スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

競馬予想 土曜阪神10R 毎日杯

土曜阪神10R 毎日杯
11アプレザンレーヴ
8ストロングリターン
14アイアンルック
7ミッキーパンプキン
5オオトリオウジャ
×10ワイドサファイア
×6スリーロールス
×3シルクダンディー


去年の◎はディープスカイ。狙えた理由は「安定して高いレベルの末脚を発揮している」こと。
阪神芝1800m(外回りコース)は瞬発力勝負になりやすく
メンバー中最速の上がりを出した馬が馬券にからみやすいレースが多いです。
33秒~34秒台の勝負になることもざらにあります。
今年も積極的な逃げ馬はいないので、スローの上がり勝負になると思われます。


◎アプレザンレーヴの前走はラスト3Fが11.5-11.2-11.7の34.4秒。
東京競馬場によくある、直線だけの競馬といっておかしくなく、瞬発力が問われる内容。
このレースで◎アプレザンレーヴの上がり3Fは33.8秒、しかも3馬身差の圧勝でした。
2着に下したピサノカルティエはすぐに500万下を勝ち上がり
3着に下したネオレボリューションも次走の500万下で0.2秒差の3着に食い込みます。
レベルの高さは疑いのないものかと思います。


実はディープスカイも似たような経験をしています。
東京マイルの500万下で、ラスト3Fが11.3-11.4-11.8の34.5秒。
このレースを上がり3F33.4秒の鬼脚でクビ差の2着に迫ります。
その後、アーリントンC3着(上がり34.1秒)→毎日杯1着(上がり34.8秒)以降、G1戦線へと続きます。


アプレザンレーヴの場合、上がりの速さはディープスカイに及びませんが
3馬身差をつけての勝利は価値があるものと思います。
アプレザンレーヴを後押しするデータをここで紹介します。
過去10年で3歳500万下のレースで0.5秒以上差をつけて勝った馬の次走成績は
芝 17-12-4-48 勝率21.0% 連対率35.8% 複勝率40.7%
やはり、これほどの差をつけるということは、能力が抜けていることの証明ではないでしょうか。


そして、以下の表はクラス別の成績です。
クラス別成績勝率連対率複勝率
500万下
1-1-0-0
50.0%100.0%100.0%
1000万下
6-4-2-21
18.2%30.3%36.4%
OPEN特別
1-4-1-7
7.7%38.5%46.2%
G3
6-3-0-8
35.3%52.9%52.9%
G2
3-0-1-7
27.3%27.3%36.4%
G1
0-0-0-5
0.0%0.0%0.0%


さすがにG1では厳しいですが、他ではどの項目でも安定して複勝圏内に食い込んでいますね。
オープンの勝率だけ低いのが気になりますが、他方G3の数字は傑出しています。
長くなりましたが、こんな感じで本命はアプレザンレーヴにしました。


同様の理由で、「安定して高いレベルの末脚を発揮している」馬を中心に印をとりました。
○ストロングリターン、△オオトリオウジャ、×ワイドサファイアはこの理由です。
▲アイアンルックもまだまだ力を秘めていそう。
穴っぽいところで、×シルクダンディー、×スリーロールス。
△ミッキーパンプキンはすっと先行できるとしぶとい一頭です。


馬券は三連単で勝負します。
11→5,7,8,14→3,5,6,7,8,10,14 24点
7,8,14→11→3,5,6,7,8,10,14  18点


あるいは、馬連で◎-○▲△もいいかもしれません。
当日決めます。
スポンサーサイト
[ 2009/03/27 21:25 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(2)
No title
去年のディープスカイの制した毎日杯は圧巻でしたね。
勝ちっぷりもそうですが1.46.0のタイムを見た時吹いたのを覚えています。

この世代最後(?)の大物であるアプレザンレーヴが重賞初挑戦ですね。
ここをすんなり勝つとますます牡馬クラシックが面白くなりそうですね。
(馬券的には悩むことになろうとは思いますが・・・)

この毎日杯を制した馬がNHKMCに挑戦すると今のところ全勝なんですよね。
(タイキフォーチュン、クロフネ、キングカメハメハ、ディープスカイ)
でもこの馬の場合はダービー向きかな・・・。

リンクの件ありがとうございました!
今後ともよろしくお願いします。
[ 2009/03/28 00:41 ] [ 編集 ]
No title
まさか、あそこまでの馬になるとは当時思ってもいませんでした>ディープスカイ
NHKマイルCは本命にしようと思ってたのですがw

ブレイクバレッサさんの情報に基づくと
ダブルウェッジ辺りがここを制すると、マイルCへの道も大きく拓けるのかな?
マイネルラヴ産駒だし、スタミナタイプだと思うので、今回は思い切って見送りますが・・・。

アプレザンレーヴはダービーで面白そうですよね。
何にせよ、ここと次の結果次第でダービーでも食い込めるのかな、と。
でも、なんだか父と同じような戦績を歩みそうな気がしてますw
[ 2009/03/28 00:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL