スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

皐月賞攻略その1 下準備編

その1 下準備編
その2 考察編
その3 東京芝2000に繋がりそうなトライアルは?編
その4 若葉ステークス編


8日間の出張から戻りましたー・・・疲れたorz
今週末は仕事。空いた時間が限られているのでささっとやりたいですね、ささっと・・・。


今回は、まず京成杯・弥生賞・スプリングSを過去のレース等と照らし合わせて
おおざっぱにどのようなレースだったのかを見てみることに。
あくまでも下準備的な意味合いが強いので、詳細な分析は明日以降。
下手したら事前の評価がひっくり返るかもしれんので、ご了承下さい。

まずは京成杯から。(重・不良は除く。以下同)

京成

なかなか近年の京成杯では見られない流れで、比較対象が10年前の中山金杯になりました。
もちろん、当時と今では馬場状態が大きく異なるので、単純な比較は危険でしょうが
3歳のこの時期に古馬重賞並みかそれ以上の内容のレースを演じたことは価値があるのではないかと思います。
まぁ、この金杯は8人気→10人気→11人気の軽ハンデ馬決着だったので、そもそものレベルに疑問アリかもしれませんが・・・。



続いて、弥生賞。
弥生賞

こちらは2003年の皐月賞が比較対象。
違いは急加速する地点(=仕掛け所)で、03年皐月賞はラスト4F→3F。11年弥生賞はラスト3F→2F。
1400m通過までは、ほとんど同じラップを刻んでいます。

単純に考えると
仕掛け所が早い→先行馬がキツくなる→差し馬有利
仕掛け所が遅い→差し馬が届きにくくなる→先行馬有利

だと思うんですよね。となると、今年の狙い目はデボネアということになりますか。
大外ぶん回したショウナンマイティが出てきたら、間違いなく買うんだけどなぁ・・・w



ラストはスプリングSで、こちらは今年の阪神芝1800のレース(1000万クラス以上)と比較してみました。
スプリングラップ

AとBはコースの違いです。
こちらは1週前の1000万下と同日のフラワーCが比較対象になるでしょうか。
さきほどの考え方でいくと、仕掛け所が遅い1000万下のほうは先行馬有利。
仕掛け所が早いスプリングSは差し馬有利、となるでしょうか。

ちなみに、1000万のほうはこのビハインドを跳ね除けて0.1秒差2着
0.2秒差3着に好走した差し馬が次走でも馬券にからみました。
スプリングSのほうは、先行して4角先頭のグランプリボスがNZTで0.2秒差3着でしたが
先行→好位で0.6秒差5着だったエイシンオスマンがNZTでは逆転の1着。
フラワーCは差し馬有利の展開でしたが、差して1・2着のトレンドハンター・ハブルバブルは
桜花賞で0.2秒差3着・0.7秒差6着と好走の範囲。

単純に、スプリングSとフラワーCが古馬1000下並みのレース内容で
そこで好走した馬は同世代と比べても力量上位である、ということかもしれません。



ということで、時間がない中さらっと目立ったレースに触れました。
単純比較ではありますが、京成杯が古馬重賞並、弥生賞が皐月賞並、スプリングSが古馬1000万並という
レベルの高いステップレースになった今年の3歳牡馬クラシック。
ちなみに、若葉Sもハイレベルだったと見ています。

難しいのは東京芝2000で行われる点。前例がほとんど無いので、何を重視すれば良いのか・・・。
ただ、過去の東京芝2000の重賞やオープンを見てみると、その時点で力量上位と思われる馬が
そのまま実力を出し切って勝利、というレースが多いように思います。
問題は開幕週の芝という点ですが・・・今のところは、レベルの高いレースで好走した馬を素直に信頼
というスタンスで良いかなぁと考えています。そういう馬がうじゃうじゃいたら、それはそれで困っちゃいますけどね(;´∀`)


ちなみに、2003年以降の東京芝で4月開幕週の枠順別成績は、全体で見ると内枠有利とは限らず、むしろ中枠が好調。
ただし、東京芝2000に限ると1・2枠有利という結果が出てきます。(あと何故か7枠が好調w)
土曜日や当日のレースを見てその辺りは判断したいですね。
スポンサーサイト
[ 2011/04/21 00:33 ] 競馬 | TB(0) | CM(2)
皐月賞の本命は、デボネアにします。
7枠が好調とは心強い限りです。
[ 2011/04/21 21:17 ] [ 編集 ]
デボアネも良いんですよねぇ・・・迷いますw
POG指名している馬なので、頑張ってもらいたいです!
[ 2011/04/21 23:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL