スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今日も冷たい雨が降る

梅雨かっちゅうの、ずっと雨らしいじゃんかヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
とグチりつつ、今週の出走馬が決まりまして、いま狙いを決めているところであります(`・ω・´)ゞビシッ!!


まず土曜日。
SP(サンデーポリトラック)で注目の中京ですが10RはSP該当馬なし。
11Rは11頭立てで1頭該当馬がおり、ネオユニヴァース×Slew o'Goldという配合のハッピーパレード。
中舘騎手への乗り替わりということは、前目につけるのかな?
重馬場での勝利経験もあるし、血統的にも上がりのかかる展開は良さそう。



中山は基本的にスルーですw
オーシャンSは・・・基本、このレースの上位馬って高松で馬券に絡まないんですよね。
過去4回でオーシャンS→高松宮記念で馬券に絡んだ馬は28頭中2頭で3着が2回。
この2頭は前走のオーシャンSで惨敗していた2頭でした。
つまり、オーシャンSと高松宮記念では求められる適性が異なるんです。
個人的な印象だと、中山芝1200m=スプリンターが強いレースで、中京芝1200m=マイラーが強いレース。

ただ、今年はおそらく不良馬場でしょうから、生粋のスプリンターではどうか?という気もしています。
先週もちょろっと触れましたが、不良馬場になって上がりがかかるようになると
実際に走る距離以上のスタミナが求められるように思うんですよね。
その意味で、今年は距離適性がちょっと長めの馬を狙ってみても面白そう。
もしかしたら、今年のオーシャンSは高松宮記念とつながる?なんてのも。
ただまぁ、不良馬場ですからね。何とも言えないっちゅうのが実際ですが・・・。

となると、ピサノパテックなんて面白そう。
元々は中距離を走っていた馬で、晩年にスプリントにシフトしていったタイプのサンデーサイレンス産駒ですね。
ちなみに、似たタイプでパッと思いつくのは高松宮記念で2着に激走したペールギュント。
前半速く、上がりもかかるようになれば面白いとは思うけど・・・そうはならなさそうなんだよなぁ。
積極的にいく馬が少なく、そういうタイプのセプンシークィーンは鞍上が三浦皇成で
同型のショウナンカザンに騎乗するのが男・藤田となると
残念ながらペースは落ち着きそうな予感がします。



阪神も買いたい条件がなく、パス。
チューリップ賞のアパパネですが、今回も栗東坂路で追われており、時計も出ているので問題なさそう。
調教Gメン的な視点でいうと、キンカメ産駒の買いポイントは「栗東坂路」「一杯」「ラスト1Fで速いラップ」
あとは重馬場が合うかどうかですが、母父Salt Lakeはヴァイスリージェント→デピュティミニスター
とくる系統なので・・・こなせるんじゃないかなぁ。母方にはボールドルーラーも入っているし。

重馬場という面を見ると、グランデラ×フレンチグローリーっちゅう「いかにも」な血統のナムラボルテージがいます。



そして日曜日。
中京9Rのミッキースターは休み明けですが、SPを3本消化しています。
ただ、最終追いきりの動きは中間と比べてちょっと物足りなく
シンボリクリスエス産駒ということもあって、ちょっと狙いは立てづらいか。
う~ん、あまり強くは推せないけども・・・きたら大穴だろうなぁ。

他にSP該当馬はスティアヘッドがいます。
こっちはステイゴールド×Sadler's Wellsという配合で、重馬場は良さそう。
まぁ、他にも血統的に重馬場が良さそうなタイプは何頭かいるんですけどね。

ちなみに、中京最終のスズカジェットもSP該当馬。
この馬は今回が初のSPで、中京芝20003着→中京芝18006着→今回、となります。



中山では昨日のコメントでもいただきました、富里特別のシングンレジェンドが面白そう。
シングンオペラ×ラムタラ、なんていかにも上がりのかかるレースでって馬ですよね。
僕がこの馬に注目した理由を過去のエントリで探してみると・・・ありました。昨年11/27の記事。

14番 シングンレジェンド
この馬は他の馬よりもっとかわいそうで、あのどスロー精進湖特別のあと中1週で使った立冬特別(東京芝1800)が
1000m通過63.3、上がり3F33.7というこれまたどスローレース。
父がサドラーズウェルズ系、母父がラムタラ、母母がテスコボーイ系という
いかにも時計がかかる馬場・上がりがかかる馬場得意の同馬にとっては泣きたい状況w
折り合いを欠いてしまった前2走が度外視できる内容でしょう。
新潟での2戦も瞬発力勝負に寄ったレースで、同馬には向かない展開。
注目したいのは休み明け2戦目(中1週)となった前走。
レース上がり33.7に対して同馬の上がりはメンバー中2位の32.9
これまでも速い上がりは計測していましたが、ここまで弾けたのは
間隔をあけて馬がリフレッシュできたのかな、なんて思ってます。
時計もかかるようになってますし、上がりがかかる展開になれば一発・・・と思っています。

らしーですw
実際、このレースの次のレースは、46.3-47.8で上がり3Fが36.7のレースで、2着でした。
今回も流れ次第で。

弥生賞は当然ながらパス←



阪神は正直、買いたいレースがないなぁ。
基本的に不良馬場の日なんて馬券買いたくないですww
ということで、今週も控えめな競馬になるかもしれません。
つまらんなぁ(´・ω・`)
あれです、競馬予想の僕の引き出しが少ないもんでw


スポンサーサイト
[ 2010/03/04 22:56 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL