スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3重賞の簡単なまとめ~東京新聞杯編~

G1ジョッキーを近所3軒にあさりに行く
一軒目→3480円
二軒目→なし
三軒目→なし
ここで一軒目に戻り、レジへ
「在庫がありません」
はぁ?箱しまっとけよ。
この店二度と使わないからな!ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!



さて、3重賞の簡単なまとめということで、今回がラストの3つめ。
東京新聞杯についてですが、こちらは東京競馬場の改修後を対象にしています。
が、去年は道悪馬場だったので除外。対象は5回分です。
まぁ、さして参考にはならないと思いますが・・・。


このレースも京都牝馬Sと同じで、近年は割りと流れるようになりました。
以前は、前半47秒以上-後半46秒前後といういかにもな瞬発力勝負でしたが
07年以降は46秒-46秒と、そこまで後傾ではなくなっています。
とはいえ、やはり中心はサンデー系と言えるでしょう。

ハイペースが濃厚であれば、非サンデー系でも台頭があります。
07年は46.5-46.2の流れで、エルコン産駒が5人気3着
08年は46.5-46.3の流れで、キングヘイロー産駒が6人気1着
エルコン産駒が13人気2着、タマモクロス産駒が12人気3着。
いずれの父も、一貫した流れが得意な種牡馬です。

一方、スローペースが濃厚なら、穴で父SS系×母父ND系が面白いです。
7人気1着、6人気3着、8人気5着、3人気8着、11人気1着、3人気4着、8人気5着
もちろん、絶対数も多いとは思いますが。

枠を見てみると、勝ち馬は全て4枠より外。ただし、1・2枠の複勝率は良いです。
過去5回のサンプルですので、何とも言えませんが
開幕週=内枠という印象だとボタンを掛け間違える恐れはありそうですね。

また、前走中山出走の馬は1-0-3-26とあまり良い成績ではなく
逆に前走京都金杯組は2-3-0-11という成績。
これは2パターンに分類できます。
中3週 2-2-0-6
中4週 0-1-0-5
ちなみに、今年は中3週扱いになります。

あとは、東西で分けてみると
美浦 2-3-0-39 勝率4.5% 連対率11.4% 複勝率11.4%
栗東 3-2-5-21 勝率9.7% 連対率16.1% 複勝率32.3%
で、関西馬が優勢。関東馬は11人気1着、13人気2着と時々一発があります。

ここで、前走京都金杯組を研究してみると
上がり1~3位を計時した馬が、1着→1着、2着→5着、3着→4着、5着→1着
一応、安定してはいます。


ここで、出走馬も決まったことですし、まとめてみます。
SS系
キャプテンベガ、ストロングガルーダ、チョウカイファイト、トライアンフマーチ

父SS系×母父ND系
チョウカイファイト、トライアンフマーチ

前走中山競馬場
エーシンフォワード、リザーブカード、レッドスパーダ

前走京都金杯
グッドキララ(上がり2位)、タマモサポート、ティアップゴールド、マイネルファルケ、ライブコンサート(上がり2位)


・・・このレースもなかなか難しそうですね・・・(笑)
スポンサーサイト
[ 2010/01/28 17:15 ] 競馬 | TB(0) | CM(2)
俺も
同じ事を某ビックカメラでやられました。
ソフトで悩んだ時間返せ!
早くヨドバシできないかな・・・。
[ 2010/01/30 16:19 ] [ 編集 ]
某ビックカメラで!酷いですね、ほんと(#-ω-)
在庫管理できていないとか、大手チェーンにあるまじき行為ですよ、ほんと。
イラッ☆としますよね。
[ 2010/01/30 18:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL