スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

皐月賞攻略その3 東京芝2000に繋がりそうなトライアルは?編

その1 下準備編
その2 考察編
その3 東京芝2000に繋がりそうなトライアルは?編
その4 若葉ステークス編


今年のトライアルは割りとレベルが高い、という話をこれまでしてきました。
例年通りの中山開催であれば、今年はプレイ、ダノンミル、デボネア辺りを推すのですが
今年は東京開催。よって、頭をスッキリ入れ替えないといけないなーと思ってます。
ハイレベルの中でも、東京芝2000に繋がりそうなレースで好走した馬を重視していきます。


その2でも触れたように、東京コースに替わることで「上がりで速いラップを持続できる能力」が求められます。
ラップ的に近いのは、スプリングSや共同通信杯でしょうか。
共同通信杯 13.1-11.5-12.2-12.4-12.4-12.5-11.3-11.1-12.0 (36.8-37.3-34.4)
スプリングS  12.4-11.1-11.5-12.0-12.5-12.1-11.2-11.3-12.3 (35.0-36.6-34.8)

共同通信杯はテン・中盤が緩くて、上がりが速いラップで、逃げ・先行馬に有利です。
後者は距離延長向きですが、クラスが上がって中盤が締まるとキツくなります。
新馬をものすごい末脚で勝った馬が、重賞で惨敗するイメージです。オーシャンエイプスとかね・・・。

前有利の流れを差しきったナカヤマナイトの瞬発力は一級品ですが
(36.0-37.0-34.4)の流れだった百日草特別では、0.4秒差2着。
共同通信杯はこれより楽な流れだったわけで、皐月賞がG3並の楽な流れになるとは
ちょっと考えづらいです。中盤が締まった時にどうなるでしょうか。

逆にベルシャザールは共同通信杯0.3秒差4着→スプリングS0.1秒差2着と内容良化。
(36.4-38.6-34.3)の萩Sでも切れ負けしたように
この馬は中盤緩んで急加速という流れは好まないのかもしれません。
比較的タフな流れになればこちらのほうが上かも。
ただ、重馬場の京都、中山、阪神で連対しているので、開幕週の東京芝がやや不安。
あとは前走が勝負仕上げっぽいので、体重がどこまで戻せているか。


一方、スプリングSは古馬1000万並の中盤ラップ。
1週前の1000万と同日のフラワーCもほぼ似た流れで
後方にいた馬に有利だったことを考えると
前々で捌いたベルシャザールの0.1秒差2着は立派。
開幕週ということを考えると、差し一辺倒のオルフェーヴルはどうかな?とも思います。
ただ、このレースの好走馬は軽視禁物とは考えています。



続いて、京成杯と弥生賞ですが、こちらは今年の皐月賞向きかと言われると、ちょっと微妙。
例年の皐月賞であれば、繋がりそうなんですけどねぇ。
京成杯 12.6-11.0-12.4-12.0-12.3-11.9-12.1-12.1-12.1-12.4 (36.0-48.3-36.6)
弥生賞 12.8-11.3-12.2-12.8-12.6-12.4-12.2-11.8-11.2-11.7 (36.3-50.0-34.7)

全般的に淀みなく流れて上がりのかかった京成杯と、やや上がりに偏った弥生賞。
前者は01年の中山金杯並で、後者は03年の皐月賞並と「その1」で触れましたが、あくまでも、中山コースでの比較。
東京コースに必要な「速い上がりラップの持続力」という視点でいくと、また話は別になってきます。
むしろ、中山のような小回りコースで力を発揮するタイプの馬が好走するパターンと考えます。

両レースで好走したプレイやデボネアは、外回りコースでは切れ負けする可能性が高いと思います。
プレイは京成杯3着後の500万・つばき賞(35.0-38.0-35.1)で0.2秒差2着。
胸を張って東京コースに挑むには心細い結果です。
デボネアはまさに小回り向き。残り400まで我慢して、そこからスパートする競馬が好走パターンで
直線長い東京で上手く乗れるかが鍵になりそうです。


勝ち馬のフェイトフルウォーとサダムパテックについてですが
前者はホープフルSでベルシャザール、ナカヤマナイトから3馬身差の3着。
中だるみで前に有利なのはそうですが、差して上がり2位で3着というのはちょっと不満。
後者は東スポ杯でいい競馬をしているので、問題ないかなぁという印象。
内枠得意のフジキセキ産駒だし、この馬自身が馬群を捌けるタイプ。
鞍上の岩田はこのコースでからっきしだけど
捌きは上手いので、うまく内を突いてくるんじゃないかと。



若葉S組のダノンミル、カフナについてはかなり好内容であったと認識しています。
12.2-10.9-12.2-12.1-12.1-12.2-11.9-11.6-11.5-12.4 (59.5-59.6)
このペースでありながら、ラスト3F→2Fで11.6→11.5とラップを並べて先行押し切りは立派。
さすがにラストはへばってましたが、このペースなら仕方のないこと。
東京コースならもっと楽にレースが進められるのではないかと考えます。
余談ですが、このレースぶりだと距離延長より距離短縮のほうが良さそうですよね。



ここまでざーっと触れてみました。
割といい線いってるベルシャザールの人気が低いんですよね。
6枠11番というのも影響してそうですが。まずは、土曜日のレースを見てからですね。

土日が仕事なので、予想する時間がかなり限られてしまいますが、なんとか頑張ります。
あと眠いっすw
スポンサーサイト
[ 2011/04/22 23:30 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL