スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ハーツクライ産駒研究 その2

ちょっと間が空いてしまいましたが、ハーツクライ産駒研究の2回目。
1回目は【こちら】です。
簡単にまとめると・・・
ハーツクライ産駒の買いポイント
・距離延長(特に逃げ・先行できそうな場合)
・揉まれにくい状況(ハイペース。スローを逃げ・先行)
・少頭数

こんなことを挙げてみました。


今回はまず、場所別の成績一覧をご覧いただきます。(11/21現在)
ばしょ

ハーツクライは父サンデーサイレンス×母父トニービンという血統。
この配合のサンデー2世種牡馬といえば、アドマイヤベガが挙がります。
アドマイヤベガ産駒はどちらかと言うと、トニービン(グレイソヴリン)の血が濃く出る
傾向があるようで、それは現役のキャプテンベガにも似たようなことが言えます。
と言うことは、ハーツクライ産駒も似たような傾向が出るのかな?と思ってました。
要は直線長いコースや、底力の要る流れで強い、といった特徴です。

実際は上記の表の通りで、直線の長いコースや外回りコースは成績が芳しくありません。
まぁ、まだサンプルが少ないだけで、今の内からどうこうという問題ではないのかもしれませんが^^;
ただ、底力の要る流れで強い、という特徴は垣間見ることができています。
1回目で挙げた激走レースも上がりがかかるものが多くありましたしね。

個人的には、ハーツクライ産駒は上がりのかかる流れでかなと思っています。
サンデーサイレンス特有の切れ味は削がれてなく、スローでも対応できる
下地はあると思いますが、やはりトニービンの血もあるし
一発かますなら上がりのかかる流れだろうと。


そして、秋の東京・京都の開幕以降、ハーツクライ産駒が勝っていません。
しゅう

現状では、主要4場に限れば中山・阪神>東京・京都
ということは、主要開催場が中山・阪神に替わる12月は狙い目ということも言えるかもしれません。



で、これはまだ調べ途中のものですが、とりあえずハーツクライ産駒全14勝(芝)の最終追い切りを調べてみました。
ちょ

一般的には、牝馬は強い調教に敏感に反応すると言われているので
あまり強い調教はやらないのかもしれませんが
牡馬はしっかり追いきられた馬、牝馬は馬なりで仕上げた馬が1着になっています。


これを裏付けるかもしれないのが、東西・性別での分類。
とーざい

牡馬・セン馬では栗東が優勢で、牝馬では互角の数字になっています。
これは何を示しているのか?
僕の勝手な推測ですが、牡馬はしっかりと負荷をかけた調教が必要であると仮定すれば
この現象を紐解くことができるのかなぁと思います。
坂路に関しては栗東のほうが高い負荷をかけることができます。
先に挙げた牡馬8勝の内5勝は最終追いきりが栗東坂路でした。

また、牝馬に関してはさほど負荷をかけない馬なりの調教でも大丈夫であると仮定すると
それなら美浦の調教施設でも問題ありません。ポリトラックもウッドコースもあります。

ハーツクライ産駒に限ったことではないのかもしれませんが、判断材料の一つになれば幸いです。
時間を見つけて、2・3着馬や人気を裏切った馬の調教も見てみます。


今日はここまで。次回はどんな切り口から迫れるかわかりませんが
まずは、ハーツクライ産駒でしっかり馬券をとりたいですね。今週末で。
他にも、既に生放送で触れてますが、ゼンノロブロイ産駒は面白そうなので、やってみたいなぁ。



2回目をまとめると
・直線長いコースや外回りコースでは狙いづらい(特に東京・京都)
・12月の中山・阪神開催は狙い目?
・牡馬はしっかり負荷をかけた調教。特に栗東所属馬。
・牝馬は馬なりの調教でも大丈夫なので、特に東西は問わない。
スポンサーサイト
[ 2010/11/25 22:10 ] 種牡馬研究 | TB(0) | CM(2)
来年末あたりにウインガー産駒研究やるんですね分かります(^ω^)
[ 2010/11/26 00:32 ] [ 編集 ]
ウインガー産駒がどれだけ走ってるかなーw
どのようなタイプに出るかは楽しみですけどね(;^ω^)
[ 2010/11/27 15:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL