スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

前回のエントリの補足

前回のエントリでも触れたような、調教とコースの関連性。
一番有効な条件は「メンバー間の力差がほとんどないレース」だと思うんですよね。
例えば、今の時期の下級条件とか、あとは2・3歳戦ですかね?

まず、今の時期の古馬下級条件は、とりあえずレベルが低いですw
そして、これからもっと低くなりますw
というのは、毎年夏に4歳馬の降級があります。
降級当初は、上のクラスからの降級馬と3歳馬が参戦してくることにより、クラスのレベルが高くなります。
そこからは勝ち抜け式で、強い馬はどんどん抜けていきます。
つまり、降級馬も3歳馬もいない今が一番、古馬下級条件のレベルが低い時期に当たります。

2・3歳戦については、これは特に重賞とかが該当するかと思います。
ディープインパクトのような馬と、未勝利を勝ち上がるにも一息な馬が
同時に走る唯一の機会が新馬・未勝利であり
ここを勝ち上がった馬は、同世代の中ではある程度の力量を持つ、ということになります。
そのような馬が集結するのが重賞だったりオープンだったりします。

これらの条件(=メンバーの力差がほとんどないレース)では
わずかな適性の差が結果に影響を与える、と言えると思います。
このような条件では、積極的にプラス要素を持つ馬は狙っていきたいですね。
それが「中京中長距離でのサンデーポリトラック」だったり
「阪神芝1400での坂路で速い時計」だったり
「道悪馬場でのサドラー系」とかだったりするわけです。

ただし、忘れてはいけないのは、走るのは馬だということ。
プラス要素を満たしていても、あんまりに実力が足りていないようなら考え物です。
もちろん、そのような馬が激走するから、大穴馬券が生まれるのですが・・・。
手放しで飛びつくのは危険かなぁ、と個人的には思います。
自分で書いてて今一つまとまりきれなくなってしまいましたが(笑)


そういえば、JRAがクレジットカードで馬券を買えるようにするようで・・・。
最近のJRAの企画を見ると、これってなんだかネトゲの運営会社と同じだなぁと思いましたよw
僕が知ってるネトゲの運営会社は、途中から急に課金イベントを増やしたんですよね。
毎月何かしらの課金イベントがあって、レアアイテムとか装備が手に入るわけですよ。
ほんと課金ばっかで、そこまでして金がほしいか!と思ったほどですw
まぁ、ヘビーユーザーは課金イベントでたくさんお金を落としてくれる"お客さん"ですからね。
運営側としても、定期的に収入が得られるとなったら、そりゃ課金イベント打ちますよ。

JRAも同じですよ。
5重勝とかクイックピックとか今回の件とか、結局は全部ファンに金を落とさせる企画じゃないですか。
本当に競馬ファンが望んでいることは後回しにして、売り上げのことばっかりじゃないですか。
なんだかなぁ、って感じですよね。
それでいて、僕らがあんまり望んでないようなことは積極的にやっちゃうもんだから・・・。
(本馬場入場曲の変更とか中京コース改修とか)
本当にね、もう。小倉大賞典のゲートの件とか、不透明な点が多すぎるよ。
スポンサーサイト
[ 2010/03/10 01:26 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL