スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

能力比較をしてみる~牝馬編~

今週は平地重賞が4つ。内2つは中山芝1800mで行われます。
こっちは先週の中山牝馬Sで触れているので、詳しくは触れませんが
3歳重賞ともなると関西馬も多く登録してくるので
関東馬を狙うのはちょっと・・・?な感じもしています。

一方、阪神ではうずしおS・フィリーズレビューと同じ阪神芝1400mで須磨特別(1000万)が行われます。
こっちでフィリーズレビューのリベンジができればいいなぁ・・・と思ってます。
六甲Sや阪神大賞典など楽しみなレースもありますが、その分予想も難しそうです。
特に阪神大賞典は・・・まぁ、別の意味でw
このメンツなら、ジャミールでもいけそうな気がしてます。

中京ではファルコンSと芝中距離の特別戦は2鞍あります。
残り2週の中京競馬場・・・SPで稼ぐならは今の内ですが
実は最近、SPはベタ買いってほど安定していないのが実情。
まぁ、道悪馬場とかの影響もあるとは思いますけどね。

ファルコンSですが、適性距離が1200mより長めにある馬を狙いたい感じ。
でも、それが結構難しいのよね・・・3歳馬のスプリント重賞なんてw
それかもう、逆説的に見て、ここ数年のファルコンS馬のNHKマイルC好走から
マイルCで好走しそうな馬を狙ってみるとか?そっちのが難しいかw


そんなこんなで、クラシックの前哨戦が終わりつつありまして。
3歳馬の能力比較として、勝ち時計を古馬と比較するという手法があります。
もちろん、馬場差などがあるので、一概に正しいとは言えませんが
ある程度の指標になりえるのは間違いないはず。
そこで、今回は前哨戦のレベル比較をしていきたいと思います。
牝馬戦です。

使うのは、当該コースの全レース(今年)とnetkeibaの馬場指数。
これは馬場指数-4とか馬場指数+10とかで示され
数字がマイナス=良い馬場状態
数字がプラス=時計のかかる馬場状態
と思っていただければ。

で、この馬場指数を10分の1して、勝ち時計を計算すると
馬場差込みの時計=真の時計価値、に近づきます。ただし、これは僕の感覚。
例えば、さっきの例でいうと
馬場指数-4なら、勝ち時計に-(-0.4)秒して、時計の出やすい馬場を補正。
馬場指数+10なら、価値時計に-(+1.0)秒して、時計のかかる馬場を補正。
こんな感じ。まぁ、あんまり時計のかかりすぎる馬場だと、ちょっと補正がブレる感じですが。
まぁ、グリーンチャンネルとかでやってるやつのほうが参考になるのかもしれんけど
あんなん、いちいちメモしてないので・・・(;´Д`)

じゃあ、早速見てみます。


まず、中山マイルで行われたレース。
1600baba
こうしてタイムを換算してみると、3歳馬と古馬の壁は1:35.0前後にある感じ。
馬場差が20も30もあったレースとの単純比較は危険だとは思いますが
フェアリーSは概ね古馬1000万レベルにはあるかなという感じ。
一方、アネモネSは1:35.4とやや物足りないか。
もっと足りていないのは菜の花賞で1:36.3


続いて、京都芝1400m(外)
1400ばば
レース数は少ないですが、紅梅Sは古馬1000万レベルにあると言えそう。


京都芝1600m(外)
きょうとばば1600
これを見ると、エルフィンSはややレベル的には劣る感じ。まぁ、上級条件ばっかりなので、仕方ないんですが。


東京芝1600
とうきょうmしる
クイーンCは古馬1000万レベルにあると言えそう。同じくらい2/14の500万下の数字もいいです。
ちなみに、このレースの勝ち馬はマイネルマルシェ(牡)。2着にダイワファルコン。


阪神芝1600
はんしんかいる
こちらもまだまだサンプルが少ないですが、ある程度の評価はできる?


阪神芝1400
はんしんしば14
同じくサンプルが少ないですが、フィリーズレビューはやや物足りない時計。



と、一気に羅列しましたが、これはあくまでも指標。
ペースによって勝ち時計も変わりますし、今年は道悪馬場も多かったです。
鵜呑みにするのは危険だと思いますが、参考程度にはなりますかね?w
スポンサーサイト
[ 2010/03/17 22:57 ] 競馬 | TB(0) | CM(1)
うわっ、修正が効いてなかった・・・ドン引き。
ありがとうございますw
[ 2010/03/18 22:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL