スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京都のことを色々

ちょっとね、飛鳥ステークスの結果を見てピンときたんですよ。
ドモナラズ、スカイリュウホー、アペリティフ
この3頭の共通点がわかった人は、1000万~1600万をよく見ている人。



正解は「小倉芝1800mで好走がある馬」であるということ。

ドモナラズは昨年夏の小倉芝1800mで不知火特別(1000万)を勝利。
スカイリュウホーはも去年夏の小倉芝1800mでタイランドC(500万)を勝利。
アペリティフは1年前の冬の小倉芝1800mで関門橋S(1600万)で3着。

それぞれ、小倉芝1800を着別度数で見てみると
ドモナラズ 2-0-0-0
スカイリュウホー 1-1-0-1
アペリティフ 0-0-2-0

で、他の馬はどうかというと
11人気5着 マルイチクエスト 昨年夏に小倉芝1800mで西部スポニチ賞(1000万)を勝利。1-0-0-0
8人気6着 ウィルビーキング 未勝利時代に1勝アリ。1-0-0-1

この5頭だけ。
穴馬で人気より上位にきた馬はみんな小倉芝1800mに実績があったんですよね。


その原因を推測してみるに、おそらく展開に理由があるのではないかと。
1000m59.4秒で上がり36.0というのは、京都芝1800mにしては流れたほう。
瞬発力勝負が多いコースですが、今回はそうとはいかず。
この流れが、小倉中距離の流れと似ているのかな?と思いました。
コースを一周する・半周する、などと形状の違いはありますが・・・。


そこで、ちょっと調べてみました。
過去5年で、新馬・未勝利以外の小倉芝1800mで1~3着した馬を対象に
1000万下クラス以上のレースで、京都芝1800mで1000mが60秒切って上がりが35秒以上
になったレース、という極めて限定的なw検索をしてみた結果

3-1-5-27 単回収値244 複回収値213
1000万 2-0-2-18 単回収値67 複回収値113
1600万 1-1-3-9 単回収値522 複回収値372

まぁ、これはドモナラズが大幅に値を押し上げているというのもありますが・・・。
馬券に絡んだ9頭は
3人気3着、4人気3着、3人気1着、8人気3着、12人気3着、4人気1着
10人気1着、2人気9着、4人気3着
と、あまり人気もしないようなので、三連ヒモとかでいかがでしょうか。
逆に1人気は2頭が飛んでるので、あくまでも穴馬のピックアップで、という扱いで。

今回のように、開催が進んで上がりもかかるようになってきた馬場で
締まったペースになりそう、というかなり限定的な条件ではありますが
小倉芝1800で好走歴のある馬を狙ってみてはいかがでしょうか。
まぁ、今回のワンツースリーはかなり特殊なパターンだとは思いますが・・・w

個人的には京都芝1800の新しい攻め方が発見できた次第。
次回京都開催後半まで覚えていられるだろうかw


あと、3週間前に触れた、京都芝外回りコースで短縮馬が好調というデータ。
2週前はまだましだったんですが、先週の結果を見てみると

同距離馬 4-2-2-17
距離延長馬 1-1-2-24
距離短縮馬 0-2-1-9
という結果でした。
1400mが1レース、1800mが3レース、2400mが1レースの計5レース。

・・・わっかんねぇなぁw
スポンサーサイト
[ 2010/02/16 19:17 ] 競馬 | TB(0) | CM(2)
『阪神マイル=東京2400m』などの直結論ってのもありますからねぇ~
コース実績に目を向けてみると面白いですよね!
[ 2010/02/18 08:20 ] [ 編集 ]
そうですねぇ、直結理論は数年前にちょろっと目を通したくらいなんですが
意外と穴を狙うのには面白いのかも。

直線の伸びた改修後の中京競馬場は東京競馬場にさらに直結する予感・・・w
こんな長い直線ばっかりのコース作っても、面白みに欠けると思うんですがねぇ(;´Д`)
[ 2010/02/18 23:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL