スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

AJCC回顧と勝負の結果

今回は予想に参加させていただいている「素人予想師battle!」さん
でレース回顧を担当したので、その補足も兼ねてAJCCの回顧をgdgdと。


AJCC
分析はこちらのエントリから
予想はこちらのエントリから

1着◎ネヴァブション
2着--シャドウゲイト
3着▲トウショウシロッコ
4着×ベルモントルパン
5着--ゴールデンダリア

12.3 - 11.3 - 12.7 - 12.2 - 12.0 - 12.4 - 12.4 - 12.2 - 11.9 - 11.2 - 12.0


ポイント
・緩み無い流れが得意な逃げ・先行馬
・スタミナ系サンデーと瞬発力系サンデー
・「中山のスペシャリスト」



緩み無い流れが得意な逃げ・先行馬
1000m通過が60.5というのは、過去10回の中山で行われたAJCCの中で4番目タイに速い数字。

05年 1000m通過59.2 上がり4F48.5 上がり3F36.4
07年 1000m通過60.2 上がり4F49.1 上がり3F37.0
01年 1000m通過60.4 上がり4F49.2 上がり3F36.9
03年 1000m通過60.5 上がり4F48.1 上がり3F36.2
10年 1000m通過60.5 上がり4F47.3 上がり3F35.1

1000m通過が60秒台以下の年はこの5年だけです。
比較してみると、上がり4Fと上がり3Fの数値が際立っていることがわかりますよね。
今年のラップは1番遅いラップが3F目の12.7で、あとは11秒台~12秒台前半で推移しています。
道中で緩むところがない流れです。息を入れるところが無いのですから
前に行った馬には厳しい流れになるはずでした。
実際、1・2着馬以外の逃げ・先行馬は大敗しています。皐月賞馬キャプテントゥーレでさえ。

この流れを早目に動き、前々で捌いた1・2着馬は底力にあふれる持続力タイプであると言えるでしょう。
3~4コーナーで他馬の手が動くところを、この2頭は手応え十分で上がってきました。
7・8歳馬ですので、これ以上の上積みは何ともいえないところですが
この2頭については、今回のような緩み無い流れがピッタリと覚えておくと良いかもしれません。
あの流れでも上がり4F・上がり3Fが衰えていない点と
後続を3馬身突き放した点からも高い適性を誇るものと思います。
ただし、長距離ではなかなか見られない流れなので、長距離重賞では過信は禁物と思います。



スタミナ系サンデーと瞬発力系サンデー
今回のAJCCはサンデー系産駒が多く出走していました。
アグネスタキオン3頭、ステイゴールド2頭、アドマイヤベガ、フジキセキ、スペシャルウィーク、マーベラスサンデー
この中で馬券に絡んだのはマーベラスサンデーとアドマイヤベガの産駒で
1番人気だったアグネスタキオン産駒は11着と人気を裏切っています。

アグネスタキオン産駒はこのコースで5-2-9-32
ただ、その内の3勝が未勝利戦、1勝が500万戦、1勝がセントライト記念です。
上級条件になるほど、今回のように緩み無い流れになりがちで
サンデー2世の中でも、非常に高い瞬発力を有するアグネスタキオン産駒は苦戦するのかもしれません。
実際、キャプテントゥーレは中盤が緩んだ流れを先行するのが勝ちパターン。
今回は結果として緩み無い流れになって惨敗しました。

一方、このレースは07年から4年続けてアドマイヤベガ産駒が馬券に絡む結果となりました。(内3回が別々の馬)
また、マーベラスサンデー産駒は06年シルクフェイマス、09年ネヴァブション、10年ネヴァブションと3勝。
同じサンデー2世産駒でも、このように種牡馬によって瞬発力に寄るか、持続力に寄るかが別れるので
サンデー系、サンデー系といわず、その中でさらにタイプを分類して考えることが大事と思います。



「中山のスペシャリスト」
注目したいのは、今回の出走メンバーに「中山の古馬中長距離重賞で勝利・連対」
というフィルターをかけると、1着~4着馬しか残らない点です。
ネヴァブションは07年日経賞1着、07年ステイヤーズS2着、09年AJCC1着
シャドウゲイトは07年中山金杯1着
トウショウシロッコは10年中山金杯2着、他にも3着が複数回
マイネルキッツは09年日経賞2着
この点から「中山の古馬中長距離重賞で勝利・連対」という条件に当てはまる馬は
たとえ、どんなに人気薄でも押さえておいたほうが良いでしょう。



個人的には、前走有馬記念は全然競馬にならなかったネヴァブションを推すのであれば
同じように有馬記念で外枠から先行していたシャドウゲイトも押さえなくてはいけなかったな、と。
少頭数で相手も弱化の一戦なら、スムーズに先行できるのはシャドウゲイトも同じ。
馬連・三連複で万馬券というのは、拾っておかないといけなかったですorz



あとは、1年に1度くらいの勝負と大げさにいった中京の名鉄杯
予想はこちらのエントリから
買い目はこちら

1着◎エアシャトゥーシュ
2着▲ウィルビーキング
3着○エテルノ

すみません、ブログのエントリでは○がチョウサンデイだったんですけど
買い目の画像を見てわかるように、○エテルノにしました。
後だしっぽくてごめんちゃい。

○チョウサンデイは+6kgで気配も平凡だったため、△に評価を落とし
人気の中では安定感のあるエテルノを対抗に。
▲ウィルビーキングもよくは見えなかったので・・・結局、1番人気と3番人気の2頭軸が中心に。

幅広く狙ったわりに、三連単配当が142倍っちゅうのはちょっとガッカリでしたがw
勝負で狙ったレースでキッチリ馬券的中できたのは良かったです、ほっとしてます・・・。
半年振りの万馬券もとれたし、このプラスを大事にしたいです。
スポンサーサイト
[ 2010/01/25 13:49 ] レース回顧 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL