スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レース予想 京都10R飛鳥ステークス

今日のテレビ山梨杯は◎シャイニーボーイが3人気2着。
単複を300円:1700円で買ってました。320円ついたのはラッキー。
直前でやっぱり人気になったなぁ。
でも、読みはある程度上手くいったんじゃないかと思います。

バレンタインSのニシノマナムスメは、もう馬に走る気がないように思います。
直線で自分から止めたがる素振りもありましたし。
春はちょっと買いづらいなぁ・・・放牧でもしてリフレッシュすればいいんだけど。


ちょっと早いですが、明日の予想です。
正直、悩みましたw


京都10R 飛鳥ステークス
◎ホワイトピルグリム
前走の日経新春杯が好内容。
終始内で揉まれ、直線で一団から抜け出すかに見えたが後続に差されての4着。
今回は大外でもまれる心配もない。距離短縮も合っている。
この「外枠で距離短縮の格下げ戦」というのは、先週のマイティースルーと似ている。
(1600mG3→1400m3歳500万を16頭立て16番枠で1着)
同じクロフネ産駒、この条件なら非常に面白い。
極端に瞬発力勝負になるとやや分が悪いが、今回のメンバーなら心配なさそう。
距離も中距離、自己条件に戻っての今回は負けられない。


○マッハジュウクン
ハナに立てば、多少自分に不利な展開でもはね返してしまう馬。
実際、馬券にからんだ13回のうち、5回が逃げたレース。
4人気2着、4人気1着、7人気3着、8人気3着、11人気2着
このように、人気薄での激走ばかりとなっている。
1年間好走がないが、逃げられなかったレースばかり。
力が足りていないわけではなく、前に厳しい展開だった
ゴールデンホイップTは3~4番手を追走し、踏ん張って0.5秒差。
このクラスでも展開ひとつで上位が狙えるはず。
今回は少頭数で、ハナを奪えそうな展開。警戒が必要。


▲カネトシリベルテ
もまれずスムーズに運べれば力を出せる馬。
1600万条件では飛鳥SとパールSでそれぞれ0.5秒、0.3秒差。
逃げたレースと2番手を追走したレースで、他馬に絡まれずにレースを進められた。
しかもこの2つのレースは前に行った馬には厳しい展開。
決してこのクラスで力が足りていないわけではないと考える。
少頭数なら通用してもいい。


△タガノエルシコ
決め手で言えば最上位。過去に何度も上がり最速を記録している。
33秒台の脚も使え、京都外回りの1800mはベストの条件に思える。
1800mでは2-0-1-1、初出走の3歳未勝利を除けば、いずれも短縮の一戦。
1600万条件は初の出走になるが、ここでも当然有力である。


△メイショウベルーガ
クイーンSは最後方を追走し、外を回していい加速を見せたが3コーナーで不利があった。
スピードに乗っていたところをカットされ、バランスを崩して後方に押し戻されてしまう。
4コーナーから直線入り口にかけても大外に振られる厳しい競馬。それでも追い込んで0.5秒差の7着に。
さすがにメンバー強化のローズS、秋華賞では通用しなかったが0.6秒差。大きくは負けていない。
1600万下条件の今回は、少頭数ということもあって期待大。
もまれる競馬はよくないので、外枠もいい。やや時計のかかる外差し馬場なのもプラス。



正直言うと ホワイト≧タガノ>メイショウ≧マッハ・カネトシ
な感じなんですが、そうすると上位3頭がすべて差し馬・・・。
過去に何度も痛い目にあっているので、先行勢の印を重くしました。
と言っても、馬券は◎からの馬連になると思いますが・・・。
もしかしたら、三連複を買うかもしれません。
その場合は、◎-○▲-○▲△、なんて流し方が面白いかも。

少頭数だけに、すんなり決まるとは思えないです。
先週の早春Sとかもあるし・・・うぅん。
こういう時こそ、原点に立ち返って「波乱は先行馬から」を信じましょうか。
スポンサーサイト
[ 2009/02/14 18:22 ] 競馬予想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL