スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

土曜競馬予想

飲み会→朝までカラオケ→何故か10時半に目が覚めるorz
でも、予想の時間はとれました(`・ω・´)


阪神9R 千里山特別
◎アドマイヤセナ
○グローリーシーズ
▲トーセンマーチ
△メイショウジンム
△ニホンピロキリバス
×アキノカウンター


前開催から取り組み始めた阪神芝1800攻略。今開催の初戦ですね。
ハンデ戦とはいえ、ここは実質5頭の争いになりそう。
その中で特に気になったのは・・・

トーセンマーチ
なんでここを使ったんだろう?という感じ。
1週間後の7日には中山芝1800mで富里特別(ハンデ戦)
2週間後の13日には中山芝2000mで館山特別(別定戦)
があり、わざわざ西に遠征することもないんですよ。

で、この馬は中山で1-1-0-0していて、前走を見ても決め手勝負では分が悪い馬。
陣営からも「前走は分が悪い決め手勝負になった」というコメントが出ているのに
なぜ、阪神外回りのこのレースを選んだのかなと、ちょっと疑問に思います。
「自分から動く競馬で」というコメントも出していますが・・・。

どうしても今週使いたいくらい調子が良いのか、メンツが薄いと思ってここを使ったのか。
所属の中島厩舎は、昨年リーディングが205位で、決して上位厩舎とは言えない環境です。
現在の管理馬は22頭中1600万クラスが1頭。
そのような厩舎環境で、かつてはダービーに出走したほどの実力を持つトーセンマーチ。
陣営としては、この馬で稼ぎたいんだと思うんですよねぇ。

僕の中では、今一つここを使う理由がスッキリしないので、3番手評価。


メイショウジンム
人気しすぎかなぁ、という印象。たしかに前走は不利が重なってあの結果でしたが
だからといってここまで人気になるのかなぁ。
阪神芝1800は1-1-0-1ですが、この人気に対して1000万を勝ちきるまでの魅力を感じないのが本音。


アドマイヤセナ
元々は美浦にいたのですが、長期休養中に栗東の友道厩舎へ移りました。
復帰初戦こそ大敗してしまいましたが、2戦目では格上挑戦の1000万で2着。
そして、今回が3戦目。

初戦の調教は馬なり主体。2戦目の調教は最終追いきりを坂路で一杯に追われ、50.8秒を記録。
今回も最終追いきりは坂路で一杯に追われ、51.5秒を記録しています。
このように、最終追いきりでも一杯に追う調教が「調教Gメン」でいうところの
「友道厩舎の攻める追いきり」でして。
アグネスタキオン産駒が坂路調教と相性がいい(=持ち味のスピードを伸ばせる)
ということもあって、より負荷の大きい坂路がある栗東への転厩によって
この馬はかなり良くなってきたんじゃないかと感じました。
今回はポリトラックと坂路を併用して、本数多く調教されていますし
勝ち負けする可能性は高そう。


グローリーシーズ
左回りばかりで強いのが気になりますが、好走時の時計が出ているし
かなり調子は良さそうです。
ただ、昇級初戦のファルブラヴ産駒はあまり成績がよくないのは気がかり。



ということで、人気に対して実力がどうか?っちゅう面で考えてみたんですよ。
あ、結果的にニホンピロキリバスは強調点が無くて、△止まりになったんですが・・・(;´∀`)


馬券は
三連複◎-○▲-○▲△× これを資金配分しつつ
三連単◎→○▲→○▲△× 三連単でアタマ勝負
三連単◎→△→○▲△×

三連複の代わりに何か買います、ワイドかな?w
スポンサーサイト
[ 2010/02/27 14:04 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL