スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

キンカメ産駒の調教

競馬総合チャンネルの調教Gメンのコラムを読んでいたのですが
キングカメハメハ産駒は坂路、特に栗東坂路と相性がいいらしいですね。
最終追い切りが栗東坂路だと、単複回収率は100%を超えてるそうです。(出走回数は400回以上)
中でも一杯に追われている馬は特注。
他のコースでも、一杯に追われていれば注意が必要で、「坂路」と「一杯」がキーワードになっています。
加えるとすれば、どの馬場でも、ラスト1Fが速い時計を出せているかどうか。
今後はこの3点に気をつけてみようと思います。


そこでふと思ったのが、キンカメ産駒は坂でビシビシ鍛えるタイプの厩舎なら
ある程度の結果を残すんじゃないかってこと。もちろん、個体の能力差が
ありますから、一概にどうとは言えないと思いますが・・・。


石坂正厩舎なんかは4頭キンカメ産駒がいて、内3頭が勝ちあがり、2頭は既に2勝しています。
これらの馬の調教過程を見てみると、やっぱり坂路とか一杯で追われているんですよね。

安田隆行厩舎は6頭中3頭が勝ちあがり。この厩舎のキンカメ産駒成績がいいのは
ほとんど、スタッドジェルラン(3-5-3-2)とトウカイミステリー(2-4-1-4)の稼ぎなんですけどね。
ちなみに、この2頭とも一杯の調教が目立ちます。

西園正都厩舎は4頭中3頭が勝ちあがり、その3頭が2勝を挙げています。
坂路主体でビシビシ鍛える西園厩舎ですから、相性がいいんですかね?

個人的な注目は松永幹夫厩舎。坂で一杯と聞くと、一番に思い浮かべたのはこの厩舎でしたw
3頭中2頭が勝ちあがり、ジャコスキーが3勝してサリエルが2勝しています。

ミキーオ厩舎は、基本一杯に追ってくる厩舎なので、むしろ今後に期待です。
一杯に追って、レースを使いつつ馬を鍛えるイメージがあるので
数戦使ってパンとしてきた馬に注意でしょうか。

あとは矢作芳人厩舎とかも良いですね。他にもスパルタ教育の厩舎があれば
キンカメ産駒は狙いになるかもです。

スパルタといえば、マツクニ厩舎のはずなんですが、そこまで良いってほどでもないです。
調教見てみたら、結構軽めの調教が多いですね。
さすがに壊しすぎで、あとはキンカメのイメージもあって、調教は控えめにしてるのかな?


まだ世代の少ないキンカメ産駒ですが、攻略の糸口にしたいと思います。
気が早いけど、夏の2歳戦でも使えるかな~とは思うんで。
スポンサーサイト
[ 2010/01/20 18:49 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL