スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

いやぁ・・・

去年から「いつか重賞勝つ」と言っていたニシノブルームーンが勝ってしまった・・・。
たしかに、上がりのかかる展開はこの馬の得意なパターンなんですが
休み明けってこともあって、本命には推せませんでした。
まぁさぁ、今までずっと外目の枠で、今回は中山芝1800で内枠。
絶好の買い条件であったんだけども・・・悔しい( `;ω;´)

2着のウェディングフジコも拾えなくはないけど・・・それなら、もっと他に買いたい馬がいたしなぁ。
このコースで穴の戸田博文厩舎は狙える感じだと、たしかに触れましたけどね。
距離短縮も良かったんだと思います。この馬は距離短縮でかなり結果を出していますしねぇ・・・。

コロンバスサークル@田中勝は内をつけず、ちょっと直線ロスがあった感じ。
まぁ・・・しょうがないか。複勝もガッツリ買ってたんだけどなぁ(´・ω・`)




フィリーズレビューはポリトラック調教馬が1・3着。栗東坂路の調教適性は問われませんでしたねぇorz
サウンドバリアーはアグネスデジタル産駒で、1600→1400の距離短縮。
これって、うずしおSのマイネエスポワールと同じパターンだったんですよねぇ。
押さえは必要だった? となると、ステラリードとカレンチャンからの穴狙いでなく
レディアルバローザから入る馬券にしなきゃいけなかったなぁ。

テイラーバートンは結局13着で、ラブミーチャンの一つ下ですか。
こりゃ、本格的に角居厩舎はこのコースいらないな。

桜花賞に向けてですが・・・これまた評価が難しいんだよなぁ。



結局、この土日は±0で終了。うずしおSの分を生かせなかった(´・ω・`)
スポンサーサイト
[ 2010/03/15 22:55 ] レース回顧 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

フィリーズレビュー 2008
伏兵サウンドバリアーV「素晴らしい切れ味」/フィリーズレビュー 【フィリーズレビュー】環境が鍛えたラブミーチャンの強さ 【フィリーズレビュー】ラブミーチャン1番人気 【フィリーズレビュー】ロジフェローズ“絶好”気配 【フィリーズレビュー水曜追い】有力候補ラナ...