スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高松宮記念

今週末は今年2度目のG1・高松宮記念ですな。
いやね、難しいよね。
今回の中京はずっと開催使ってるし、途中で雨の道悪馬場もあったし
で、ここを最後に改修するしで、馬場読みが難しい感じ。
前日の様子、いや、最悪当日の様子を見ないと判断が効かなくなる可能性も。
前日予想しないといけない身としては、苦しい限りw



そんな中、過去10年見ると前哨戦と本番である程度のパターンは見えてきたので、その視点から検討。
といっても、あくまでも傾向なので、ガッチリ当てはまるかどうかは別の話ですが・・・。

まず、「前哨戦緩い流れ→本番の厳しい流れを、味方にできる馬・敵に回す馬の出し入れ」
高松宮記念は前半3F-後半3Fが、過去10年平均して33.3-34.9と、タフな流れになるレースです。
今年は連続開催によって、例年にも増してパワーの要る馬場になっていると思われ
前にいきたい馬もそこそこいるので、ここはタフな流れと決め打って良さそう。

そうなると、前哨戦を緩い流れで逃げ・先行して勝った馬の評価を下げ
差し届かなかった馬の評価を上げる。この出し入れが考えられます。

例えば、00年4着のブラックホークは前哨戦の阪急杯(阪神芝1200)で34.2-34.5の流れを通過順3-3で勝利。
ところが、本番では33.1-35.5の流れになり、通過順4-6で0.1秒差4着に敗退。

2走前のスプリンターズSでは33.2-35.0という流れを通過順5-4で1着していますし
3走前のマイルCSは45.9-46.9の流れを通過順6-5で3着しています。
この馬の好走条件にも関わらず、0.1秒の差で4着に留まってしまったのは
やっぱり前走が楽すぎて、今回のタフな流れに戸惑ってしまったのではと思います。

今年の場合、シルクロードSが34.4-33.7という、スプリントにしては異常ともいえる流れでした。
アルティマトゥーレは通過順2-2で1着
ショウナンカザンは通過順1-1で2着
となっており、特にアルティマトゥーレは好走パターンがハッキリしているので
本番では僕は評価はかなり下げる予定です。

また、阪急杯も芝1400mですが35.0-35.2の前後半3F
同じ舞台設定の阪神カップは33.7-35.3でした。



次に、「前哨戦でタフな競馬→本番もタフな競馬で連続好走できる馬は少ない」こと。
これはもちろん全ての馬に当てはまるわけではありません。
2002年のショウナンカンプ-アドマイヤコジーンの年は32.9-35.5の流れでも通過順1-1と2-2のワンツー。
2頭は前走で、ショウナンカンプが前走32.0-35.3の流れを逃げ切り勝ち。
アドマイヤコジーンも33.2-34.7の流れを通過順3-2で勝っていました。

ただ、人気を集めて凡走する馬が多いことも事実。
特に「前哨戦で重い斤量を背負って快勝」「前哨戦の厳しい競馬を逃げ・先行で好走」「やや高齢」
このキーワードに当てはまる馬はちょっと注意が必要。

00年4着ブラックホーク(牡6)は既に例に挙げましたが、58kgでの勝利でした。
01年8着ダイタクヤマト(牡7)は阪急杯(33.9-34.8)を58kgで通過順2-2での勝利。
03年7着ショウナンカンプ(牡5)もこの年は阪急杯(33.8-34.7)を59kgで逃げ切り勝ち。
05年4着カルストンライトオ(牡7)も阪急杯(33.7-34.8)を59kgで逃げ切り勝ち。
06年6着シンボリグラン(牡4)の場合はオーシャンS(33.3-35.3)を58kgで最後方から追い込み0.2秒差。

もうちょっとサンプルはありますが、わかりやすいケースを抜粋しました。
若い頃は押し切れても、ちょっと齢を重ねていくと安定感が薄れてくるのかもしれません。

今年、危なさそうなのは
重のオーシャンS(33.4-36.4)を58kgで通過順9-5の競馬で快勝したキンシャサノキセキ(牡7)
あとは同レースを通過順15-15から追い込んで0.1秒差のプレミアムボックス(牡7・57kg)
同じく通過順13-12から追い込んで0.1秒差のファイングレイン(牡7・58kg)



じゃあ結局どんな馬を狙えばいいの?ってことですが
今日取り上げた2点については、穴馬抽出にちょっと役立つかもしれない、という程度のこと。
僕は穴党なので・・・w

穴で狙いたいのは差し馬で、特に「厳しい流れが向く馬」「前走で脚を余した馬」
あとは、できれば若くて、マイルでも走れるような馬。距離短縮なら尚良いかと。
当てはまりそうなのは・・・この条件だとサンカルロ(牡4)かなぁ?
瞬発力勝負は苦手だけど、33.7-35.3っていう猛ペースになった阪神カップは15-15で追い込んで2着同着。
そこから十分に間隔をあけて阪急杯が35.0-35.2の流れで通過順9-9から差して0.2秒差3着。
ここの斤量が58kgだったんだけど、阪神Cと比べたらだいぶ楽な流れだし・・・楽だったんじゃないかなぁ。
重い芝向きなので、今の中京は走ってきそうな気がします。距離短縮で2-1-1-0っちゅうもの心強い。

ただ、クリスエスのスプリントってなぁ・・・あんまりイメージがないなぁ。
問題は、厳しい流れにならなければ、用無しって点ですかねw
スポンサーサイト
[ 2010/03/23 00:21 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL