スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想

一週間、更新が滞ってしまいまして、申し訳ありません。
この記事は自動更新機能で更新しています。

エプソムCは、割と実力が同じようなメンバーが揃っている感じです。
どうも実績馬はそこまで人気していないので、その取捨をどうするか。


エプソムC

◎サンライズマックス
○ゴールデンダリア
▲セイクリッドバレー
△セイウンワンダー
△タケミカヅチ
△シルポート
△トウショウウェイヴ
△ストロングリターン


◎サンライズマックス
この馬の成績をレースの上がり別にまとめてみると
32~33秒台 0-0-0-0-1-3
34秒台 1-0-0-1-0-3
35秒台 4-0-1-2-1-1
36秒以上 1-1-1-0-0-0

何度かブログで触れてるネタですが、これは今でも有効だと考えています。
1年以上結果が出ていませんが、その間の戦績は
09年 大阪杯(2000m) 5人気8着(57kg) レース上がり34.8秒
09年 天皇賞春(3200m) 10人気4着(58kg) レース上がり35.1秒
09年 毎日王冠(1800m) 6人気5着(57kg) レース上がり33.6秒
09年 アルゼンチン共和国杯(2500m) 5人気4着(57.5kg) レース上がり34.7秒
09年 鳴尾記念(1800m) 3人気7着(56kg) レース上がり33.6秒
10年 日経新春杯(2400m) 3人気4着(57.5kg) レース上がり35.8秒
10年 京都記念(2200m) 4人気10着(57kg) レース上がり34.4秒

シルポートがいつも通りの競馬をすると、レース上がりも多少かかってくると思います。
ハンデ戦での重い斤量、距離、レース上がりを加味すると
この1年間は健闘していると言えないでしょうか?
今回は得意の1800mで、56kgで出走できますし、レースの上がりも少しはかかりそう。
この馬の出番もありそうに思いますが、いかがでしょうか。
ステイゴールド産駒ですし、そう簡単に衰えるとは思えないです。

○ゴールデンダリア
距離延長時の成績が2-1-1-5
距離短縮時の成績が2-2-1-2
特に古馬になってからは、距離短縮のほうが結果を残しており
いかにもフジキセキ産駒っぽい感じ。
充実しているし、直線長いコースは決め手が活きてプラス。

▲セイクリッドバレー
前走は今までくすぶっていたこの馬の実力が垣間見えたレースに思う。
直線長いコースで本領発揮のタイプで、小回りの中山コースでも
僅差の競馬をしていたし、既に重賞級の実力はある。
あとは流れ次第。

△セイウンワンダー
この馬の過去のレースは全て、最終で一杯に追われていました。
しかし、今回の最終追いきりは馬なり。
タイムは十分ですし、一週前にビッシリやってますし
出来に心配は無いとは思いますが・・・少し気になる点ではあります。
1番人気ですし、そこまで積極的には狙いたくない感じ。

△タケミカヅチ
上級条件での好走は中山が多くて、どちらかというと重い芝向きかという印象。
この条件でどうしても買いたい、というわけではないが、押さえてはおきたい。
久しぶりに先行策に出ると穴をあけそう。

△シルポート
軽い芝の1800mでのパフォーマンスはかなり秀逸で、持ち時計も良い。
ただ、ここまでずっと馬体重が減ってきていて、調教もやや手控えた印象。
いつもであれば坂路で好時計をマークするのが、今回はG強で55.4-12.6
万全の状態とは言えない気がする。鞍上チェンジもやや嫌いたい。

△トウショウウェイヴ
この馬の調教過程に注目すると
中間で一本も一杯に追われていない場合の成績は4-4-0-7
しかし、内訳は
未勝利 1-2-0-2
500万 1-1-0-0
1000万 なし
1600万 2-1-0-2
オープン 0-0-0-3
中山金杯3着、白富士S1着、メトロポリタンS3着は
いずれも中間で一度は一杯に追われての結果。
条件絶好とは思うが、押さえまでに留める。

△ストロングリターン
この馬もできれば上がりがかかったほうがいいタイプ。
上がり馬でも通用しておかしくない。
調教も良く動いているし、期待はある。


ということで、実績馬を再評価の方向で。
馬券は◎の単複と馬連ながし、◎-○▲-○▲△の三連複を予定。
スポンサーサイト
[ 2010/06/12 23:30 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL