スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有馬記念 出走メンバー分析 的ななにか

今年の有馬記念、良いメンバーですね~。
正直、わかんねー!とパッと見で思ってしまいましたw
このような時ほど、冷静に分析をしなくてはいけない、と思います。
幸いにも、今年の構図はわりとわかりやすいので
今回もJCやJCDの時のように、分析してみます。



JCの時の私の見立てはブエナビスタ・ナカヤマフェスタvs3歳馬vs外国馬
ブエナビスタに先着できそうな既存勢力はナカヤマフェスタくらいで
あとは、3歳馬が相手だろうと、読んでいました。
そして、その通りの結果に。
(ただし、読みは当たってたけど、3歳馬の相手を違えて的中ならず・・・)


今回は東京から中山に舞台が替わるわけですが、今回の構図はこんな感じ
ブエナビスタvsJC組vs古馬別路線組vs3歳馬
JC以前のレースを考えても、JCの結果を考えても
やっぱりブエナビスタの相手になる馬は限られてきそう
特に古馬は厳しいでしょう。ベルーガもオウケンも徹底後方タイプ(?)だし。
中山替わりもプラスとは思えません。


古馬別路線組は以下の通り
ジャミール、トーセンジョーダン、ドリームジャーニー
ネヴァブション、フォゲッタブル、レッドディザイア。
どうかなぁ~・・・w
今までの自分ならネヴァブションに飛びつきたくなるところですが
この馬はあくまでもラップの起伏が少なく、淡々と流れるペースが得意な馬
なんじゃないかなぁ、という気がしなくもない・・・。でも、日経賞勝ってるしなぁw
前走差し→今回逃げ・先行っていうのが激走パターンなので、今回は怖いっちゃ怖いんですが。


で、3歳馬でJCを使っていないのは以下の通り
ダノンシャンティ、トゥザグローリー、ルーラーシップ
ダノンは厳しいと思いますが、グローリーとルーラーはどうでしょうか。
この2頭、なんだか対照的な関係にあるような。

グローリーの中日新聞杯は高い評価を与えて良いと思いますが
有馬記念で好走できる下地があるかというと、ちょっと微妙か。
キンカメ×サンデーの組み合わせではちょっと軽いのかな?なんて思ったりも。
同じキンカメでも母父トニービンのルーラーのほうが向きそう。
勝負どころでモタつく点がありますが、上がりがかかると突っ込んでくるのはこの馬かも。
器用さのあるグローリーと、タフなルーラー。
適性の向くレースもあまり似てなくて、面白い存在です。


ということで、ここでもブエナに対抗できそうなのは3歳馬なんですよねぇ・・・。
さすがに3歳馬を買いかぶりすぎ?
ただ、そのブエナも磐石とは言えないわけで・・・調教がちょっと軽すぎるんですよねぇ。
CWで84.0秒以下の時計、っちゅうのがマツパク厩舎の勝負調教で
これまでブエナもエリ女以外ではクリアしてきました
(ちなみに、エリ女は重で一杯に追われて85.3)
ブエナの場合、最終追いきりだけでなく、中間でも84.0秒以下の時計を記録していました。

それが今回は重で仕掛けで86.5。中間も87.2、87.2、89.8と軽い時計が並びます。
ラスト1Fが11.6だから問題ないのかもしれませんが
タフな中山芝2500コースを乗り切るためには、こんなに軽くて大丈夫?と思ってしまいました。

調教に関して言えば、ドリームジャーニーも同じです。
この馬はCWと坂路を併用して調教するのがプラスと思うのですが
ここずっと、坂路単一調教に切り替わっています。
脚元がちょっと心許ないようなので、あまり負荷をかけられないのかもしれませんが・・・。
しっかり負荷をかけたほうがいいタイプだし、コースも坂路単一調教には向いていないので
アタマまではどうかなぁ、といったところ。

レッドディザイアもアメリカ遠征後、初めて記録に残る時計を出したのが12/12でレースの2週間前。
そこから坂路で4本(馬ナリ3:一杯1)ですから、やっぱり軽い。
ヴィクトリアマイルの時ほど、とは言いませんが。
この馬もしっかり負荷をかけたほうが良さそうなので、不安があります。
一杯でビシビシ追う松永幹夫厩舎ですし、一杯にやれないのは
何か理由があるのかなぁ、と深読みしてしまったり。


でもまぁ、調教云々いっても、強い馬は好走しちゃうので、杞憂に終わる可能性もあります(;´∀`)
枠順というファクターもありますし、今の段階では結論は出さずにしておきます。当たり前かw
スポンサーサイト
[ 2010/12/22 22:10 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL