スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

えっ?ここがゴールじゃないんですか!? その2

まさか、このタイトルでエントリを記し日が一ヵ月後に来るとは・・・
この時(エントリ参照)思っていなかったはずw



1着▲ヴィクトワールピサ
2着○ブエナビスタ
3着--トゥザグローリー
4着△ペルーサ
5着△トーセンジョーダン
6着◎ルーラーシップ


予想エントリでは、ブエナビスタに肉薄できそうな馬は
・JCでまぁまぁ見所のあった馬
・ブエナビスタとは対戦のない未知の魅力を秘めた馬

こんな感じでまとめてました。
果たして、上位を独占したのはこれに当てはまる馬ばかりで・・・。


そんな中で、トゥザグローリーは痛恨!
というのもこの馬、ちょっと前のニコ生を聴いてた少数の人は覚えてるかもしれんけど
中日新聞杯勝利のラップがかなり異常で、相当強い競馬だったって評価してて
有馬記念の直前検討会では「来年、追っかけたい」なんて言ってたんだけども・・・。


スローならトゥザグローリー、上がりかかるならルーラーシップと思って
今回はルーラーを選択してしまった・・・定石通りでスローのトゥザグローリーで良かったのか・・・。
前走と似たような流れだったし、このような流れならトゥザグローリーは強いんだね。
買い時を逃しちゃったなぁ(´・ω・`)


勝ったヴィクトワールピサも前走と同じような流れで、同じような競馬。
距離の不安はあったけれども、この流れで中山だったらギリギリ凌げた。
しかしね。有馬記念2番人気でこの騎乗ができるデムーロはすんごいわ。
なかなか動けないよ、こんなの。長く良い脚を使えるピサの実力を信じて乗ったデムーロだったね。


ブエナビスタに関しては、これはもうスミヨン騎乗の時点で仕方ないよ。
ノリちゃんだったら・・・なんて、それはそれでまた展開も変わってくるだろうし。
東京コースなら文句なしに1着固定だけど、他のコースではまだ紛れそう。
来年はどうするんだろう。再度の古馬三冠を目指すのかな?


ペルーサはもうこれで良いだろw
古馬相手ではもう一押しが足りない! この結論に落ち着くと思う、今の時点では。
その一押しを埋めるには、もっと上がりのかかる流れが必要かな。
東京コースですら速い上がりで厳しかったのに、中山で上がり3F34.6はかわいそう。
どうしても瞬発力勝負では分が悪いから・・・オールカマーとかでどうよ?w


ルーラーシップも頑張ったけど、やっぱペースが上がったところでついていけなくて
モタついて、ってのがあったかな。ここは前走でも兆候があって、懸念してたんだけど・・・。
まぁ、この流れじゃこの馬はちょっと厳しい。けど、来年は楽しみかな。



やっぱり展開を読み違えたのが一番痛い。スローは見え見えだったけど
スムーズに落ち着くかと思うと、そうとは思えなくて。
結局、裏読みが外れて馬券も外れてっていう、今年何度目かのパターン(´・ω・`)
JCと同じく、ブエナビスタの相手選びは大枠では間違っていないのに
対象を違えてしまってるのが、もったいないなぁ。

しかし、配当安いねw
トゥザグローリーから入った人は泣いてるだろ、これww


2010年のまとめは近日中に!
結果?回収率70%切りは食い止めたよ(;^ω^)
スポンサーサイト
[ 2010/12/26 20:23 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL