スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今年の京王杯は直結しなさそう?

さて、京王杯2歳Sのコツです。

イメージとしては、上がりのかかる流れを先行して踏ん張った馬。
テンが緩く、テンと上がりの3Fの差が1秒近くもあるような年の
上位陣はちょっと疑ってかかっていいかもしれません。

前者の例としては、07年のレッツゴーキリシマ。
35.0-35.5の流れで、1・2着馬の通過は9-9と9-10
レッツゴーキリシマは通過1-2で0.3秒差の3着でした。
本番では3番枠を引けたのも良かったですね。
ちなみに、4着馬は14-14、5着馬は8-6で、他に先行した馬では6着にようやく4-4の馬が出てきますが
着差は0.8秒と離されていました。

06年も似たような流れ(35.1-35.6)でしたが、1・2着馬は通過が2-2と2-4
しかし、本番ではそれぞれ5着・13着と敗退しています。4番枠・15番枠でした。


後者の例としては、04年(35.4-34.6)や05年(35.9-34.9)、08年(35.4-34.1)が挙げられますが
08年2着のフィフスペトルは本番でも2着しました。
おそらく、ここまでの後傾ラップだと、中山マイルではあまり求められない「瞬発力」が重視
されるレース性質となるのでしょう。
04年はマイネルレコルトが5着から1着へと巻き返しています。


今年の流れは35.1-34.3でした。ラスト3Fは08年の34.1についで速い時計。流れも割りと似ています。
08年 12.4-10.9-12.1-12.1-11.4-11.0-11.7
10年 12.5-10.9-11.7-12.4-11.7-11.0-11.6

テン35秒前後で先行して好走できる馬は評価して良さそうなんです。
03年 35.1秒 先行した1・2着馬が本番で1・3着
06年 35.1秒 前述の通り、5着が最高
07年 35.0秒 逃げ・先行の3着馬が本番で2着
09年 34.6秒 逃げて3着のツルマルジュピターは本番で13着

とはいえ、結局のところ本番の枠が全てを握るとも言えて・・・
03年の1・3着馬はそれぞれ1・2番枠
07年の2着馬は3番枠ですし。

今年はこのレース先行して0.5秒差4着のライステラスが阪神JFで3着してますし
同じく先行してたエーシンブランやオースミイージーは内枠ひいたら面白いかも。

難しいのは上位馬。基本は軽視だけども、フィフスペトルが2着しているのもあるし
京王杯だけで全てを判断するのは危険?
個人的には好走馬より、敗退馬を狙ってみたいかなぁ。
「今年は朝日杯に直結するレースではなさそう」とだけ言っておくことにします(;´Д`)


結局、うまくまとまらなかった(´・ω・`)
スポンサーサイト
[ 2010/12/16 21:44 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL