スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 阪神11R・高松宮記念 ◎レッドスパーダ

◎レッドスパーダ
○スプリングソング
▲サンカルロ
△キンシャサノキセキ
△ジョーカプチーノ
△エーシンフォワード
△ワンカラット
×2,6,13


本命はキンシャサやサンカルロで迷ったけど、もう迷うことなし。
阪神芝は米国血統と内枠の馬が走る。
◎レッドスパーダはタイキシャトル×Storm Catで1枠1番。
アタマまで、とは言わないが、馬券圏内は濃厚ではないだろうか。
前走の内容もキンシャサ、ダッシャー相手に食い下がったし
あのペースで2番手追走3着なら、ここでも。

△キンシャサノキセキは前走の59kgで出遅れて2着というのが
トライアルの割りに消耗が激しかったのではないか。その点が不安。
普段よりセーブした調教の割りに-10kgでは、軸にはできない。

同じく58kgで出遅れて上がり32.6秒で1着(馬体重+10kg)だった△ジョーカプチーノも
これまでと比べると、坂路のタイムが今一つ。
後傾ラップのシルクロードSは本番に直結しないことが多く・・・こちらも軸にはしなかった。

×ダッシャーゴーゴーも坂路のタイムこの馬らしくなくかかっていて
今日の馬場で外枠というのは不安大。

有力3頭が不安を抱えていると自分は見たので、その他の馬から高配当を狙ってみたい。



この阪神開催では短距離ほど、距離短縮の馬が好走している傾向が出ている。
○スプリングソングは距離短縮で3-0-1-1、▲サンカルロは距離短縮で2-1-2-2
2頭とも高い適性を持っているし、内目の枠。
外のダッシャーやエーシン、ワンカラットより優位に進められるはず。

スプリングソングは3歳時にセントウルSに出走し、33.5-33.8のペースで逃げて3着がある。
差し馬優位だった京阪杯を2番手から押し切った内容もあるし、セントウルS以来の阪神芝1200。
力を増強した今なら通用してもおかしくない。

サンカルロは上がりがかからないとダメな馬だったが
33.3-34.1のスプリンターズSでの0.3秒差は評価できる。
阪神芝1200はペースのわりにあまり上がりがかからないことが多いが
展開次第では十分勝負圏内。


あとは三連複のヒモとして。血統や枠を重視して。

×ショウナンアルバの母父はNureyev系のGreat Commotion
米国系のノーザンダンサー系がよく走っているので、一応押さえる。

×アーバニティの母父はRaise a Native系のAffirmed
サンデー×米国血統なので押さえる。

△エーシンフォワードは父Forest Wildcat、母父Cure the Bluesでガチガチの米国血統。
ただ、この馬自身は内枠のほうが成績がよく、マイルCSのように岩田が上手く乗れば
上位もあると思うが・・・阪神芝1200では難しいか。

△ワンカラットも当然、有力の1頭だが外枠。上手く流れに乗れれば・・・。
距離短縮で1-2-1-1というのは心強い。


馬券は◎○▲のワイドBOXに、三連複フォーメーション◎○▲-◎○▲-印(22点)


あくまでも穴狙い。あくまでも。あくm
スポンサーサイト
[ 2011/03/27 15:14 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL