スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 阪神11R 桜花賞◎マルセリーナ

◎マルセリーナ
○ホエールキャプチャ
△デルマドゥルガー
△スピードリッパー
△メデタシ


これまでの桜花賞攻略記事、詳細な分析はこちらから。
その1 フィリーズレビュー組
その2 クイーンカップ組
その3 チューリップ賞組
その4 フラワーカップ組他
その5 阪神JF他まとめ


2010年の阪神JFや今年のチューリップ賞を見ると、去年時点での2歳勢力は
そこまでレベルが高くなさそうであると考えます。
過去の流れと照らし合わせてみると、内容は薄く、桜花賞では苦戦すると見ています。

他のトライアル組では、震災の影響でフィリーズレビューが1週延期、アネモネSが中止
フラワーCが阪神での開催となりました。
これらのレースへ出走を決めていた陣営は、調整に頭を悩まされたかもしれません。
また、例年より間隔が詰まっています。今年4走目という馬もいます。
これら順調でなかったトライアル組より、震災の影響を受けずに調整できた馬を重視しました。


◎マルセリーナの勝ったエルフィンSは、記事の「その4」でまとめたように
過去と比べるとレベルが高かったレースだと見ています。
ましてこの馬はデビュー2戦目でシンザン記念に出走し、レッドデイヴィス、オルフェーブルの
2頭に続く3着。この2頭の重賞での活躍は言うまでもありません。
ハイレベルのエルフィンSからやや間隔を空け、十分に調整できています。
CWの追い切り時計もかなり良化しています。
既存2歳勢力に十分対抗できる素材です。

○ホエールキャプチャはマイルの適性が非常に高そうです。
クイーンCの抜け出しは見事で、直線長いコースでも十分に渡り合える瞬発力と
脚の持続力を見せました。不安は外枠です。

△デルマドゥルガーは直線長いコース向き。
タフな流れで突っ込んでくるかもしれません。ここは仕上げてきましたね。

△スピードリッパーも前走はフィリーズレビューで2着でしたが
フェアリーSの内容が良かったです。距離は延びたほうがいいタイプでしょう。

△メデタシの成長力にはビックリしました。実力では一枚下がるかも知れませんが
チューリップ賞時と比べると、格段に栗東坂路の数字が良いです。
あれだけの時計を出しながら、大幅には馬体が減っていないことも
好調子を示しているのではないでしょうか。


ダンスファンタジアはよっぽど上手く乗らないと難しいと思い、消しました。
トレンドハンターはフラワーCが派手な勝ち方でしたが
上がりがかかった恩恵がありそうです。あぁいう流れでは見た目のインパクトは鮮やかですが
上がりがかからないと差してこれないタイプの馬が多いですね。
マイネルハーティーのNZTなんてパッと浮かびましたけど。


結構、思い切った取捨選択をしているので、ここまで絞りました。
馬券の買い方が難しいですね・・・△の馬が突っ込んできてくれれば配当は良くなるんですけどね。
単勝◎、馬連◎ながし辺りは当然考えていますが・・・。
スポンサーサイト
[ 2011/04/10 15:03 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL