スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土曜競馬予想 札幌11R 札幌2歳S◎グランデッツァ

◎グランデッツァ
○マイネルロブスト
△ゴールドシップ
△ベストディール
×クールスター
×ラシンティランテ
×ニシノカチヅクシ



2歳戦で後半ラップが加速し続けるレースを見つけたら要チェック。
そこで好走した馬は中長距離である程度の結果を残す可能性があります。
というのを、昔サラブレで読んだ記憶が・・・w

というのは、しっかり折り合いをつけて、尚且つラストまで伸びる競馬ができているわけで
これは中長距離で求められる大事な資質です。



今回のメンバーで、条件(1500m以上でラスト4Fが加速ラップのレースで連対)
を満たしているのは次の通り。

マイネルロブスト
新馬(中山芝1800)1着 ラスト5F:12.8-12.5-12.0-11.7-11.4
クローバー賞1着 ラスト5F:13.0-13.3-12.9-11.5-11.3

ベストディール
新馬(札幌芝1800)1着 ラスト5F:13.2-13.0-12.1-11.6-11.2

ニシノスタイル
クローバー賞2着 ラスト5F:13.0-13.3-12.9-11.5-11.3

グランデッツァ
新馬(札幌芝1800)2着 ラスト5F:13.5-12.8-11.9-11.4-11.3

マカハ
新馬(札幌芝1800)1着 ラスト5F:13.5-12.8-11.9-11.4-11.3

もちろん、前半1000mのタイムにも拠るのですが・・・。



ここで注目したいのはマイネルロブストの新馬戦です。
急坂がある中山コースで加速ラップ、しかも差してきての結果です。
確かに前半1000mは64.5で非常に楽な競馬なのですが、クローバー賞の内容といい
この世代では中距離に関しては一枚上手の対応力を持っているのではと考えています。
一方、クローバー賞をこの流れで差されてしまったニシノスタイルはやや落ちます。


グランデッツァの新馬戦も前半1000mが65.3と非常に楽でした。
差し込んできて先行したマカハと1/2馬身差。
ただ、前半1000m61.2となった次走で先行押し切りを果たしているので
何の問題も無いでしょう。こちらも中距離では高いパフォーマンスを発揮できそうです。
対比して、マカハはやや落ちます。


ベストディールは新馬戦は前半64.1で、2番手から1着。ペースが上がってどうなるでしょうか。
併せ馬先着は国枝厩舎の勝負調教なので、マークは必要だとは思います。



ということで、総合力が高そうなグランデッツァを素直に信頼。
マイネルロブストの本命も考えましたが
2戦してどちらも1000m通過が63秒台・64秒台というのは心もとなく対抗まで。
しぶといゴールドシップは、一応3番手の評価です。
押さえとしてベストディール。大穴狙いで、血統的には距離延長が良さそうな
クールスターとラシンティランテ、ニシノカチヅクシに期待します。



馬券は馬連・ワイドで◎-○、三連複◎○から印と全通りの重ね買いで資金配分。
ただ、グランデッツァ-マイネルロブスト-ゴールドシップの組み合わせが非常に安いので、ここは除く可能性大。
スポンサーサイト
[ 2011/10/01 00:11 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL