スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日曜競馬予想

久しぶりの予想記事更新。
昨日はニコ生オフでしたが、キチンと前日に予想したレースはトントンで収まった。
まぁ、それ以外のレースで7000円負けたんだけど←
東京1レースしか当たらんかった、やっぱ競馬の才能はない!
僕はしっかり予想しないと当たらん人なんだろうなぁ(´・ω・`)

今日は4レースほど買ってみます。

まずは、NHKマイルC
◎ダイワバーバリアン
○サンライズプリンス
▲エイシンアポロン
△リルダヴァル
△ダノンシャンティ
×シゲルモトナリ
×レト

昨日の時点では◎ダノンシャンティだったのですが・・・やっぱ内にいる馬を重視しました。
予想の前に、これはサラブレの記事で目にしたんですが
東京マイルのG1は1~3枠の連対率がよく
SS系の馬は一桁馬番で好調で
5代以内にリボー系の血を内包する馬が好調

これを全て満たすのが◎ダイワバーバリアン、○サンライズプリンス
まぁ、それだけが理由じゃないんですけど・・・後押しにはなりました。


◎ダイワバーバリアンは弥生賞の競馬を見て(これは距離短縮でイケるんじゃないかなぁ?)と思っていた馬。
前走で走ってしまったのが残念ですがw
SS系×ミスプロ系で、レースの質は軽いほうがいいタイプだと思うんですよ。
ここ数戦は上がりのかかるレースでしたが、前走はスピードが活きる流れで2着。
NHKマイルCは最近、底力よりもスピードとか軽さのほうが重要みたいなんで、この馬に向くとは思います。

ただ、心配する点はコース適性。
東京芝1400と中山芝1600は直結し、東京芝1600とは直結しない、という考えに基づくと
東京芝1400で1-0-0-0・中山芝1600で0-1-1-0のこの馬は、東京マイルで適性を落とす可能性もあります。
そこは走ってみないとわかりませんが。


○サンライズプリンスは父・母父が揉まれ弱いタイプ。
この馬も新馬は大外先行で1着、2戦目は9頭立てで先行で1着、前走は大外からスルスル進出する競馬で1着。
このように、揉まれない競馬がほとんど。(4着のスプリングSも後方で揉まれない競馬)
それが今回マイルG1で内枠、人気になるようだと、脆さを見せる可能性も。
前走があまりにもこの馬に向いた競馬だったので、今回どうかなという懸念のほうが大きいのです。

ただ、タキオンからは時折このような弱さを超越する能力を持った産駒もでてきますし
能力だけ見れば、やはりこのメンバーでは上位と言わざるを得ません。


▲エイシンアポロンはストームキャット系種牡馬のGiant's Causewayの産駒。
ストームキャット系は、波に乗ってるときは連続好走する、とこのブログでよく触れています。
そこで今回どうかって感じですけど、この馬の場合は前走があまりにロスの大きい競馬だったことと
マイルへの距離短縮がプラスに出ると思って、評価を上げました。

元々、この馬はマイル前後までと思っていたので、2000m→1600mへの距離短縮はもってこいでしょう。
朝日杯にしたって、ロスの大きい競馬で2着。デイリー杯でも2着しているし、マイルの適正は高いと思うんですよね。
ただまぁ、ダイワと同じで、中山マイルで適性の高いタイプかもしれませんが・・・そこは心配材料ですね。


穴で面白いのは×シゲルモトナリと×レト。
シゲルはマーベラスサンデー産駒で、この産駒はある時期から急に連チャンし始める特徴があります。
クロッカスS2着→アーリントンC4着→マーガレットS1着と安定して走ってますし
前にいけるというのもプラス材料。
高速化の進む栗東坂路とはいえ、調教タイムを1秒近く縮めてきているのも評価できます。
3着なら紛れてもおかしくなさそう。

レトはアーリントンC3着→NZT3着ときていますが、適性のことなった2つのマイル重賞で好走したということは
この馬もマイル適性が高い可能性がありそう。先行タイプで、こっちも紛れて3着があってもおかしくなさそう。


馬券は控えめに、◎○▲のワイドBOXを資金配分して厚く買い、おまけで◎○からの三連複。



ついでに、東京最終の東京スマイルプレミアム。
◎マイネルエルフ
○アロマンシェス
△カレイジャスミン
△カウアイレーン
△ブレイブファイト
△リビアーモ
×コアレスコジーン


◎マイネルエルフは軽い芝が得意で、東京・京都の芝では0-1-2-2でNHKマイルCでも4着があります。
そして高速決着に強く、東京マイルで1:32.7 2着というタイムは傑出。
重い芝の阪神→軽い芝の東京へのコース替わりはプラスと見ます。
東京芝1400ではレース上がりが33秒台を計測するような上がり決着になり、この馬はやや苦しいですが
マイルなら34秒台で留まるだろうし、そうなるとこの馬も走れます。


○アロマンシェスも同じで、東京芝は走ります。前走は絶望的な位置での競馬だったので
得意の東京コースに戻れば問題ないでしょう。
同級では既に実績があり、条件さえ整えば好走があると思います。


人気の△カウアイレーンですが、上がり勝負ではやや分が悪くないでしょうか?
34秒台決着だと、アタマまではどうかな?と思います。

馬券は馬連で◎-印に三連複で◎○から印。



続いて、都大路S
◎シルポート
○スマートギア
△チェレブリタ
△ホクトスルタン
△キャプテンベガ
△ミッキーパンプキン
△シェーンヴァルト

◎シルポートがキツかった前走より楽に逃げられるのではないでしょうか。
△ホクトスルタンがいますが、行き脚はこっちのほうが上のはず。
京都の馬場を考えても、狙ってみたい馬です。

○スマートギアに説明は必要でしょうか?w
凡走はないと思いますが・・・うーむ。
中途半端に好位で競馬すると怖いんですが、池添ならどうせ後方でしょう←
京都の外回りコースになりますし、安定して複勝圏では。

馬券は◎○の三連単2頭マルチで、押さえに◎○のワイド。



地味に大勝負の京都11R 矢車賞。
◎マスターセイレーン
○カスクドール

このレース、京都芝1800で9頭立ての3歳牝馬限定戦で、瞬発力勝負は必至。
となると、◎マスターセイレーンが走ってきそう。
前走は京都芝1600(内)で48.0-46.7の流れを34.2秒の末脚で追い込み4着。
前をつかまえることができませんでしたが、14頭立ての混合戦→9頭立ての牝馬戦なら
ここで上位にきてもおかしくないはず。なのに、人気がない(笑)

○カスクドールはダンスインザダーク産駒。
1400→1800への距離延長で、今回は先行勢が薄いので、スムーズに前目で競馬をすれば激走も。
元々、阪神JFでも穴で狙っていたくらいの馬です。

馬券は◎○の三連単2頭マルチで、3と8以外の5頭へながし。押さえで◎○のワイド。
あと◎の馬単2着ながし。


どっかで当たればいいんだけど、今のままだと若干資金不足・・・w
スポンサーサイト
[ 2010/05/09 13:34 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL