スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

安田記念はリアルインパクトにやられました(´・ω・`)

安田記念の結果はこんな感じ
1着**リアルインパクト
2着**ストロングリターン
3着◎スマイルジャック
4着**クレバートウショウ
5着△ジョーカプチーノ



去年と今年、ほとんど流れは一緒。強いて言うなら、今年のほうがやや上がり重視。
個別ラップのデータ待ちなのですが、おそらく去年・今年と続けて出走した馬は
ほぼ同程度かそれ以下のパフォーマンスに留まったと見ていいでしょう。


スマイルジャック +0.1秒→+0.1秒
エーシンフォワード +0.9秒→+1.0秒
ビューティーフラッシュ +0.9秒→+0.5秒
サンカルロ +1.1秒→+1.1秒
リーチザクラウン +1.1秒→+1.4秒
ライブコンサート +1.4秒→+1.9秒


これを見てわかるように、各馬の相手関係(着差)は1年経っても変わらず。
結局は、去年上位だった馬が抜けた穴を、新興勢力によって埋められてしまった格好で
これらの馬に順番が回ってくることは無かったということになります。

もちろん、状況は変わっています。例えば、エーシンフォワードはマイルCSでレコード勝ちしました。
ただ、ここまであっさりと新興勢力に先着を許してしまっているようでは
古馬マイル路線常連組はもはや苦しいでしょう。


今回上位のメンツを見ても、そもそもリアルインパクトが3歳馬。
2着ストロングリターンは前走で初重賞制覇。4着クレバートウショウも今年からのオープン馬です。
5着ジョーカプチーノは短距離路線で復活した馬。6着アパパネは去年の牝馬三冠馬。
7着リディルは今年から再始動した馬で、8着シルポートは今年からマイル路線に参戦している馬でした。
そもそも、これらの馬がマイル重賞に出てくること自体が少なかったですよね。


一方で、先に挙げたマイル重賞常連組が好走したレースからは
今回上位に走った馬が出ていません。
つまり、常連組が好走したレースはさほどレベルが高くない、とも言えるかもしれません。
物差しとして見る事ができるかもしれないですね。

今回の安田記念では、世代交代と言うよりも、先に挙げた馬の限界を見たような気がします。
少なくとも、来年以降の安田記念での上積み・好走は望めないのでは・・・。



1着のリアルインパクト。ブログ記事の最後に付け加えるか悩んだんだけども
この馬やコティリオンのNHKマイルCの走りは
距離延長でも十分に力を発揮できるものだったと考えています。
なので、秋以降の中距離で・・・と思って押さえませんでした(´・ω・`)

2着のストロングリターンは、そもそも京王杯SCを直結しないレースと定義した時点で眼中になし。
ですが、拾える点としては、ハイペースのシンボリクリスエス産駒だったことですかねぇ・・・。


両者に共通するキーワードは「中距離」なんですよね。
ストロングリターンは、ただの短距離馬じゃありませんでした。
このレースの性質として「中距離馬が好走しやすい」という大前提があったのに
短距離実績馬のジョーカプチーノのほうを高く評価してしまったのは失敗でした。
また、リーチザクラウン、ライブコンサートに穴を期待するよりは、別路線組だったのでしょうか・・・。



1番人気のアパパネは+8kgの時点で、あぁこりゃ飛ぶ可能性が高いなと思ったんですけど
果たしてその通りに。あれだけの激走で、中2週で、調教軽く、馬体重増ときたら、そら飛ぶパターンですよね。
キンカメ産駒は揉まれ弱い産駒が多いので、この馬にとっては内枠というのもプレッシャーだったかも。
元々、ここはおまけみたいなものですし、2.2倍はちょっと見合ってないよなぁというのは最後まで感じていました。



◎スマイルジャックは出脚鈍く、あの位置取りになったら外ぶん回す騎乗しかないですよね。
もっと先手をとれていれば、という考えもあるでしょうが、それはそれでまたどうなるかわかりませんし・・・。
少なくとも、あのパターンでは、あの騎乗をせざるを得ない状況でした。
もったいない・・・それだけですかね。来年もアタマは厳しいでしょう(;´Д`)
調教法則もあと何回使えるのかなぁ。



去年の有馬記念@トゥザグローリーとか、今年の安田記念@リアルインパクトとか
(先々が楽しみだなぁ)って感じた馬の絶好の好走を逃してしまうのが悔しいw
その辺り、しーざりこは「持ってない」んでしょうなぁ(´・ω・`)
スポンサーサイト
[ 2011/06/07 22:48 ] レース回顧 | TB(1) | CM(2)
来てくれて調子のってるから言う訳ではないですが、ストロングリターンの力は認めてあげて下さい(笑)

例年レベルのマイル王に相応しいのはこの馬だけだと思います。秋になってもっと走ってくれると思います。リアルインパクトは認めない(笑)

リアルインパクトは中距離なら、ステップレースで前を追いかけて6着凡走→天皇賞秋で3着ドカン、かな?イメージだけども。
[ 2011/06/08 13:10 ] [ 編集 ]
No title
秋になってからじゃないとわかりませんよね~。
今どうこう評価することではないというのが、僕の持論。

[ 2011/06/11 11:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

「武道のリアル」押井守・今野敏
『戦争のリアル』に続く押井守対談本第2弾! 押井守が、作家にして空手道今野塾を主宰する今野敏と、時には冗談を交えながら、武道の本質に切り込んで行きます。 数十年間「少年」をやっている二人の大人...
[2011/06/08 01:47] 粋な提案