スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 中山11RジャニュアリーS 京都11Rシンザン記念

中山ダートでは今週も凍結防止剤は使用せず。
この凍結防止剤、なんとも厄介な存在ですなぁ・・・。
今まで、これを使うと時計がかかると思っていたんですが
(むしろ、ダートはほとんど買ってなかったから、意識したことがなかったw)
使った週と使っていない週を比較してみると
防止剤を使ったほうが時計が出ているんですよね。正月競馬もそうでした。

なので、今週は12/18~12/26よりも時計がかかる
という認識で予想していきたいと思います。


ジャニュアリーS
◎ファイナルスコアー
○マハーバリプラム
▲ティアップワイルド
△セントラルコースト
△ニシノコンサフォス
△ツクバホクトオー
×ガブリン



ここはハナを主張する馬が2~3頭いるだろうし、前半は33秒台が濃厚。
1分10秒台で決着するのでは?と見ています。

◎ファイナルスコアーはダート1200m戦において、前後半が33秒台-36秒台以上という流れが好走パターン。
また、走破時計は安定して1分10秒台後半から11秒台前半で
中山ダート1200では4-5-1-2と好成績。まさに今の馬場状態がピッタリ。
凡戦続き→得意コース替わりで激走のパターンにも要注意。オープン入り後は結果が出ていないが
いずれも勝ち時計が1分10秒台前半で、この馬にはもう少し時計がかかったほうが良いか。
外枠有利のこのコースで、ブリンカー着用の大外枠なら馬券圏内があっても。

○マハーバリプラムは1分10秒台が走破時計で、前走カペラSの勝ち時計1:09.7から0.4秒差は
この馬なりに走っていると見て良さそう。カペラSより時計はかかると見て
そうなると、この馬の馬券圏内が期待できそう。
前走時より1kgもらって、やや苦しいかもしれないが、カペラS好走馬を下した経験があるし
このメンバーなら実力は見劣らない。

▲ティアップワイルドの前走は、距離短縮・外枠・厳しい流れと
ワイルドラッシュ産駒好走の条件がピッタリとハマった印象。
ここでも当然、有力馬の1頭になりえる。

ワイド ◎-○▲
三連複フォーメーション ◎-○▲-印
三連複1頭軸 ◎から印



シンザン記念は去年、10番人気セレスロンディーに本命を打って3着。
その当時から、1年後の自分のためにシンザン記念メモを残しておいたので
それを参考にして・・・(笑)

◎アドマイヤサガス
○ドナウブルー
△2,4,7,10,13,14,16



ここ数年のシンザン記念のトレンドはSS系×ミスプロ系の組み合わせ
それと、やっぱり内枠が良し。この条件に当てはまるのは、◎アドマイヤサガス。
状況はほとんどデイリー杯と同じで、ここでも好走は期待できそう。
○ドナウブルーは僕の使う単語でいうところの「総合力に長けた馬」
新馬は46.5-48.1の流れを先行押し切り、2戦目の白菊賞は49.9-46.9の流れを差しきり勝ち。
同じ京都芝1600内のレースでありながら、対極の流れとなったこの2戦を
普通であればビハインドになるレース運びで完勝したということは、力があるということ。
2歳の時期にこれだけの競馬ができるなら、重賞でも当然勝ち負けと思います。
ホエールキャプチャとかアニメイトバイオがいい例かな。

あとは3歳重賞ということもあって、穴っぽいところも含め手広く三連ヒモでピックアップ。
過去10年で2着止まりの二桁馬番にドナウブルーが入ったので
◎アドマイヤサガス頭を重視。

単勝 ◎
三連単フォーメーション ◎→○⇔△
三連単フォーメーション ○→◎→△
スポンサーサイト
[ 2011/01/09 00:28 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL