スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中山金杯の予習

2010年もよろしくお願いします!
新年度のニコニコ生放送は9日からとなりますが、変わらぬご愛顧をいただければと思いますw

さて、5日に行われる東西金杯ですが、中山に絞って今回は記事を書きます。
まず、年末に書いた血統面での絞り込みは・・・
父ナスルーラ系・・・シェーンヴァルト、ヒカルカザブエ
(いずれもグレイソヴリン経由のナスルーラ系)
ブルーマーテル(父パラダイスクリーク)

父ND系・・・アスクデピュティ(デピュティミニスター系)、
マイネルグラシュー(ND系)、ワンモアチャッター(ND系)

母父ナスルーラ系・・・サニーサンデー(グレイソヴリン経由のナスルーラ系)
レオマイスター(母父ジャッジアンジェルーチェはボールドルーラー経由のナスルーラ系)
ワンモアチャッター(母父パドスール)

母父ND系・・・アクシオン(ND系)、ゴールデンダリア(ND系)、ダイワワイルドボア(ND系)
デルフォイ(ダンチヒ系)、トウショウウェイヴ・トウショウシロッコ(リファール系)
ホッコーパドゥシャ(ニジンスキー系)、マヤノライジン(ダンチヒ系)


中山金杯特有の流れになった場合の好走血統になるわけですが
今回のメンバーを見ると、あまり先行馬が多くなく、ペースが落ち着く可能性もあります。
それでも、重賞好走のサニーサンデーや好位追走の馬もいるし
何よりね、ペースは決め打ったほうが大きい馬券につながるんですw
なので、特有の流れになると決め打って予想していますよっ。

で、現在のところの所感をコメントしていきます。

アクシオン
直線長いコースでの瞬発力勝負がこの馬の得意分野。
安定感があって、衰えていないハイアーゲームみたいなイメージw
でも、ハイアーゲームより、上がりのかかる展開でも対応できるタイプのサンデー直仔。
エアシェイディのように年を重ねて上がりのかかる展開で好走するようにシフトするタイプもいるが
この馬に関しては、まだスタミナレースでは不安が残る。押さえる優先度は低い。


アスクデピュティ
この馬も瞬発力勝負に特化したタイプ。決め手の活きる流れになれば。
過去にこのレースで軽量牝馬が穴をあけたこともあり、50kgなら一発あっても。


ゴールデンダリア
レースの上がりが速ければ速いほどいい馬。
だが、最近では上がりがかかる展開でも好走しており、力をつけてきているか。
ベストの条件とは言えないが、食い込みは考えられる。


サニーサンデー
速い流れ、上がりのかかる流れでも踏ん張ることのできる先行馬。
福島コースでの好走から、中山コースに替わることも心配なし。
あとはスムーズにいけるかどうか。内枠がほしい。


シェーンヴァルト
出走予定の京都金杯が賞金的に難しいため、こちらに回ってきた格好。
その時点で狙いとしては下げざるを得ないし、流れが向いただけの皐月賞もあまり評価はできない。
3歳シーズンで結果を出せなかったのに、他の4歳馬に比べ重い55kgというのも・・・。


ダイワワイルドボア
好走パターンが今一つつかめない馬。現状では、もう少し距離があるほうが良く思うが。


デルフォイ
極端に上がりの速い流れは苦手で、上がりはかかったほうがよさそう。流れ向けば台頭のシーンアリ。
昨年からどれだけ力をつけることができたか。押さえは必要。


トウショウウェイヴ
言わずと知れた東京コース巧者。が、競馬場云々の前に流れが向かなそう。現状では、瞬発力勝負の舞台で。
兄のシロッコは年を重ねるごとに好走パターンが上がりのかかる展開にシフトしてきた。
今年の結果次第では、上がりのかかるレースでも対応できるようになるかも。


トウショウシロッコ
能力はあるが、安定感に欠けるタイプで、厚い印は打ちづらい。
とはいえ、上がりが35秒以上かかる、瞬発力に極端によらないレース展開では堅実に走っている。
前走のレース上がりは34.4で度外視が可能。人気が落ちればおいしい存在。


ヒカルカザブエ
上がりのかかる展開はもってこいで、先行して押し切った経験もある馬。
前走はスローを最後方から追い込んで、上がり最速の3着。
叩き2戦目、中山に替わって上がりのかかる流れで大注目の一頭。


ブルーマーテル
上がりのかかるレースで時折穴をあける馬。できれば、馬場は渋ったほうがいい。
枠順次第では、上位に食い込みがあってもおかしくない。血統的にも妙味。


ホッコーパドゥシャ
夏の結果を見れば、力量は言うまでもない。
内回りコースや小回りコースの2000mは得意としており、初の中山でも問題はないと思う。
ハンデで嫌われるなら妙味は増す。


マイネルグラシュー
前走は中山千八で逃げて62.4秒。これは勝ってくださいって条件。
東京よりは中山向きで、軽量の先行馬だけに、警戒は必要か。過信禁物とは思うが。


マヤノライジン
中山金杯の流れに向いている馬だと思っている馬。
スタミナ勝負のハンデ戦ならまだまだやれるはず。
穴で狙うならこの馬。


レオマイスター
もはや福島専用機ではない!と言いたいw
ここ数戦は福島以外でも差のない競馬をしている。
人気が落ちてきたころに一発あるので、絞れていれば買いたい。


ワンモアチャッター
血統的には買いの馬も、さすがに成績が伴わない。
超大穴の隠し玉で押さえる一手。


ばーっと戦績みただけなんで、予想の段階で評価が変わることもありえます。
吟味は明日、時間をかけてやりたいと思いますー。


京都金杯に関しては、わかりませんw
ドラゴンファングが買いかなぁと思いますが、どうでしょうね。人気もするでしょうし。
スポンサーサイト
[ 2010/01/02 23:54 ] 競馬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL