。
ペンテシレイアは美浦坂路で馬なりで好時計を出しているし、芝でもやれると思うが
ここまで人気するとは・・・ダート血統で条件には合致しているけども。



馬券は三連単◎→○⇔△
スポンサーサイト
[ 2011/10/10 10:35 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(4)
3Rお見事です!
おっしゃっていた予想法は結構的を得ていると思います。
実際そのようなレースでしっかり後方から結果を出した馬はよかったりしてますからね。

ちなみに、2歳戦なら芝ダート等の馬場、競馬場、あるいは短中距離問いませんか?

僕は得意の北海道がなくなったので、今は2歳ダート未勝利に絞って予想しています。

初ダート馬から、兄弟姉妹にダートを主戦場としていた馬はいるか、血統的にダート替わりはいいのか、近走で芝での先行力があったか、をポイントに軸馬を選定しています。

それにしーざりこさんのラスト4Fの理論を入れると更に精度が増しますし、それによって拾える穴馬もいるのかな?と思った次第です。
[ 2011/10/10 11:10 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
ラスト4F加速ラップについて。
ダートに関して調べてみましたが、該当するレースが少ない上
そこで好走した馬も、はっきりとした結果が出ていないので・・・
やっぱり狙いは芝だと思います。

自分は基本的には1800mと2000mで探してますよ。
競馬場は気にしてませんが、場所によって評価は変えてます。
例えば、中山は急坂があるので、ラスト4F加速ラップは
他より価値があると思いますし。

サラブレのeb!が出版してる金満血統王国のどれかに
詳しく書いてあるので、お暇があれば是非・・・。
ちなみに、どの版だったかわかりません。すみません(;^ω^)


ダートに関しては、自分があまり得意でないので
なかなかポイントが掴めてないですorz
禿半笑いの本は参考にしてますが
通用するコースとそうでないコースがあるので
全幅の信頼までとは・・・。
[ 2011/10/10 21:17 ] [ 編集 ]
よくわかりました、ありがとうございます!

ちなみに、イメージとしては毎日王冠がスローな時は天皇賞とあまり連動しないと思われます。

ただ、カンパニーやダイワメジャーが毎日王冠と天皇賞を連勝したときは、本番も例年と比較してペースが緩かったので逃げ馬次第でしょう。

シルポートが出るならばここ2走のレースから引きつけての逃げはやはり斬れのある馬にやられる可能性が非常に高く、脚を使わせる逃げをすると思われるのでもしそうであれば毎日王冠組は評価を下げます。
[ 2011/10/11 07:48 ] [ 編集 ]
No title
シルポートは東京芝1400と芝1800で好走があるので
中山マイルのG1があれば勝ちますよ、きっとw
東京ではやはり厳しいですよね。

アーネストリーがいますから、前への意識は高くなるでしょうし
ある程度は流れるかなぁ・・・。
[ 2011/10/11 23:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL