スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダノンカモンに期待してしまうのですが。

先週は結局いつも通りの週末でした(´・ω:;.:...


まずは土曜日のレースから。
クロッカスS(予想エントリはこちら)
◎アタッキングゾーンは直線ずるずる後退で9人気10着。
なんにも見所なかったなw


続いてシルクロードS(予想エントリはこちら)
1着○ジョーカプチーノ
2着**アーバニティ
3着▲モルトグランデ
4着**セイコーライコウ
5着△シンボリグラン
9着◎ジェイケイセラヴィ

ジョーカプが出遅れて前後半34.8-33.4という流れに。
これを上がり32.6で差しきったジョーカプはもちろん強いけど
2着にアーバニティが来るとはねぇ・・・。
この馬、マンハッタンカフェ産駒らしく、鮮度に敏感なタイプ。
1600万→オーシャンSと連勝した時も初の芝1200→初重賞、ってパターンだったし。
今回で言えば、4戦ぶりで半年ぶりの芝1200が効いた?
ずっと僅差で走ってきてはいる馬だったし、狙えたか。

◎ジェイケイは4角あたりまで良い感じだったんだけどなぁ。
ただ、このレースは後傾でスプリントっぽくない性質だったし
どの馬も、必ずしも着順通りの評価に当たらないと思うんですわ。

去年も34.4-33.7って流れで、2番手追走のアルティマトゥーレが勝ったけど
本番は33.5-35.1って流れで、伸びきれず。
今年は馬場傾向もあって差し馬が上位独占だけど、本番ではどうかなぁ?



で、日曜日のレース。
1Rの3歳未勝利(予想エントリはこちら)
1着◎サトノデートナ
2着**グランデアトレ
3着△トーアクリスタル
4着▲トウショウジャック

これは◎サトノデートナに相当な自信があって(と言っても単勝も1.3倍でねw)
1着固定で○▲相手に三連単を張ってたんだけど、78.6倍の馬に2着粘られ・・・。
1・3・4着(´・ω・`) これ取れてりゃ、だいぶ楽だったんだが。


続いて、京都9Rの春日特別(予想エントリはこちら)
1着**ダノンスパシーバ
2着×セイクリッドセブン
3着△コンカラン
4着**エイシンサクセス
5着△トウカイオーロラ
6着◎サクラエルドール
7着○ステージプレゼンス

ここも◎サクラエルドールのアタマで堅いだろと思ってたんだけどなぁ。
スローはスローでも、ラスト5Fが13.0-12.2-11.3-11.5-11.4
3ハロンだけの競馬ではなく、4ハロン勝負になってしまった。
んだから、CWでマツパク厩舎の勝負調教に該当してたセイクリッドセブンとか
オペラハウス×ブライアンズタイムっちゅう血統のエイシンサクセスが上位にきたのかなぁ。

そもそも、ここはハナに立ちたい馬が3頭いるから、ちょっとは流れるんじゃないか?
と思ったところ、素直に単騎逃げで1000mが62.0とかなっちゃうから、その時点でちょっとね。
ダノンはペース上がると脆そうでバッサリいったんだけど、まぁ1着っていう。



こっからメインレース(予想エントリはこちら)
まず、小倉の帆柱山特別。
1着**ストロングポイント
2着**コクトー
3着○ステラーホープ
4着△シンコープリンス
5着△コリコパット
6着◎ニホンピログッデン

13頭立てで切った5頭のうち2頭がワンツーとか。流れは想定ドンピシャなのになぁ。
そもそも、ニホンピログッデンがコケるとは思わなかった。
持ち時計でもコース面でも、3着内は堅いと思ってたよ(;^ω^)



根岸Sはこんな感じ。
1着△セイクリムズン
2着◎ダノンカモン
3着△ダイショウジェット
4着△エーシンクールディ
5着△ティアップワイルド
8着○ケイアイガーベラ

ケイアイを相手に選んでしまった俺に、誰か土曜日に戻って忠告してくれww
セイクリムズン相手ならふつーに三連単とれてるがな!!
三連複ですら121.1倍・・・もったいねぇぇぇ。
3着ダイショウジェットを拾えてるだけにねぇ・・・。

本番を展望するとしたら、俺はやっぱりダノンカモンに期待してしまいそうだよ(´・ω・`)
延長ローテより短縮or同距離がいい馬なんだけどね。地雷でしょうか・・・。
ダイショウジェットが3着で3馬身差ついたということは
本番で勝負になるのは1・2着馬までって感じがするんですけどね。
やっぱダノンカモンだよ。他のアメリカ血統が沈む中、2着だもん。
カモン!って感じで一つお願いします、えぇ。


スポンサーサイト
[ 2011/02/02 22:46 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL