スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想 京都11R 菊花賞

菊花賞の展開は読めません。
ただでさえ長距離は流れが読みにくいのに、まして3歳秋の菊花賞ともなれば
様々な思惑が交錯して、展開について確定的なことは言えないはずです。
最近の重賞は読みどおりの流れになることが少ないですし。

そんな中、スローペースなら絶対的な実績があるけども
底力の要る流れでは未知数なローズキングダムが1番人気。
ダービー2着、神戸新聞杯1着とはいえ、この2戦はいずれも極端なスロー。
上がり3Fだけの競馬で、これでは長距離適性や底力は測れませんし
真の長距離戦となった時に、力を発揮できるかはわかりません。

そのような馬を菊花賞で、しかも1番人気で
軸とできるかと聞かれたら、僕は「NO」です。

今年の菊花賞は上がりのかかる流れと決め撃って予想しました。
スローになってローズキングダムが勝っても仕方ないです。
逆張りして穴狙いしてるわけですから。

ということで、今年「も」例によって穴狙いですw


◎レーヴドリアン
○トウカイメロディ
△ビッグウィーク
△リリエンタール
△コスモラピュタ
×ヒルノダムール
×ネオヴァンドーム
×シルクアーネスト
×ローズキングダム



まず、◎レーヴドリアンについてですが、皆さんご存知の通りに
春はゴール直前で突っ込んでくるようなレースばかりでした。
しかし、京都競馬場では差してきています。
上がり3Fだけの競馬では到底太刀打ちできないんですが
坂を上って下って、その勢いで仕掛ける競馬になると、まだチャンスがあるのかなと。
で、こういうのはあんまり言いたくないんですが、春の乗り方はちょっと酷過ぎです。
スタートでないこともありますが、さすがにあんな騎乗じゃちょっと・・・。

そこで今回の菊花賞、上がりのかかる流れになれば、この馬の持ち味が活きるのではないかと。
決め手は素晴らしいものがありますから、ハマれば勝ち負けできると思うんですよね。
もちろん、流れが向くことが第一条件ですが。


続いて○トウカイメロディは人気馬の中で最も信頼できる馬ではないかと思います。
ここ数戦の充実はもちろんですが、HTB杯のレースぶりを見ると
あの流れを4角先行で押し切るということは、相当底力のある馬だと感じました。
ハンデがあるとはいえ、長距離2戦での完勝もうなづけます。
ウィークポイントは上がりの脚であると思われます。
今回はハナを叩くらしいので、自分でそういう流れを生み出すのでしょうか。
菊花賞を逃げ切るのは至難の業ですので、諸刃の剣?みたいな感じですね。
ただ、そうなるとこの穴予想が生きてくるんですけど。

△ビッグウィークは小倉の2戦が優秀で、前走の3着は決め手のある馬に屈しました。
流れがもう少し向けば、前走くらい走れるのではないかと思います。

△リリエンタールは前走で札幌2000を勝っただけでも価値があるのですが
(夏の札幌で1000万を勝った馬は、秋から活躍するパターン多し)
注目したいのは、前走で負かした馬の次走。
2~5着馬がすべて次走で4頭が馬券に絡んでいます。
これはこのレースのレベルが高かったことを示し
勝ち馬のリリエンタールもある程度のレベルの力を有していることをも
示していると考えられます。上がり勝負では無理でしょうが
流れ次第では好走できないかなぁ、と期待しています。
雨が降って馬場が悪くなればいいでしょうが、そこまでは期待できないようで。

△コスモラピュタは中山2500の1秒差楽勝に目がいきがちですが
前走の習志野特別でよどみない流れを逃げ切った内容は優秀です。
長距離適性プラス底力を兼ね備えており、こちらも展開次第と思います。

馬券は◎レーヴドリアンからは連系、○トウカイメロディからは三連系。
複勝◎
馬連◎-○△
ワイド◎-印(ただし、ヒルノダムールとローズキングダムは除く)
三連複 ○-◎△-◎△×


(おまけ)
東京10R 甲斐路ステークス

昨日の東京中長距離ではタフな欧州血統が穴をあけました。
そこで、ここでは該当する馬をピックアップ。
母父コマンダーインチーフのゴールディーロック
母父Sadler's Wellsのメジロラフィキ
母父ネヴァーベンド系のライオングラス
父パラダイスクリークのブルーマーテル


この4頭と1番人気のエオリアンハープを組み合わせて買おうかなと。
ワイドBOX・三連複BOX・エオリアンハープから1頭軸で三連複。

最近、ほんっと当たらんから、難しいこと考えずにパパッと買ったほうが当たったりしてねw
スポンサーサイト
[ 2010/10/24 12:23 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL