スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

○○風←これ地雷

まずは、三木特別の結果。
◎チュウワプリンス 2人気4着
○グッドバニヤン 5人気7着

そこそこ上がりのかかる流れになれば、なんて書きましたけど
1000m通過61.1秒の上がり3F33.9秒というスローの瞬発力勝負になりました(笑)
まぁ11頭立ての時点で・・・そうなることは見え見えだったかもorz
開幕週ならこのくらいの上がりは出るよと、ここ最近で思い知らされたはずなのに
なぜ俺はスロー想定にしなかったんだw

で、勝ったアドマイヤプリンスは、僕がPOGで指名していた馬。
2歳の頃は正直、あぁこれは大したことないタキオン産駒に出ちゃったなと
思っていたのですが、POG期間の終わりらへんから急に活躍しだして
もうこの馬は好きになれませんw
たしかに調教はマツパク厩舎の鉄板仕上げでしたが、ここまで走るとはねぇ。
てっきり危ない人気馬だと思っていましたが・・・ふつーのタキオン産駒の取捨選択でいうと
今回の条件は断然買いだった。

チュウワプリンスもグッドバニヤンも、得意なレースの正反対をいってしまって
残念な感じのレースになりました。この2頭、上がりのかかる流れならもっとやれる馬だから
ぜひ注目してみてくださいね。近いうち、すぐ勝ち上がると思うんで。

3着のサバースも重い芝なら馬券圏内に絡むんですよね。
香取特別(中山)の3着以降、東京と京都で3戦して、今回が阪神で3着。
複勝930円もつくとは思わんかった。調教も悪くないし。



続いて、マーメイドSの結果。
◎ブラボーデイジー 5人気13着
○ブライティアパルス 3人気1着
▲テイエムオーロラ 4人気3着

牝馬限定戦の割にはそこそこ流れて、上がりもかかる阪神芝2000らしいレースに。
まず・・・セラフィックロンプを拾えたかどうかですが、はっきり言って拾えた馬ですよねぇ(´・ω・`)
ずっと混合戦を使われてきて、今回が久しぶりの牝馬限定戦。
それまでの戦績を見れば、今回そこそこの結果でもおかしくなかった。
この馬を拾えるかどうかですな、穴党は。

◎ブラボーデイジーはスタートで出負けして、あまり良いポジションではなく・・・。
一本調子なタイプに思うので、もうちょっとスムーズに競馬できないと脆いのでしょう。
が、大敗しても自分の競馬に持ち込めれば激走あるのがクロフネ産駒。
次走でハナに立つ競馬をしたら面白いです。

○ブライティアパルスは上手い具合に押さえが効いて快勝。
厳しい流れを前々で捌ける馬や、簡単には垂れない馬はやっぱマークしといて損ないですね。
危うく後藤が暴走ホースにするところでしたが。
ちょっと乗り難しいところがありそうなので、鞍上には注意でしょうか。

▲テイエムオーロラはマンカフェの激走フラグに応えて3着。
でも、2着のセラフィックロンプだってマンカフェなんだよなぁ。
今まで、マンカフェ産駒の古馬って大雑把に言うと、タイプが分かれるイメージでいたんですよ。
・2~3歳時に一気に活躍して、あとは尻すぼみ
・終わるようでなかなか終わらない、時々の激走
レッドアゲートもセラフィックロンプも前者のタイプだと思って
ほとんどノーマークだったのですが・・・こりゃいかん。
最近は前者タイプのマンカフェ産駒の激走も目立ちますし
このタイプ分けは意味を成さないかもしれませんね。

今回の出走馬で注目なのはニシノブルームーン。
そうです、去年夏からこの馬は重賞勝つと言っておきながら
この馬が馬券にからんだレースは全然獲れていないという、ニシノブルームーン。

この馬は基本的にはウオッカと同じようなタイプ。
要は「厳しい流れ」「上がりのかかる流れ」が得意なタイプで
どちらかというと牝馬限定戦にありがちな、緩い流れでは凡走しがちです。
加えて、そのような流れになる急坂のあるコースも得意としています。
中山・阪神では4-2-1-2になりました。
今後はこれらの点をよ~く加味して、なんとかこの馬で馬券を獲りたいところ。


マーメイドSの三連複が獲れてれば1番良かったですが、なんとかワイド7.2倍をひっかけただけ。
自称穴党の自分ですが、果たして穴馬券を撮れているかというと、疑問符が・・・。
自分のセンスの無さにうんざりです。
このままじゃ「穴党しーざりこ」が「穴党風しーざりこ」になってしまう!!!

「センスの無さは、努力でカバー」が持論ですので、なんとか頑張りますぅぅぅ(´;ω;`)
スポンサーサイト
[ 2010/06/21 08:09 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL