スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

京都芝の外回りは距離短縮馬から!

各競馬場の距離延長・距離短縮について調べてたら面白い傾向が見つかったので紹介します。

1回京都 外回りコース 勝率 連対率 複勝率 単回収値 複回収値
同距離 4 - 8 - 5 - 54 5.6 16.9 23.9 90 71
距離延長 2 - 4 - 6 - 87 2.0 6.1 12.1 28 51
距離短縮 11 - 5 - 6 - 63 12.9 18.8 25.9 87 79
2回京都 外回りコース 勝率 連対率 複勝率 単回収値 複回収値
同距離 0 - 2 - 3 - 15 0.0 10.1 25.0 0 41
距離延長 0 - 2 - 1 - 19 0.0 9.1 13.6 0 30
距離短縮 5 - 1 - 1 - 18 20.0 24.0 28.0 134 48
1・2回京都 外回りコース 勝率 連対率 複勝率 単回収値 複回収値
同距離 4 - 10 - 8 - 69 4.4 15.4 24.2 70 64
距離延長 2 - 6 - 7 - 106 1.7 6.6 12.4 23 47
距離短縮 16 - 6 - 7 - 81 14.5 20.0 26.4 97 72



この表を見ると、京都の外回りコースの傾向が一目瞭然ですよね。
距離延長組が苦戦し、勝ち馬のほとんどが距離短縮。
各率がダブルスコア以上に酷いです。
さらに分析してみます。

同距離馬 勝率 連対率 複勝率 単回収値 複回収値
逃げ 1 - 2 - 1 - 3 14.3 42.9 57.1 740 311
先行 2 - 6 - 2 - 24 5.9 23.5 29.4 28 48
中団 1 - 1 - 3 - 20 4.0 8.0 20.0 11 58
後方 0 - 1 - 2 - 22 0.0 4.0 12.0 0 22
距離延長馬 勝率 連対率 複勝率 単回収値 複回収値
逃げ 0 - 1 - 1 - 9 0.0 9.1 18.2 0 27
先行 1 - 3 - 0 - 22 3.8 15.4 15.4 93 91
中団 1 - 0 - 6 - 32 2.6 2.6 17.9 10 66
後方 0 - 2 - 0 - 40 0.0 4.8 4.8 0 11
捲り 0 - 0 - 0 - 2 0.0 0.0 0.0 0 0
距離短縮馬 勝率 連対率 複勝率 単回収値 複回収値
逃げ 1 - 1 - 0 - 3 20.0 40.0 40.0 182 188
先行 5 - 2 - 3 - 17 18.5 25.9 37.0 147 89
中団 8 - 1 - 4 - 29 19.0 21.4 31.0 120 95
後方 2 - 2 - 0 - 2 5.6 11.1 11.1 21 15



普通、競馬は逃げ・先行馬有利ですのでこれらのカテゴリは数字が良くなるはずです。
しかし、距離延長馬に関しては逃げ・先行のカテゴリでも数字が悪い。
一方、距離短縮馬は差し馬にしても数字は良いほうだし、何より単回収値が優秀です。
次に、距離別の数字。

距離延長馬 勝率 連対率 複勝率 単回収値 複回収値
1400m 0 - 1 - 1 - 12 0.0 7.1 14.3 0 32
1600m 0 - 1 - 1 - 28 0.0 3.3 6.7 0 18
1800m 0 - 3 - 1 - 25 0.0 10.3 13.8 0 26
2200m 1 - 1 - 1 - 22 4.0 8.0 12.0 97 73
2400m 1 - 0 - 2 - 14 5.9 5.9 17.6 22 115
3000m 0 - 0 - 1 - 5 0.0 0.0 16.7 0 30
距離短縮馬 勝率 連対率 複勝率 単回収値 複回収値
1400m 2 - 0 - 2 - 15 10.5 10.5 21.1 65 53
1600m 5 - 4 - 1 - 19 17.2 31.0 34.5 182 124
1800m 5 - 0 - 2 - 26 15.2 15.2 21.2 71 49
2200m 2 - 1 - 2 - 11 12.5 18.8 31.3 49 78
2400m 1 - 0 - 0 - 5 16.7 16.7 16.7 103 25
3000m 1 - 1 - 0 - 5 14.3 28.6 28.6 64 37



このように並べて見ると、距離延長馬の想像以上の苦戦距離短縮馬の好調具合がより一層わかると思います。
特に距離延長馬にとってマイル戦が鬼門になっています。
先週の京都牝馬Sでのベストロケーションとザレマがそれぞれ2・3着ですが
未勝利戦並のスローペースを逃げ・先行した2頭ですので、相当に恵まれています。



京都の外回りコースはこんな感じですんで、基本的には軸の優先度は、まず距離短縮馬
次に同距離馬で、距離延長馬はちょっと疑ってかかったほうがいいかもしれません。
距離短縮馬の狙いは今のところマイル~中距離戦ですかね。

ちなみに、今週末の京都芝外回りコースは次の通り。

土曜日 日曜日
9R エルフィンS 1600m 5R 3歳未勝利 2200m
10R 斑鳩S 1400m 9R 春日特別 1800m



しかしまぁ、このようなデータにとらわれ過ぎず予想することも大事だと思います。
例えば、三連複のヒモで迷ったりした時とかに参考にする程度でいいんじゃないですかね(;´∀`)

スポンサーサイト
[ 2010/02/04 14:03 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL