スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

参考書の紹介

ニコニコ生放送では一度触れたことがあるのですが
私しーざりこ、馬券本や予想本を10冊以上持っています。
その中から、役に立った・オススメの本を紹介します。
時折、レース予想・回顧でこれらの本の考え方を引用することがあります。





軸馬の条件 決定的に違うプロの目 (サンケイブックス)軸馬の条件 決定的に違うプロの目 (サンケイブックス)
(2005/11)
川崎 光二

商品詳細を見る

逃げ馬、有力馬から考える展開の読み方
軸・ヒモの選び方、レースレベルの把握など
まだ予想理論が確立できていなかったころの私が影響を受けた一冊です。
考え方としては割と初歩的な内容が多いし、競馬本にしてはしっかり書かれている印象です。





半笑いの馬券術半笑いの馬券術
(2007/10/12)
半笑い

商品詳細を見る

1800mと2000mのレース限定ですが、ラップを前半-中盤-後半に3分割して分析。
中盤が厳しかったレースで頑張った先行馬を評価し、馬券につなげるというのが基本的な理論。
去年の春に出会い、以後は予想の基礎を構築するように。
自分なりにアレンジをしたり、マイル戦にも手を出しています。
考え方としてはアリだと思いますが、この考え方だけでのレース予想には限界が。
あくまでも、ファクターの一つとして捉えることが大事。
ただ「波乱は先行馬から」という考えに至らせてくれたのは、この本かもしれない。





穴馬は走りたがっている 激走馬をみつける真の血統力とは何か (競馬王新書14) (競馬王新書 14)穴馬は走りたがっている 激走馬をみつける真の血統力とは何か (競馬王新書14) (競馬王新書 14)
(2008/09/25)
今井 雅宏

商品詳細を見る

昨年末に出会った血統本。
種牡馬をおおまかに三つのタイプに分け、各種牡馬にどのような傾向が見られるかを示している。
考え方やレース結果考察で、若干抽象的だったり懐疑的な表現はあるものも
種牡馬分析や巻末の種牡馬データ表を読んでみると、参考になる点も多くある。
各種牡馬の性格や傾向が頭に入っていればレース分析もしやすいし。
そこからさらに飛躍して、本に載っていない種牡馬であっても
自分なりに傾向を掴んだり、分析ができるようになる(例・若駒Sレース回顧のジャングルポケット)


現在の私の予想を構築している中で、色濃いものを紹介しました。
機会があればぜひ立ち読みでもw
スポンサーサイト
[ 2009/01/27 13:55 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL